スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

桜花賞 出馬表 2020

B, ƒ`ƒ…[ƒŠƒbƒvÜ2’…iƒTƒEƒWƒAƒ‰ƒrƒAƒƒCƒ„ƒ‹C2’…Aã_ƒWƒ…ƒxƒiƒCƒ‹ƒtƒBƒŠ[ƒY3’…j, ƒ`ƒ…[ƒŠƒbƒvÜ1’…iã_ƒWƒ…ƒxƒiƒCƒ‹ƒtƒBƒŠ[ƒY2’…j, ƒtƒBƒŠ[ƒYƒŒƒrƒ…[2’…iƒtƒ@ƒ“ƒ^ƒW[S4’…Aã_ƒWƒ…ƒxƒiƒCƒ‹ƒtƒBƒŠ[ƒY5’…j, ƒ`ƒ…[ƒŠƒbƒvÜ3’…iã_ƒWƒ…ƒxƒiƒCƒ‹ƒtƒBƒŠ[ƒY1’…j, io‘–‰Â”\“ª”@18“ª^‘æ3‰ñ“Á•Ê“o˜^“ª”@23“ª^’ljÁ“o˜^“ª”@0“ªj@4ŒŽ12“úi“ú—jjŽÀŽ{. 今週の注目レース. 戦績 デビュー前. メニュー. テキストをクリックでそれぞれの出馬表を見ることができます。 ★11月8日日曜・東京競馬新聞風出馬表(pdf) ★11月8日日曜・阪神競馬新聞風出馬表(pdf) No.1競馬サイト「netkeiba.com」が桜花賞(G1)2020年4月12日阪神の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! 第60回 東海桜花賞オープン 2020年4月4日(土) 佐 賀 第8競走 17:10発走. 2020年04月12日 2回阪神6日目 11r 桜花賞 出馬表 | です。中央競馬(jra)の特別登録・出馬表・レース結果・調教タイムを掲載しています。 桜花賞: 2020年 GI: 優駿牝馬 : 2020年 GI: 秋華賞: 2020年 テンプレートを表示: デアリングタクト (Daring Tact) は、日本の競走馬。日本の中央競馬史上初となる無敗での牝馬三冠を達成した 。主な勝ち鞍は、2020年の桜花賞、優駿牝馬、秋華賞. 京都競馬場 3000メートル(芝・外) 馬齢 牡・牝 3歳オープン. 2011年 桜花賞のページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届けします。 2020年11月8日日曜日の系統色分け・競馬新聞風出馬表です。 「系統色分け表」はこちら . jra日本中央競馬会の公式ホームページです。出馬表、オッズ、払戻金、レース結果などの確認やインターネット投票が行え、また、全国の競馬場、ウインズのイベント情報など中央競馬に関することを掲載 … 2020年04月12日 2回阪神6日目 11r 桜花賞 出馬表 | です。中央競馬(jra)の特別登録・出馬表・レース結果・調教タイムを掲載しています。 ダート 1400m(右) 天候:晴 馬場:良 サラブレッド系 3歳以上 別定 *電話投票コード:61# 桜花賞3歳牝馬オープン: ユングフラウ賞3歳牝馬オープン ’20桃花賞3歳牝馬オープン準: ラーメン&bar 963賞3歳: J認 知床賞2歳: パイロ: 佐藤賢(船橋) 479 (0) 3人 479 山本聡 54.0 7人 471 山本聡 54.0 8人 472 町田直 54.0 5人 474 矢野貴 54.5 佐賀桜花賞B-2組. 2020年4月12日 阪神11r 桜花賞(g1)の出馬表です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 2020年4月9日(木) 名古屋 第11競走 16:25発走 (第22回かきつばた記念競走トライアル) 全国公営競馬主催者協議会会長賞 (一社)愛知県馬主協会会長賞 愛知県競馬組合管理者賞 開催執務委員長賞. サガテレビ社長賞. 2020年 第2回阪神競馬 第6日 第11競走 第80回 桜花賞(GⅠ) 1,600メートル(芝・右・外) (国際)(指定) 3歳 牝馬 55kg (出走可能頭数 18頭/第3回特別登録頭数 23頭/追加登録頭数 … 出馬表; レーシングカレンダー ; オッズ; 払戻金 ... 菊花賞・出馬表; レース選択へ . 全国地方交流. デアリングタクト (Daring Tact)[1]は、日本の競走馬。日本の中央競馬史上初となる無敗での牝馬三冠を達成した[3][4]。主な勝ち鞍は、2020年の桜花賞、優駿牝馬、秋華賞。, 父・エピファネイアは現役時代、2013年の菊花賞、2014年のジャパンカップ等に勝利し、2015年に引退して種牡馬入りした。2017年生まれの本馬は初年度産駒である[5][6]。, 母・デアリングバードは社台ファーム生産で、社台サラブレッドクラブより一口90万円、総口数40口で募集された。藤原英昭厩舎に所属していたが、体質が弱かったこともあり入厩は3歳3月まで要した。4月にはゲート試験に合格するも両前脚の腫れでデビューは更に遅れ、結局7月に中京競馬場の3歳未勝利戦(9着)を1戦しただけで現役を引退。ジェイエス繁殖馬セールに上場され、長谷川牧場が360万円(消費税込388万8000円)で落札した[7][8]。デアリングバードの母・デアリングハートは牝馬限定重賞3勝を挙げており、2005年に出走した桜花賞(3着)ではエピファネイアの母であるシーザリオ(2着)とも対戦している[9]。, 本馬は2017年4月15日に、母の第2子として誕生[10] [11]、北海道日高町にて夫婦二人が営む長谷川牧場で、同じ年に生産された5頭の内の1頭である[12]。小柄な馬であったという[7]。7月には「デアリングバードの2017[13]」としてセレクトセール当歳市場で売りに出されたが、800万円でも買い手がつかずに主取りとなった[7][12]。, 2018年4月、生産者である長谷川牧場は、1歳になった「デアリングバードの2017」を苫小牧市にあるパイオニアファームへ育成・調教のため預託した[7]。パイオニアファームの場長は、放牧地での動きが目立っていたことから「これは走る」と思ったという[12]。預託当初368キログラム (kg)だった馬体は、3か月半で428キロまで大きく成長した[7][12]。7月、「デアリングバードの2017[14]」は、セレクトセール1歳馬セールで上場。1200万円(消費税込1296万円[15] )でクラブ法人を運営する有限会社ノルマンディーファーム(ノルマンディーサラブレッドレーシング参照)が落札した[7][16]。, 落札した有限会社ノルマンディーファームの母体である岡田スタッドグループの方針で、1歳時には北海道えりも町の敷地で昼夜放牧が行われ、過酷な環境で基礎体力が養われた[17]。その後、新ひだか町のノルマンディーファームに移り、本格的な騎乗調教が開始された[17]。2歳春になると坂路での併せ馬も行われたが、乗り手のスタッフがスピードを制御しきれずに落馬したこともあったという[17]。ノルマンディーファームの岡田壮史は、調教について前向きであり、加えて大きなストライドに由来する、「グッとくる手応え」に騎乗するスタッフが好感触を得ていると語っている[18]。, ノルマンディーサラブレッドレーシングは、栗東の杉山晴紀所属予定馬として、一口4万4000円、総口数400口、総額1760万円で募集を行った[11]。デビューにあたり、馬名は父と母の名前からの連想で「大胆な+Tactics(戦法)」を意味する「デアリングタクト」(Daring Tact)と命名された[19]。, 7月、福島県のノルマンディーファーム小野町で2か月間鍛えられた後、京都府の宇治田原優駿ステーブルを経由し、10月上旬、栗東トレーニングセンターの杉山晴紀厩舎に入厩する[12]。杉山の評価は「手がかからない優等生タイプ」で性格も素直であったという[12]。ゲート試験を一発合格し、11月16日に行われた京都競馬場芝内回り[注 1]の1600メートルの新馬戦でデビューとなる[12]。松山弘平を鞍上に単勝2番人気で出走。良いスタートとなったが、あえて控えて中団を追走[12]。最後の直線で外に持ち出しそのまま突き抜けてデビュー勝ちを果たした[20]。長谷川牧場にとって、この勝利は2016年のディスピュート以来約3年ぶりの中央競馬での産駒勝利となっている[21]。, 3歳始動戦となる2月8日のエルフィンステークス(リステッド競走・1600メートル)では、単勝4.8倍の3番人気でレースを迎えた[22]。杉山晴紀調教師によると、発馬機に入る前に興奮してしまったといい[23]、スタートで立ち遅れて1馬身の不利があって後方の位置取りとなった[22]。しかし最終コーナーから進出し、直線を向くと、一番外から一気に差し切り、後続に4馬身差をつけて勝った[22][24]。直線のゴール前残り200メートルでは11.4秒の瞬発力を発揮してもなお[25]、鞍上の松山騎手はまだ余裕があったという[22]。走破タイム1分33秒6は、2007年のウオッカの記録を0.1秒上回り[26]、2020年の1月から2月の京都競馬場で行われた同距離(芝・外回り1600メートル)の全競走のなかで最も速く[27]、古馬や牡馬が出走する京都金杯 (GIII)やシンザン記念 (GIII)をも上回っていた[28]。この勝利によりクラシック候補としての注目を集めることになった[26][29]。, 杉山調教師は、デアリングタクトの課題として「繊細なので気が入りやすい」と述べ[23]、テンションが上がりやすいと指摘した[30]。このため、エルフィンステークスの後は4月12日の桜花賞へ直行することとなった[31][30]。, このため「確たる主役がでてこない[32]」(週刊競馬ブック)、「混戦必至[33]」(中日スポーツ)、「Intriguing Rivalry Brews(興味をそそられる有力馬の多い混戦)[29]」(ブラッド・ホース)などと報じられた。前哨戦の勝ち馬のうちアブレイズは優駿牝馬へ直行となったものの[32]、阪神ジュベナイルフィリーズ上位3頭が揃ったほか[29]、グレード競走勝ち馬8頭にリステッド競走勝ち馬が3頭と[32]、有力各馬が揃った[34]。このうち前年の2歳チャンピオンであるレシステンシアが単勝3.7倍の1番人気、デアリングタクトは単勝4.2倍の2番人気となった[35]。, 4月12日の桜花賞当日は朝から雨が降り止まなかった[36]。このため開場時点の馬場状態は「良」だったが、11時46分に「稍重」になり、14時34分に「重」馬場に修正された[35][注 2]。出走馬の多くは道悪経験に乏しく、重馬場への適否は未知数だった[27]。「週刊競馬ブック」ではデアリングタクトの道悪適性について、「末脚の切れが持ち味なので渋らないほうがいいだろう」と予想していた[30]。同誌の長岡利幸は、各馬の適性は「神のみぞ知る」だが、デアリングタクトに関しては、「ひょっとしたら最も被害を受けるかもしれない」と予想していた[35]。「レーシング・ポスト」誌のMark Boylanも、鋭い決め脚が武器なので雨で柔らかくなった馬場は懸念があった、としている[37]。, スタートするとすぐに内枠からスマイルカナが先頭に立った[35]。阪神ジュベナイルフィリーズを逃げ切り勝ちしていた1番人気レシステンシアは、今回は逃げずに3番手から2番手につけ、第3コーナー付近ではスマイルカナから半馬身差まで接近した[35]。この2頭が先行した前半1000メートルの通過タイムは58秒0と[35]、道悪を考慮するとかなり厳しいペースで、「雨の中の消耗戦」となっていった[38]。, デアリングタクトは18頭中12、3番手の中団に待機した[35][39]。最終コーナーをまわって直線を向くと、先行2頭のスマイルカナとレシステンシアが後続を離した[35]。直線の半ばまでは両馬による激しい競り合いとなり、坂を登りきってゴールまで残り200メートルのあたりで、レシステンシアが懸命に粘るスマイルカナをわずかにリードした[35][36]。一方、後方にいたデアリングタクトは、アウトコースをまわって直線を向いた時点ではまだ12番手で、先頭をゆく2頭まではおよそ8馬身もの差があった[40]。道悪の影響でどの馬も脚色が鈍り[41]、レース全体の200メートル毎のラップタイムは最終盤で12.6秒・13.8秒となり、「今どきの競馬ではまれな[38]」タフな流れで、差し馬が伸びない展開になった[27][40]。, しかしデアリングタクトは唯一頭だけ末脚を伸ばし[27][42]、外から差を詰めるとゴール前 30 m ないし 40 m にてレシステンシアを捉え[36]、そのまま一気に1馬身半差をつけて優勝した[40][35]。, デビューから3戦目での桜花賞制覇は、1946年に2歳戦が始まって以降では、キャリア最少タイ記録で、1948年のハマカゼ、1980年のハギノトップレディ以来で、40年ぶり史上3頭目である[43][40]。また、無敗での桜花賞制覇は2004年のダンスインザムード以来16年ぶり[39][注 3]。, 主戦騎手松山弘平は、G1優勝は2017年皐月賞 (アルアイン)以来で[38]、桜花賞は初勝利[36][42]。2016年10月開業の調教師の杉山晴紀、馬主のノルマンディーサラブレッドレーシング、生産者の長谷川牧場は、いずれもG1初勝利[38][注 4]。, 父馬のエピファネイアにとっては、これが産駒による重賞初優勝[44]。グレード制導入後の1984年以降に限定すると、新種牡馬の初年度産駒が桜花賞を勝つのは、ロードカナロア産駒アーモンドアイ(2018年)以来、史上6頭目[44]。血統表中にサンデーサイレンスのインブリードをもつ馬がG1競走を制したのは初[45][46][注 5]。, 続く優駿牝馬(オークス)は桜花賞で2着に下したレシステンシアこそNHKマイルカップに向かったため不在だったが[48]、ミヤマザクラ、クラヴァシュドールらの桜花賞出走組[49]に加え、2戦2勝のスイートピーステークス勝ち馬デゼル等の別路線組も集まった[50]。前走から800mの距離延長、デビュー以来初のマイル以外の実戦だったものの、オークス史上5番目に低い単勝1.6倍[51][52]、単勝支持率47.5%[52]という圧倒的1番人気に支持された。レース本番、道中は12番手付近と後方に位置取り、直線に向き狭い馬群を割って抜け出すとオークス史上最速の上がり33秒1[52]の鋭い伸び脚を見せ、内から押し切りを図るウインマリリンらを交わして快勝、デビューから無傷の4連勝で牝馬二冠を達成した[53]。桜花賞・優駿牝馬の連勝による牝馬二冠は2018年のアーモンドアイ以来2年ぶり史上15頭目で[54]、無敗での牝馬二冠は1957年のミスオンワード以来63年ぶり史上2頭目の快挙となった[53][54]。, 優駿牝馬(オークス)のあと、デアリングタクトはひとまず宇治田原優駿ステーブル(京都府)に移り、それから馬体の成長を狙ってノルマンディーファーム(北海道新ひだか町)へ放牧に出され、3週間を休養にあてた[55][56][57]。, 休養後は福島県田村郡小野町にあるテンコー・トレーニングセンターやノルマンディーファームでトレーニングを再開し、8月8日に宇治田原優駿ステーブルに帰厩した[57][45]。この時点では、秋華賞へ直行するのか、それとも前哨戦のローズステークスで始動するかは未定だった[45]。, 8月29日、馬主のノルマンディーオーナーズクラブから、10月18日の秋華賞へ直行することが発表された[58]。杉山調教師は、前哨戦を使わないほうが「いいパフォーマンスを発揮できる」と判断したという[59]。9月2日に栗東へ帰厩したデアリングタクトは[55]、杉山調教師の目論見通り馬体が成長しており、490kgあまりになって戻ってきた[57][59]。春は466kg前後で走っていたので、単純計算すると20kgほど馬体が成長したことになる[60]。, こうして、デアリングタクトは「青写真通り」に、休養明けぶっつけで、中央競馬では史上初となる無敗での牝馬三冠達成に挑むことになった[61][62]。この年は春から新型コロナウイルス感染症 (COVID19)の世界的流行の影響を受けて、無観客での競馬開催が続いていた[63]。が、制限付きながら、秋華賞当日は競馬場に観客が入ることになった[63]。この年は3歳牡馬三冠戦でもコントレイルが無敗での三冠達成に王手をかけており、「double triple[63](無敗の三冠馬2頭)」の実現にむけての期待が高まった[63]。前哨戦を走らずに休養明けで本番に臨むことについては、2018年(アーモンドアイ)と2019年(クロノジェネシス)と2年連続で同様のスケジュールで優勝馬が出ていて、杉山調教師も「この馬は問題ないと思っています」と述べ[57]、「不安や疑問を差し挟む声はほとんど聞かれない[60]」(集英社「Sportiva」新山藍朗)・「不安は見当たらず[64]」(産業経済新聞社サンケイスポーツ川端亮平)と報じられている。10月18日の秋華賞の1週間前の時点で、馬体重は482kgで、前走の優駿牝馬のときと較べると16kg増だった[60]。松山騎手は「馬体重が増えてパワーアップした」と言い、レース前に興奮して入れ込む悪癖もいくらか改善しているようだとした[64][63]。, 前哨戦の紫苑ステークスはマルターズディオサが勝ち、ローズステークスはリアアメリアが勝ってきたものの、いずれもデアリングタクトが春に退けた相手ばかりだった[60]。夏の間に力をつけてきた「新興勢力」にも目ぼしい強敵は見当たらず、競馬作家の新山藍朗(集英社「Sportiva」)は、三冠達成を脅かすライバルはいない、とした[60]。新山は、無理に「不安材料」を見つけるとしたら、秋華賞が行われる京都競馬場の「内回り2000メートル」というコース設定が、不測の状況が生じやすい「トリッキーなコース」である点だと指摘した[60]。, 秋華賞の前日に降雨があり、10月18日の秋華賞当日は、朝から芝コースは「重」馬場となった[65]。晴天により秋華賞の発走までに馬場は「稍重」まで回復した[65]。デアリングタクトの単勝倍率は1.4倍の圧倒的支持となった[66][注 6]。, 休み明けのデアリングタクトは体重が14kg増えていた[67]。デアリングタクトは発走前のパドックからテンションが高く[67][68]、杉山調教師の想定以上に馬が興奮しており、「正直、ヤバイんじゃないかと思った[69]」という。陣営は、デアリングタクトにメンコを装着し、発走前にメンコをはずしたのだが[67]、発馬機に入る直前まで興奮している様子だった[67][68][注 7]。, スタートのタイミングでデアリングタクトは前肢を上げてしまい[65][注 8]、1馬身ほど立ち遅れた[67][注 9]。前半はそのまま後方で追走し、向こう正面を少し過ぎたあたりから、他馬に阻まれて進路を失わないように注意しつつ、徐々に前へ進出をはじめた[67][65]。最終コーナーをまわるときは左手前で走ってしまい[注 10]、やや外にふくらんでしまった[67][65]。直線をむくと、残り200メートルのあたりで手前を直して先頭にならびかけ、残り100メートルのあたりで抜け出して先頭に立った[67][65][75]。デアリングタクトの内外両側から追いすがる馬がいたものの、最終的に2着に1馬身1/4の差をつけてゴールした[67][65]。走破時計は2分00秒6で、これは過去10年と比較して最も遅いものだった[65][注 11]。, この勝利で、中央競馬では史上初となる、無敗での牝馬三冠達成となった[3][73]。これは「歴史的偉業[3]」(NHKニュース)、「大偉業[76]」(谷川善久)などと報じられた。松山騎手と杉山調教師はともに秋華賞初勝利となった[77]。, 第2回 タイレイ / 第3回 ブランドソール / 第4回 バンナーゴール / 第5回 ミスセフト / 第6回 ヤマイワイ / 第7回 ブラウニー / 第8回 ハマカゼ / 第9回 ヤシマドオター, 第10回 トサミツル / 第11回 ツキカワ / 第12回 スウヰイスー / 第13回 カンセイ / 第14回 ヤマイチ / 第15回 ヤシマベル / 第16回 ミスリラ / 第17回 ミスオンワード / 第18回 ホウシユウクイン / 第19回 キヨタケ, 第20回 トキノキロク / 第21回 スギヒメ / 第22回 ケンホウ / 第23回 ミスマサコ / 第24回 カネケヤキ / 第25回 ハツユキ / 第26回 ワカクモ / 第27回 シーエース / 第28回 コウユウ / 第29回 ヒデコトブキ, 第30回 タマミ / 第31回 ナスノカオリ / 第32回 アチーブスター / 第33回 ニットウチドリ / 第34回 タカエノカオリ / 第35回 テスコガビー / 第36回 テイタニヤ / 第37回 インターグロリア / 第38回 オヤマテスコ / 第39回 ホースメンテスコ, 第40回 ハギノトップレディ / 第41回 ブロケード / 第42回 リーゼングロス / 第43回 シャダイソフィア / 第44回 ダイアナソロン / 第45回 エルプス / 第46回 メジロラモーヌ / 第47回 マックスビューティ / 第48回 アラホウトク / 第49回 シャダイカグラ, 第50回 アグネスフローラ / 第51回 シスタートウショウ / 第52回 ニシノフラワー / 第53回 ベガ / 第54回 オグリローマン / 第55回 ワンダーパヒューム / 第56回 ファイトガリバー / 第57回 キョウエイマーチ / 第58回 ファレノプシス / 第59回 プリモディーネ, 第60回 チアズグレイス / 第61回 テイエムオーシャン / 第62回 アローキャリー / 第63回 スティルインラブ / 第64回 ダンスインザムード / 第65回 ラインクラフト / 第66回 キストゥヘヴン / 第67回 ダイワスカーレット / 第68回 レジネッタ / 第69回 ブエナビスタ, 第70回 アパパネ / 第71回 マルセリーナ / 第72回 ジェンティルドンナ / 第73回 アユサン / 第74回 ハープスター / 第75回 レッツゴードンキ / 第76回 ジュエラー / 第77回 レーヌミノル / 第78回アーモンドアイ / 第79回グランアレグリア, 第3回 ルーネラ / 第4回 テツバンザイ / 第5回 ロツクステーツ / 第6回 クリフジ / 第7回 ミツマサ / 第8回 トキツカゼ / 第9回 ヤシマヒメ / 第10回 キングナイト, 第11回 コマミノル / 第12回 キヨフジ / 第13回 スウヰイスー / 第14回 ジツホマレ / 第15回 ヤマイチ / 第16回 ヒロイチ / 第17回 フエアマンナ / 第18回 ミスオンワード / 第19回 ミスマルサ / 第20回 オーカン, 第21回 スターロツチ / 第22回 チトセホープ / 第23回 オーハヤブサ / 第24回 アイテイオー / 第25回 カネケヤキ / 第26回 ベロナ / 第27回 ヒロヨシ / 第28回 ヤマピット / 第29回 ルピナス / 第30回 シャダイターキン, 第31回 ジュピック / 第32回 カネヒムロ / 第33回 タケフブキ / 第34回 ナスノチグサ / 第35回 トウコウエルザ / 第36回 テスコガビー / 第37回 テイタニヤ / 第38回 リニアクイン / 第39回 ファイブホープ / 第40回 アグネスレディー, 第41回 ケイキロク / 第42回 テンモン / 第43回 シャダイアイバー / 第44回 ダイナカール / 第45回 トウカイローマン / 第46回 ノアノハコブネ / 第47回 メジロラモーヌ / 第48回 マックスビューティ / 第49回 コスモドリーム / 第50回 ライトカラー, 第51回 エイシンサニー / 第52回 イソノルーブル / 第53回 アドラーブル / 第54回 ベガ / 第55回 チョウカイキャロル / 第56回 ダンスパートナー / 第57回 エアグルーヴ / 第58回 メジロドーベル / 第59回 エリモエクセル / 第60回 ウメノファイバー, 第61回 シルクプリマドンナ / 第62回 レディパステル / 第63回 スマイルトゥモロー / 第64回 スティルインラブ / 第65回 ダイワエルシエーロ / 第66回 シーザリオ / 第67回 カワカミプリンセス / 第68回 ローブデコルテ / 第69回 トールポピー / 第70回 ブエナビスタ, 第71回 アパパネ・サンテミリオン(同着) / 第72回 エリンコート / 第73回 ジェンティルドンナ / 第74回 メイショウマンボ / 第75回 ヌーヴォレコルト / 第76回 ミッキークイーン / 第77回 シンハライト / 第78回 ソウルスターリング / 第79回 アーモンドアイ / 第80回 ラヴズオンリーユー, 第1回 ファビラスラフイン / 第2回 メジロドーベル / 第3回 ファレノプシス / 第4回 ブゼンキャンドル, 第5回 ティコティコタック / 第6回 テイエムオーシャン / 第7回 ファインモーション / 第8回 スティルインラブ / 第9回 スイープトウショウ / 第10回 エアメサイア / 第11回 カワカミプリンセス / 第12回 ダイワスカーレット / 第13回 ブラックエンブレム / 第14回 レッドディザイア, 第15回 アパパネ / 第16回 アヴェンチュラ / 第17回 ジェンティルドンナ / 第18回 メイショウマンボ / 第19回 ショウナンパンドラ / 第20回 ミッキークイーン / 第21回 ヴィブロス / 第22回 ディアドラ / 第23回 アーモンドアイ / 第24回 クロノジェネシス, 同競馬場の 1,400 m および 1,600 m の距離のレースは競争条件などにより、内回りと外回りの2種類のコースが設定されている。, 桜花賞が「重」「不良」となったのは、1997年に「不良」で行われて以来、23年ぶり。, 後に達成する牝馬三冠は、2001年から2020年までの20年間で4頭でているが、無敗での桜花賞優勝は2頭しかいない。日本経済新聞の, 1戦以上走った馬で、サンデーサイレンスのインブリードを有するものはこれまで2103頭いた, 前日の時点ではデアリングタクトの単勝は1.1倍で、2番人気のリアアメリアでも10.8倍になるほど人気はデアリングタクトに集中していた, 「競馬ブック」の長岡利幸は、通過タイムからは道中は標準的なペースで進行していたようにみえるが、先行した人気上位の各馬が軒並み直線で失速したところをみると、馬場がかなり重かったのだろうと分析している, 【秋華賞結果】デアリングタクトが史上初の無敗牝馬3冠達成! | 競馬ニュース - netkeiba.com, 【オークス】無敗の2冠を狙うデアリングタクトに育成調教のパイオニアファームがエール 当歳セレクトセール引き取り手なしから1歳1200万円で落札, 【京都5R新馬戦】デアリングタクトが突き抜け快勝/JRAレース結果 | 競馬ニュース - netkeiba.com, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60718780U0A620C2000000/?n_cid=SPTMG053, “Intriguing Rivalry Brews in Japan's Group 1 Oka Sho”, https://www.bloodhorse.com/horse-racing/articles/239565/intriguing-rivalry-brews-in-japans-group-1-oka-sho, 【次走】デアリングタクトは桜花賞直行、鞍上は松山弘平騎手 エルフィンSを4馬身差圧勝のエピファネイア産駒, 混戦必至の桜花賞…前日最終オッズで馬連で一桁台はなし 1番人気はデアリングタクトで3.5倍, “Daring Tact produces star performance in Japanese 1,000 Guineas”, https://www.racingpost.com/news/daring-tact-produces-star-performance-in-japanese-1000-guineas-at-empty-hanshin/431502, Daring Tact Makes History in Japanese Triple Tiara, 桜花賞 (G1) 出馬表 | 2020年4月12日 阪神11R レース情報 (JRA), オークス(G1) オッズ | 2020年5月24日 東京11R レース情報 (JRA), 【オークス・豆知識】デアリングタクトが63年ぶり無傷牝馬2冠達成、単勝支持率は47.5%, Daring Tact Resumes Training Ahead of Shuka Sho, 【秋華賞】デアリングタクト1.1倍の圧倒的1番人気 史上初無敗牝馬三冠へ 前日最終オッズ, Daring Tact Chases Filly Triple Crown in Shuka Sho, デアリングタクト史上初無敗の牝馬三冠 直線、豪快に突き抜ける 2番人気リアアメリア13着大敗, 【秋華賞】デアリング3冠達成に杉山晴師ホッ レース前の愛馬の“異変”明かす「正直、ヤバイと思った」, 【みんなの反省会】秋華賞~核となる馬がしっかりしているときは逆らえないby増井TM(サンスポZBAT!競馬), 【秋華賞】史上初の快挙!デアリングタクトが無敗牝馬3冠制覇(サンスポZBAT!競馬), Daring Tact Lands Japanese Filly Triple Crown, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=デアリングタクト&oldid=80280586.

札幌 市 研究 助成, 千葉ロッテマリーンズ 応援歌 原曲, 吉岡里帆 千葉雄大 仲良し, 国見 サッカー 歴代, プロ野球 予想 2020, 東海学園大学 サッカー メンバー, ブエナ ビスタ 全 レース,

カテゴリー:

2020年12月4日