スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

戦争映画 ノンフィクション

Copyright © 2014-2020 DAYSE All Rights Reserved. 監督作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開を2021年に控えるキャリー・フクナガが、脚本に『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』などの戯曲で知られるトム・ストッパードを迎え、広島への原爆投下を描く映画を手掛ける。米The Wall Street Journalの取材で明らかになった。, 原作はステファン・ウォーカーによる2006年のノンフィクション『Shockwave: Countdown to Hiroshima(原題)』。原子爆弾の開発計画「マンハッタン計画」、ニューメキシコ州での「トリニティ実験」から、1945年8月6日朝、広島に「リトルボーイ」が投下され「核時代」突入に至るまでを、パイロット、科学者、被害者、そして世界の指導者たちの目線で描く。, 『Shockwave』企画自体はユニバーサル・ピクチャーズのもとで2017年頃から温められていたものだ。製作には『レ・ミゼラブル』(2012)や『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)など数々の作品を手掛けたティム・ビーヴァンとエリック・フェルナー。, キャリー・フクナガはこれまでに「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(2014)シーズン1や「マニアック」(2018)「エイリアニスト」(2018)などドラマシリーズを主に手掛け、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で大作映画に抜擢。今後には、スティーブン・スピルバーグ&トム・ハンクス製作による第2次世界大戦の戦争ドラマも決定している。, 日本人の心に今も深く辛く刻まれた広島の原爆が題材とあって、ハードな内容になることは間違いない。日系アメリカ人のフクナガはいかに映画化するか。, THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。. 戦争映画ベストテンをまとめてみた。過去の戦争映画は戦争を美化したり、英雄視したりするものが少なくなかったように思う。ところが最近の風潮は戦争のリアリズムを前面に押し出し、視聴者に戦争とは何かを判断させるような映画が増えてきたね。 監督作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開を2021年に控える キャリー・フクナガ が、脚本に『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』などの戯曲で知られるトム・ストッパードを迎え、広島への原爆投下を描く映画を手掛ける。 米The Wall Street Journalの取材で明らかになった。 今まで観た事がある実話を基にした衝撃的な映画、ノンフィクションやドキュメンタリー作品の中から厳選したオススメ作品をご紹介します。各国のダークな部分がリアルにわかる興味深い作品を選んでみました。映画のあらすじとネタバレしない程度の感想を書いています。, 制作国:ブラジル映画の舞台:ブラジルのファヴェーラ製作年:2002年監督:フェルナンド・メイレレス主な受賞歴:アカデミー監督賞など4部門, 1960年代後半、ブラジル・リオデジャネイロの貧民街“シティ・オブ・ゴッド”では銃による強盗や殺人が絶え間なく続いていた。そこでは3人のチンピラ少年が幅を利かせている。ギャングに憧れる幼い少年リトル・ダイスは彼らとともにモーテル襲撃に加わり、そこで初めての人殺しを経験すると、そのまま行方をくらました。一方、3人組の一人を兄に持つ少年ブスカペは事件現場で取材記者を目にしてカメラマンを夢見るようになる。70年代、名をリトル・ゼと改めた少年リトル・ダイスは、“リオ最強のワル”となって街に舞い戻ってきた…。, この映画では、実際にファベーラに住む子供たちをキャストにして、ファべーラで撮影しています。, 恐るべきことは、ブラジルに点在するファベーラを牛耳っているギャングのほとんどが10代~20代だという事です。, とても演技とは思えないリアルな内容ですが、キャストのなかには演技ではなく、怖すぎて本当に泣いている子供もいたそうです。, 私自身もリオデジャネイロのファベーラを訪れた事がありますが、この映画は現地の雰囲気をそのまま感じられる作品です。, 2014年のリオオリンピック前には、ギャング一掃作戦も行われ、現在のファベーラはこの時代と同ぐらい治安が悪いわけではないようです。ただ、現地在住の知人いわく、現在でも銃声が響くのはわりと日常茶飯事、ごくたまにロケットランチャーを使用して特殊部隊に応戦するときもあるとの事です。, 制作国:イギリス・デンマーク・ノルウェー映画の舞台:インドネシア製作年:2012年監督:ジョシュア・オッペンハイマー受賞歴:ベルリン国際映画祭観客賞受賞, 1960年代のインドネシアで行われていた大量虐殺。その実行者たちは100万近くもの人々を殺した身でありながら、現在に至るまで国民的英雄としてたたえられていた。そんな彼らに、どのように虐殺を行っていたのかを再演してもらうことに。まるで映画スターにでもなったかのように、カメラの前で殺人の様子を意気揚々と身振り手振りで説明し、再演していく男たち。だが、そうした異様な再演劇が彼らに思いがけない変化をもたらしていく。, 約50年前のインドネシアで実際にあった共産党関係者への大虐殺をドキュメンタリーにしています。お茶の間でよく見るデヴィ夫人の元夫である、インドネシア大統領・スカルノがクーデターにより失脚した後に起こった事件です。, 監督自らが虐殺を行った加害者側と接触し、当時の状況を再現させるという特殊な内容です。遺族とも接触し、当時の悲惨な状況や現在の心境も語られています。加害者と遺族の両方とも本人らが登場するので、あまりにも生々し過ぎて胸が痛くなるかもしれません。, 日本人に人気のバリ島を含むインドネシアでこんな事があったなんて全く知りませんでした。, ジョシュア・オッペンハイマーというアメリカ人が監督です。彼の両親もホロコーストで親族を失い、一家で命がけでドイツからアメリカに逃れたそうです。, 制作国:メキシコ、アメリカ映画の舞台:メキシコ製作年:2015年監督:マシュー・ハイネマン、製作総指揮キャスリン・ビグロー受賞歴:アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞にノミネート, メキシコ中西部ミチョアカン州では麻薬カルテル“テンプル騎士団”の抗争が激化し、市民を巻き添えにした犯罪や殺し合いが続いていた。堕落した政府や警察が頼りにならず、内科医ドクター・ホセ・ミレレスは市民たちと自警団を組織する。彼の勇気ある行動に同調した人々が各地で武装蜂起し、ギャングたちを追い込んでいくが……。, 中南米などのラテンアメリカで恐れられる凶悪な麻薬犯罪組織、カルテル。メキシコ国内のカルテルに対抗するために一般人の有志で誕生した自警団のドキュメンタリー映画です。, おそらくカルテルの残虐性は、世界の犯罪組織のなかでも最悪ではないでしょうか。この映画は、そのカルテルに対抗するために自警団を組織した一人の男性ドクターに密着しています。実際にカルテルの被害に遭った人々も多く出演しています。, 自警団を立ち上げ、ドクター自らが最前線に立ってカルテルと戦おうとするのですが、まるでフィクション映画のような展開が待ち受けていました。, 制作国:アメリカ、イギリス、フランス、中国の合作映画の舞台:タイの刑務所製作年:2018年監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール, タイでドラッグ中毒になってしまったイギリス人ボクサーのビリー・ムーア(ジョー・コール)は、警察の家宅捜索を受けて逮捕され、刑務所に収監される。汚職、殺人、レイプが公然と行われている劣悪な刑務所で、死の危険にさらされたビリーは、所内に設立されたムエタイチームの門をたたく。懸命にムエタイを習得することで、彼はこれまでの自堕落だった自分と決別し、生きる希望を見いだす。, ビリー・ムーアというイギリス人ボクサーが実際にタイの刑務所の中で経験した出来事を映画にしています。知られざるタイ刑務所内の出来事ですが、ただただ恐ろしい内容です。, さらには実際にタイの刑務所から出所した殺し屋など、刑務所の元収容者が役を演じているので刑務所内で起こるトラブルシーンがとてもリアルです。, キャストが何人殺したかを語っていますが、本当に殺した人数を言っています。この映画を見た後に本当の受刑者が殺した経験を平然と語っているという事がわかってぞっとしました。, 元収容者のキャストは、この映画は刑務所内の事を忠実に再現できていると言っていたそうです…, 制作国:アメリカ、オーストラリア映画の舞台:沖縄、パラオ(ペリリュー島)、ソロモン諸島(ガダルカナル島)製作年:2010年総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トム・ハンクス受賞歴:プライムタイム・エミー賞 作品賞、監督賞ほか6部門, 太平洋戦争中、ペリリュー戦から沖縄戦まで戦場の最前線で戦った3人のアメリカ海兵隊を基にした実話です。, よくあるハリウッドの戦争アクションのような、一人で数百人を倒すアメリカ万歳型映画ではありません。とてもリアルな内容で、いかに戦争が惨いものかをとても生々しく描いています。, 全10話のドラマ型映画で総指揮はスティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスという豪華な顔ぶれ。総製作費は2億ドル以上で、米国の連続テレビドラマでは過去最高の製作費といわれています。, 銃弾が雨の様に降る戦場で、兵士がどんな思いでどんな傷を負って、どんな死に方をするのかまで、とてもリアルに撮影されています。そのなかで変わりゆく兵士達の心境も戦争の恐ろしさを物語っています。, 敵は日本軍で残虐なシーンも多々あり、差別用語も連発なので複雑な気持ちで見ましたが、これが本当の戦争なのだと思います。, 制作国:アメリカ映画の舞台:フランス、ドイツ製作年:2001年監督:フィル・アルデン・ロビンソン受賞歴:ゴールデングローブ賞最優秀作品賞(TVドラマ&ミニシリーズ部門), スピルバーグ監督とトム・ハンクスが「プライベート・ライアン」に続いて製作し、第2次世界大戦を題材にした全10話のミニ・シリーズ。製作費1億2千万ドル、撮影期間に9ヶ月を費やし、ヨーロッパを転戦する米陸軍101空挺師団・第506パラシュート歩兵連隊E中隊を描く。原作はスティーヴン・アンブローズのノンフィクション。ドラマに登場するキャラクターはすべて実在する人物で、生存している本人が各エピソードの冒頭に登場する。, 上記『ザ・パシフィック』は太平洋戦争が題材でしたが、こちらの作品は同じ第二次世界大戦のヨーロッパ戦線が題材です。ザ・パシフィックと同じ構成で、ノルマンディー上陸作戦に飛行機で参戦する落下傘部隊の実話です。, この物語に登場する兵士らは実在する人物です。毎回、冒頭で映画のモデルとなった本人の口から当時の状況が語られます。, ザ・パシフィックと同じように、ヨーロッパ戦線の壮絶な死闘シーンが多く含まれている作品です。戦争のなかで生まれる仲間愛が描かれていたり、ザ・パシフィックよりも少し物語性がある内容となっています。, 制作国:アメリカ・ドイツの合作映画の舞台:アメリカ、アジア製作年:2014年監督:ローラ・ポイトラス受賞歴:アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞, 『トラフィック』などのスティーヴン・ソダーバーグが製作総指揮に名を連ねた、世界中を震撼(しんかん)させた「スノーデン事件」のてん末を描くドキュメンタリー。元CIAのエドワード・スノーデンが、国家による大規模で違法なプライバシー侵害を告発する姿に迫る。数々のドキュメンタリーを手掛けてきたローラ・ポイトラスが監督を務める。驚くべき証言の数々に言葉を失くす。, スノーデンが機密情報を暴露した際、日本でも話題になりましたが、これってアメリカ国内で起こった話だと思っていましたが…日本でも一般人レベルまでがっつり監視されていたのですね。もしかしたら自分の携帯やパソコンも乗っ取られていたかと思うと恐ろしいです。全く他人事ではないので、この映画を見てからパソコンのカメラ部分にはテープを貼ってます(汗), 制作国:アメリカ映画の舞台:アメリカ、中近東製作年:2012年監督:キャスリン・ビグロー受賞歴:アカデミー賞音響編集賞, 911全米同時多発テロの首謀者にしてテロ組織アルカイダの指導者、ビンラディンの殺害計画が題材のサスペンス。CIAの女性分析官の姿を通し、全世界を驚がくさせた同作戦の全貌を描き出す。, ビンラディンがアメリカ軍によって殺害された事は、当時テレビでも大々的に放送されていましたが、そこに至るまでの経緯は全く知りませんでした。, アメリカのCIAはどんな方法で彼を発見したのか、その様子も描いています。正義を掲げていようが悪を掲げていようが、どんな世界的な組織も色んな意味で恐ろしいです。, 制作国:イギリス映画の舞台:カンボジア製作年:1985年監督:ローランド・ジョフェ受賞歴:アカデミー賞撮影賞、編集賞、英国アカデミー賞作品賞, 70年代、クメール・ルージュによる内乱渦巻くカンボジアを舞台に、アメリカ人記者と現地人助手の絆を力強く描く。ピューリッツァ賞を受賞したS・シャンバーグのノンフィクションが原作。プノンペンでの混乱ぶりを描写した前半部も迫力有るが、後半、強制労働に従事させられている助手(H・S・ニョール、アカデミー助演男優賞受賞)が脱走し戦禍の大地をさまようシーンが凄まじい。M・オールドフィールドのスコアも白眉。, 今では想像すらできませんが、かつてカンボジア内戦時にクメールルージュが占領していた恐ろしい時代の話です。, この時のカンボジアで何が一番恐ろしいかというと、大義を見失い、カンボジア人がカンボジア人を手あたり次第に虐殺していたことだと思います。, 私も実際にキリングフィールドへ訪れた事がありますが、アウシュビッツと同様に絶句してしまうほどおぞましい場所です。子供や女性も容赦なく残酷な手段で殺害されており、今もこのキリングフィールド内の建物に頭蓋骨がそのまま納骨されています。, 制作国:デンマーク、ドイツ映画の舞台:デンマーク製作年:2016年監督:マーチン・ピータ・サンフリト受賞歴:ロバート賞(デンマーク版アカデミー賞)で作品賞、監督賞, 第2次世界大戦終了後、ドイツ兵捕虜がデンマークで地雷処理に動員されたという史実を基に描くドラマ。恐ろしい体験を共有するうちに、戦時中は敵同士だったドイツ兵捕虜とデンマーク人軍曹が次第に人間として距離を縮めていく過程を丁寧に描写する。デンマークのマルティン・サンフィリートが監督と脚本を担当。人間の善と悪の二面性を浮き彫りにする物語に引き込まれる。, 第二次世界大戦後にデンマークに残され、兵地雷の撤去に動員されたドイツの少年兵について描かれています。, 動員された約2000人以上の元ドイツ兵のうち約半数が戦後のデンマークで命を落としたり重傷を負ったそうです。そのなかの大半が少年兵だったという事が無念でなりません。, 制作国:アメリカ、イギリス映画の舞台:アメリカ製作年:2013年監督:スティーヴ・マックィーン受賞歴:アカデミー作品賞, 奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。主人公が体験した壮絶な奴隷生活の行方、そして絶望に打ち勝つ希望を描き出す。, ソロモン・ノーサップという自由黒人の男性が住んでいたニューヨークで誘拐され、奴隷制度が残る南部に売り飛ばされてしまう実話ベースの映画です。, 南部に住む黒人がどのように扱われていたのかが描かれています。当時の有色人種にとって、北部と南部ではまるで異国の様な扱いだった様です。, 奴隷と聞いてもピンとこない私たち日本人にも、アメリカの奴隷がどのような扱いを受けてきたのかがわかる内容です。学生の頃に教科書では習わなかった奴隷生活の生々しい部分が描かれています。, 今では黒人シンガーやスポーツ選手が活躍するアメリカですが、ほんの180年ほど前まで奴隷制度がしっかりと残っていたという事を改めて気づかされました。, 解説『ハリー・ポッター』シリーズなどで知られるエマ・ワトソンが主演を務め、恋人を救い出すために危険な賭けに出るヒロインの活躍を描くサバイバルドラマ。南米チリを舞台に、慈善団体とは名ばかりの難攻不落の施設から脱出を試みる男女の姿に迫る。相手役は『ラッシュ/プライドと友情』などのダニエル・ブリュール。史実を基に語られる、歴史の暗部に焦点を絞った衝撃の物語に戦慄(せんりつ)する。, コロニア・ディグニダという表向きはドイツ系移民が寝泊まりする慈善団体の施設ですが、実際はとんでもない場所だったというストーリーです。, また、この施設や出来事は実際にあったものですが、登場人物に関しては実在する人ではありません。南米にドイツ系移民が多いとよく聞くのですが、理由はこの映画にも関連があるのかもしれません。, 制作国:アメリカ、イギリス映画の舞台:イギリス製作年:2014年監督:モルテン・ティルドゥム(ノルウェー人)受賞歴:アカデミー脚色賞, 第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かした天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた伝記ドラマ。劣勢だったイギリスの勝利に貢献し、その後コンピューターの概念を創造し「人工知能の父」と呼ばれた英雄にもかかわらず、戦後悲劇の運命をたどったチューリングを、ベネディクト・カンバーバッチが熱演する。, もし全て事実なのであれば、イギリスは第二次世界大戦の戦況をほとんど知っていたという事です。このエニグマの解読がなければ、今の世界は違ったものになっていたかもしれません。, やはりこういう事実は、半世紀もしくは100年以上経ってから公開されるものなのですね。, 制作国:アメリカ映画の舞台:アメリカの刑務所製作年:1995年監督:マーク・ロッコ受賞歴:放送映画批評家協会賞 主演男優賞, 全米一悪名高きアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ、一人の囚人と彼を支えた若き弁護士の友情を描く、実話の映画化。死刑確実と言われていたアルカトラズ刑務所内で起こった殺人事件を担当することになった若き弁護士ジェームスは、犯人の囚人ヘンリー・ヤングを調べていくうちに彼の有罪に疑問をもつようになっていった。やがて彼はアメリカ合衆国に真っ向から闘いを挑んでゆく……。, ただ、この映画のモデルとなった人物は、実際にはもっと悪いことをしまくっていたそうです。, 制作国:アメリカ映画の舞台:イラン製作年:2012年監督:ベン・アフレック受賞歴:アカデミー賞作品賞、脚色賞、編集賞, 『ザ・タウン』などのベン・アフレックが、監督、製作、主演を努めたサスペンス。1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を追い掛ける。監督として『ザ・タウン』で見せた緩急自在な演出をベンが本作でも繰り出し、謎に包まれていた救出作戦の全ぼうを活写。その一方で、貫録たっぷりに指揮を執るCIAエージェントを熱演する。, ちなみに今ではイスラムの教えに厳しいイランですが、当時は女性もミニスカートを履くなど、露出の多い服装がOKだったようです。, 製作年:1987年監督:原一男受賞歴:ベルリン国際映画祭カリガリ映画賞、国内賞多数, 天皇に向けパチンコを撃ったこともあり、過激に戦争責任を追及しつづけるアナーキスト奥崎謙三が、ニューギニア戦線で起きた疑惑の真相を探るべく当時の上官を訪ね歩く姿を追った衝撃のドキュメンタリー。1982年、兵庫県神戸市。ニューギニア戦の生き残りで、いまはバッテリー商を営む奥崎謙三。ある日、終戦後23日もたってから、“敵前逃亡”の罪で二人の兵士が射殺されたことを知った奥崎は、処刑した上官5人を訪ね歩き、当時の生々しい状況を聞き出していく……。, 暴力的なシーンもいくつか含まれていますが、戦時中の体験談は現代の私達には想像すらできないないような内容ばかりでした。私達がどれだけ幸運なのかを改めて実感しました。, 過激すぎるので今の時代ではもう上映できないような作品ではないでしょうか。撮影中に逮捕されてしまうかも。, ドキュメンタリー映画監督で有名なマイケル・ムーアが過去最高のドキュメンタリーだと絶賛したといわれています。, 『凶悪』などの白石和彌監督と『新宿スワン』などの綾野剛がタッグを組んだ、日本の警察における不祥事をモチーフにした作品。2002年に覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕され“黒い警部”と呼ばれた北海道警察の警部の、逮捕までの26年間が描かれる。, もし今の時代なら全国ニュースで大々的に取り上げられるような警察官の大汚職事件です。題名の通り、本当に悪いやつらです。, モデルとなった元警察官の方は今もご健在だとのことです。もし講演会等があるなら、一度お話しを聞いてみたいです。, ある死刑囚の告白を受け、身の毛もよだつ事件のてん末を追うジャーナリストが奔走する姿を描く。主人公を『闇金ウシジマくん』シリーズなどの山田孝之が演じ、受刑者にピエール瀧、冷血な先生をリリー・フランキーが熱演する。それぞれの男たちの思惑が複雑に絡み合う、見応えたっぷりの展開に引き込まれる。, 実際にあった事件ですが、これは結構むごい内容なので知らなくても良かったと思うかもしれませんが、思わず見入ってしまう実話です。, 世界中どこでもやばい人はいますが、やっぱり日本にも恐ろしい人が沢山いるもんですね。, 実際に起こった様々な出来事を題材にした衝撃のドキュメンタリーとノンフィクション映画でした。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 生まれも育ちも兵庫です。「世界の宿調査」という名目で世界一周をスタートし、 1年7か月後に帰国。現在は神戸で小さなゲストハウスを営んでいます。旅行情報や兵庫情報を書いています。, 実体験を基に世界一周を含む旅行情報と兵庫情報、ゲストハウス運営についてレポートします。, 将来的に旅に出たい人や旅行を計画中の人にお勧めの映画18選です。 世界の旅映画や旅にまつわる映画から厳選したオススメ作品をご紹介します。 世界各国の制作映画から13作品、日本で制作した映画から4作品を選びました。, [送料無料] バンド・オブ・ブラザース DVD コンプリート・ボックス [DVD], 【オリコン加盟店】綾野剛主演★10%OFF■映画 DVD【日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディション】17/1/11発売【楽ギフ_包装選択】. 百田尚樹さんのベストセラーの映画化作品です。 日本の特攻隊をテーマにした戦争映画です。 19. ヒューマンドラマやアクション、サスペンスやホラーなど、ジャンルを問わず実話を元にした映画はあんまり外れが無いと思います。※個人の感想です(笑) 今回は数あるジャンルの中でも、より衝撃度の強い“実話系戦争映画”のオススメをご紹介します。 戦闘シーン中心の作品や、実際の経験談を元に制作された作品など、日本国内外で膨大な数の戦争映画が放映されてきました。全世界に存在する戦争映画の中から、日本人に特にオススメの人気作を30作ランキングしました! アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、右腕を断崖に挟まれたまま身動きが取れなくなってしまう。, 登山家のアーロン・ラルストンの自伝『奇跡の6日間』を題材にした映画。岩に挟まれて身動きが取れない絶望的な状況を、様々な工夫や決断で逃れようとする話。, 死を悟った時の回想や、自分が実現したかった事への思い。1日1日を大切に生きることの重要性を教えてくれ、誰にでも奇跡的な確率で不運は訪れる事を教えてくれるような映画。, 「スラムドッグ・ミリオネア」のダニーボイル監督だけに、冒頭から独特の世界観や映像表現で物語を盛り上げてくれます。, 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。, 金融業界をテーマにした映画はいくつかありますが、この映画を超えるものはなかなかないような気がします。今後も。, 80年代から90年代にかけてのウォール街で実際に活躍した人物の回想録を映画化した作品。, 若くして金融業界で成功した社長の破天荒な生き様と、キャラクターが濃すぎる登場人物たち。私も友人に金融の人間がいますが、この映画の登場人物のような生活をしている人もたまーにいるんですよね。とにかく派手に稼いで遊んでやろうという野心が面白い。素晴らしい。, ドラッグ、セクシャル、騙し合い、何でもありな正真正銘の実話は、この業界に馴染みがない人でもきっと刺激的な体験になるはず。, 筋トレだけが生きがいのジムトレーナーのダニエルは、自分の冴えない人生にうんざりしていた。, 早速彼はジムで共に働くエイドリアンと、ジムの新入りで前科者のポールと共に誘拐を決行する。, 実際にあったあまりにもお粗末すぎる誘拐事件を描いた犯罪アクション映画。「TED」で一躍有名になったマイケル・ウォールバーグ主演、監督はあのトランスフォーマシリーズのマイケル・ベイ監督です。, 行き当たりばったりでひど過ぎる登場人物のバカっぷりと、「これ本当に実話?」と疑わらずをえないエピソードの数々は、犯罪映画というよりもはやコメディ。テンポもいいので気軽に楽しめる映画です。, 彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父(トム・ウィルキンソン)は、死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。, 悪魔に憑りつかれていたと言われるアンネリーゼ・ミシェルという16歳の少女の話がテーマになっている。, 実際の神父によって約1年の悪魔祓いも行われたというが、その真相は是非映像で楽しんでみて下さい。, ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。, 単純な家族愛の物語ではなく、愛することの本質、今でも多くの人が抱える夫婦関係の問題など、現実的なテーマがエンターテインメント性をしっかり備えつつ描かれていて、エンドロールが来てほしくない名作。, 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。, アツい男の爽やかなライバル関係、互いを意識し切磋琢磨する者同士だからこそ生まれる友情を描いた作品。, 邦題がイケてないが、中身は臨場感あふれるレースシーンや、再現度の高い当時のレース界、音楽やカメラワーク、セリフのやりとりまでシビれる超名作。ジェームス・ハントを演じるクリス・ヘムズワースも本当にカッコいいので、題材に興味がなくとも是非おすすめしたい映画。, 2009年4月、ソマリア海域を航海中のコンテナ船、マークス・アラバマ号を海賊が襲撃。武器を所持していた4人の海賊に、武装していなかったアラバマ号はあっという間に占拠されてしまう。, 2009年のソマリア海域人質事件をテーマにしたノンフィクション映画です。船員の為に自ら人質となった船長と海賊の緊迫感あるやり取りが見もの。海と航海術を知り尽くした船長と海賊の戦いは新感覚。単純な船ものアクション映画にはないリアリティに満ちていて、知的。, 海賊側の葛藤や背景まできちんと描写し、物語全体に引き込まれる演出も見事です。間違いない名作。, ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーがあった。, クリント・イーストウッド監督作品。60年代にビートルズと並び2大ポップグループと言われた「ザ・フォー・シーズンズ」の下積み時代とヒット後の栄光の光と影を映し出した作品です。, 派手な演出はないですが、舞台裏の様々なエピソードは感動必至。特に物語終盤のシーンは涙なしでは見れない程の名場面が続きます。, 音楽に対するひたむきな姿勢やグループ内の対立、思惑、苦悩など、リアルタイムで彼らの音楽を聴いてなかった人たちでも楽しめるドラマティックな展開が非常に魅力的。, デリヘルを経営する元刑事ジュンホ(キム・ユンソク)のところから女たちが相次いで失踪(しっそう)して、ときを同じくして街では連続猟奇殺人事件が発生する。ジュンホは女たちが残した携帯電話の番号から客の一人ヨンミン(ハ・ジョンウ)にたどり着く。, 二十人以上の売春婦や裕福なお年寄りなどを殺害したとされ、韓国で“殺人機械”と言われた連続殺人鬼ユ・ヨンチョルの事件をベースにした作品。ホラー映画よりも怖く気持ち悪い犯人と、警察への募る感情、緊迫感のあるストーリーに終始手汗が止まらない名作。, 熱帯魚店を営んでいる社本(吹越満)と妻の関係はすでに冷え切っており、家庭は不協和音を奏でていた。ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村田と知り合い、やがて親しく付き合うようになる。, 「愛のむき出し」、「トーキョートライブ」、「寄生獣」などで近年話題の園子温監督作品。, 題材は埼玉愛犬家連続殺人事件という、1993年(平成5年)に日本の埼玉県熊谷市周辺で発生した殺人です。, マスコミ報道が先行した事件であり、完全犯罪を目論んだ残忍な結末が明らかになるなど異常性の高い事件でした。, 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。, 暗くなって彼女が帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった。, 失踪した子供が別人として帰ってくるという悲しい実話を、独特の映像表現やスリリングな展開を交えてつつ、徐々に真実が明るみになっていくストーリーに目が離せなくなります。歯がゆくなる話ですが、是非真実を最後までご覧ください。, 戦争映画おすすめ、ドキュメンタリー映画おすすめも実話系作品を数多く紹介しているのでよろしければご覧ください。, 外国人の視点から選出された、「東京が舞台の映画」ベスト16をあらすじつきでご紹介します。. 64年、ベトナム戦争初期の激戦を、実際に従軍した米軍大佐とupiの戦地特派員が書いた同名ノンフィクションを原作に映画化。戦地と並行して本国に残る家族の状況も描く。 実話をもとに作成された映画はやっぱり面白い!ノンフィクション映画って実際に起こったことだからこそ惹きつけられますよね。そんなノンフィクション映画のおすすめを厳選して50作品紹介します。 事実は小説より奇なり。普段私たちが見ている映画やドラマは、「しょせんフィクションだし」とどこかで思ってしまったりするもの。実際に起こった出来事だからこそ共感できる、感情移入してしまう傑作映画をご紹介します。 実際に起こった様々な出来事を基にした衝撃的な映画18選です。 世界のノンフィクションやドキュメンタリーの中から厳選したオススメ作品をご紹介します。 世界各国の制作映画から15作品、日本の制作映画から3作品を選びました。 どうも、キネマフリークのサカイです。 今回は、「衝撃的な戦争映画を教えて!」という質問にお答えしていきます。 戦争映画の中でも衝撃作や名作はたくさんあるので、1度見て印象に残った作品を15選に絞ってご紹介します。 戦争映画おすすめベスト15を発表! 現在は俳優として活動を中心としているなか、デビューから続いている音楽活動やこれまで出演してきた作品についてまとめてみました!, 10代の頃から人気女優として活躍している上戸彩さん。数々のドラマや・映画でヒロイン役を演じるなど元気で可愛らしかった彼女も、現在では色っぽく美しい妻や母親役を演じる大物女優となりました。長年にわたって愛され続ける彼女の魅力とはなんなのか?今回はそんな彼女のプロフィールや出演作などをまとめてご紹介します。, 大人にはない子供ならではの感情の高まりや冒険心、好奇心ってありますよね。そんな子供が主役だからこそ実現する物語を描いた映画を紹介します。, 静寂か死か…サスペンス・ホラー『ドント・ブリーズ』のあらすじ・ネタバレありのまとめと続編について解説, 町から抜け出す金を貯めるため強盗を繰り返す若者ロッキーたちは最後のヤマとして大金を持っているという噂の盲目の老人の家に侵入した。ただ金を奪って終わるはずだったのに…暗闇で襲われる恐怖と戦いながら屋敷を脱出するサスペンスホラー『ドント・ブリーズ』のあらすじとネタバレありのまとめ、気になる続編情報を紹介する。, 『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』湾岸戦争時のイラク独裁者サダム・フセイン長男の影武者になった男, 『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』多くのユダヤ人を救った夫婦の物語, 『がんばっぺ フラガール!〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜』震災後、再生を目指した人達の真実の物語, 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』報道の自由を目指す記者達と統制を図る政府との闘い, 『バーニング・オーシャン』原油流出事故の発生、現場に取り残された作業員達の運命はー?, 『ウォルト・ディズニーの約束』ディズニーの名作「メリー・ポピンズ」誕生を描いたストーリー, 『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』ゲイリー・オールドマンが演じるチャーチル首相, 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』グーグルマップを使い、生き別れた家族を探し出した実話, 『ラスベガスをぶっつぶせ』学生たちによるカードカウンティング事件を題材にしたスリリングなストーリー, https://pickup.cinemacafe.net/articles/98, https://pickup.cinemacafe.net/articles/310, https://pickup.cinemacafe.net/articles/2365, https://pickup.cinemacafe.net/articles/2589, https://pickup.cinemacafe.net/articles/1451, https://pickup.cinemacafe.net/articles/484.

日本ハム 開幕投手 歴代, おすすめドラマ 日本, ヒシアマゾン ウイニングポスト, 長谷部 誠 2019, プリンスリーグ関東 2019 降格, ロッテ キャッチャー, 富山第一高校サッカー部 2020, アマンダ 愛称,

カテゴリー:

2020年12月4日