スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

リーマンショックとは 簡単に

リーマンショックは、2008年9月15日アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破綻したことで、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事の総称ですね。では、なぜリーマンショックは起きて、どの様に立ち直ったのでしょうか。 例えば最初は毎月5万円の返済で良いと言われて組んだものの、何年かしたら毎月20万円返済してねと言われると低所得者にとっては無理に決まってますよね。, どんな物でも、数自体が少ないと希少性(レア感)が付いて価格はアップしていくが、逆に同じような物の数が増え過ぎると、価格はどんどん下がっていってしまうんじゃ。, こうして住宅が余りに余った上に、価格もどんどん安くなっていき、ローンを回収する事が難しくなっていきました。, お金を貸すと金利分を儲ける事ができるのでどんどん貸したくなりますが、逆にきちんと返済してもらわないと貸した分を回収できないというリスクもあります。, このリスクを避ける為に、お金を貸し出した銀行はお金を返してもらえるという権利を売りに出していました。, 債権を売りに出すと、売りに出した側はローンの残りを返してもらうという権利を手放す代わりに、手っ取り早くローンの残りの額を一括で手にする事ができます。 あまりにも住宅価格が上昇していたので、金利を高くして住宅価格を下げる様にしたんですね。, ただでさえ売りに出された住宅が多いのに、金利の引き上げでなかなか買ってくれる人がいないので、どんどん住宅価格は下がって行ったのでした。, アメリカ国内での住宅ローンの問題だったのに、何故そんなに日本にも影響があったの?と考える方は多いのではないでしょうか。, アメリカの住宅バブルが崩壊したことによって、アメリカの資産を持っていた人達はとりあえず何か別の安全な資産に両替しておこうと考えました。, 日本円を持っている日本企業は、円高になって海外で何か物を売ろうとすると、リーマンショック前よりもコストがかかりすぎてしまうということになってしまったんですね。, 売りに出すだけではなく、海外から例えば材料などを輸入する時も今まで以上にコストがかかる様になってしまいましたから、日本経済にもリーマンショックの影響がどんどん広がって行ってしまったのです。, 一定の収入があること、毎月安定して収入があること、ある程度の勤続年数があること、信用度の高い会社に勤めていること, ローンを払い続けることが難しくなったら、家を手放せばローンの残りは払わなくても良い. リーマン・ショック、よく聞く言葉ではありますが実際にどんな出来事だったのかご存知ですか?, ここでは、リーマン・ショックがどんな出来事でどんな風に日本にも影響を及ぼしたのか、わかりやすく解説していきたいと思います!, 僕、つい最近までリーマン・ショックの「リーマン」は「サラリーマン」の「リーマン」だと思ってたからね…!, リーマン・ショックとは、2008年に当時アメリカの超大手証券会社であったリーマン・ブラザーズという会社が倒産したことで、世界中で経済不況が起こった出来事のことです。, 住宅の価格が上がって行くと、所得の少ない人達はますます家を買い辛くなってしまいます。ここが金融業界が目を付けたポイントその1。, 次に、家を買う時はローンを利用してお金を借りてから買う人が多いですよね。家は数千万円するものがほとんどですから、現金一括で買えるのはよっぽどの高所得の人でないと無理な話。, ですから多くの人はローンを組んで家を買うのですが、ローンは誰にでも組める訳ではありません。一定の収入があること、毎月安定して収入があること、ある程度の勤続年数があること、信用度の高い会社に勤めていること…などなど、ローンを組むにも色んな条件をクリアする必要があります。, 収入の低い人やアメリカに移住してきて期間が浅いなどの移民は、信用の面からその当時アメリカで一般的に利用されていた住宅ローンはかかなか組むことができませんでした。ここが金融業界が目を付けたポイントその2です。, 上に書いた2つのポイントに目を付けた金融業界は、じゃあ逆に低所得者や移民が借りられるローンを作れば良いんじゃないか?と考えました。, そもそもこういった人たちがローンを組めない理由は、きちんと返済してもらえないんじゃないか?というリスクがあるからです。, ではそういったリスクがある人達にもお金を借りてもらって、お金を貸した金融会社も損をしない為にはどうしたら良いか? リーマンショックは2,000年以降の住宅バブルと低所得者向けのサブプライムローンが発端で起きた金融危機です。 問題は金融機関がサブプライムローンを商品化して複雑にして、世界中の金融機関に売りつ … 最初のハードルを下げることで、お金を借りてもらう事に成功したんですね。これがサブプライムローンの誕生です。, こうしてサブプライムローンを利用すれば、低所得者も家を購入できる様になったのですが、このサブプライムローンには問題点がありました。, ローンの返済が難しくなれば家を売却すれば良いと書きましたが、「ある一定期間を過ぎたら返済額がアップする」というあまりにも無謀なローンだったので返済できない人が続出しました。 きちんとローンを返済してもらえればそれで良いのですが、ローン返済が難しくなって売りに出された住宅が増えた上にそれも売れなくなってしまっていたので、きちんと回収できない案件がどんどん増えていきました。, こうしてローンを回収できなくなり、経営破たんして廃業にまで追い込まれる会社がアメリカで一気に増えていきました。 そこで1つ目のポイントである、住宅価格の上昇を利用しました。, 日本で住宅ローンを組むと、その家を手放しても残っているローン分は続けて支払い続ける必要があります。 皆さん『リーマンショック』という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、言葉は知っているがどういうことかイマイチわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は『リーマンショック』を分かりやすくお伝えしたいと思います。 リーマンショックとサブプライムローン問題。聞いたことはあるけど、意味や原因は知っていますか?今回はそんな「リーマンショックとは?」「サブプライムローンって何」といった疑問をわかりやすく解決したいと思います。現代の世界経済を理解するには必須のキーワードであるこの2つ。 ですが、「ある一定期間を過ぎると返済額はアップする」という設定にもしました。, こうして、「最初は少ない返済でいいなら自分でも返せそう!返済額が上がって無理になったら家を売ればいいし」と低所得者はどんどんこの住宅ローンを組むようになりました。 その中でもリーマン・ブラザーズの負債額は日本円で64兆円にもなり、ついに破たんしていってしまったのです。, また、サブプライムローンの崩壊の原因の1つとして、アメリカ中央銀行(以後 FRB)による金利の引き上げもありました。 皆さん『リーマンショック』という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、言葉は知っているがどういうことかイマイチわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は『リーマンショック』を分かりやすくお伝えしたいと思います。, リーマンショックの「リーマン」とは超大手の証券会社であった「リーマン・ブラザーズ」のことです。, このリーマン・ブラザーズが2008年9月15日に倒産に陥り、これが一番の要因となって全世界に経済危機が広がったため、リーマンショックという名前で呼ばれているのです。, つまり、リーマンショックを最も簡単に説明するならば、「2008年に起こった、リーマン・ブラザーズという会社を発端とした世界的経済危機のこと」となるわけです。, さて、出来事の概要を簡単にさらった上で、何故リーマン・ブラザーズが倒産したのかを考えてみましょう。, リーマン・ブラザーズはアメリカで当時第4位の巨大で名門の証券会社でした。十分大きい証券会社なのですが、金融の世界にはさらに上がいました。, 「ゴールドマン・サックス」や「モルガン・スタンレー」といった会社の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?, 日本の銀行でたとえると、「三菱UFJ・みずほ・三井住友」のメガバンクに続く、りそな銀行のような立ち位置にリーマン・ブラザーズがいたと考えるとわかりやすいと思います。, リーマン・ブラザーズの規模ではまだまだ買収される恐れがあったため、より大きな証券会社へと変わる必要がありました。業績を伸ばすため、ハイリスクハイリターンな商品に手を出していきました。, それらハイリスクな商品の一つが今回の事件のカギとなった「サブプライムローン」関連の商品なのです。, 「サブプライムローン」は一言で表せば、低所得者でも家が買えるように組まれたローンのことです。住宅の値段は上がっていき、リーマン・ブラザーズはさらに実力をつけていきました。2007年には総資産が6900億ドル、日本円で約70兆円の大企業になったのです。, しかし、やはりサブプライムローンは投資し続けるのにはあまりにもリスクが高かったため、リーマン・ブラザーズは崩壊の道へと進むのです。, サブプライムローンはもともと無理な設定で組まれてしまったローンなので、徐々に返せない人が続出しました。このようなローンの焦げ付きが続き、ついに2007年に住宅市場の価格が一気に下落し、住宅バブルが崩壊しました。, その結果、サブプライムローンに大規模な投資をしていたリーマン・ブラザーズは日本円で64兆円という莫大な負債を負うこととなったのです。, 64兆円にピンとこない方もいらっしゃると思いますが、当時の日本の国家予算が約80兆円ですから、日本という国が約10か月分で使う金額となります。, 言い方を変えれば、地球に住む全人類から1万円ずつ回収しないと返せないとも言えます。, そして、この大量の負債は大国であるアメリカでも救済することはできず、2008年に9月にリーマン・ブラザーズは経営破たんとなりました。, そして、この一大証券会社の経営破たんはアメリカ経済の崩壊を引き起こし、アメリカでは800万人が失業しました。そして、経済危機が全世界に広がっていったのです。, ではなぜこの証券会社は破たんしたのか、それは「サブプライムローン」というお金の貸し方が問題だったのです。, 「そんなローンでは返せない?大丈夫!最初は月々5万円だけ返していけばいいですよ!」, こんなローンを勧められたらどうでしょうか?絶対返せるわけがないとお分かりだと思います。, しかし、これに似た状況が2000年代のアメリカでは平気で行われていたのです。そして、このシステムの崩壊があのリーマンショックを引き起こした原因なのです。, ここでは例として、毎月20万円を返す住宅ローンを考えましょう。しかし、月収20万円の人にその金額を毎月返済してもらうことは不可能です。, そこで貸し出す銀行はサブプライムローンに特殊なルールをつけます。そのルールが「ローンを組んだ初めの期間は返す金額を少なくてよい」というものです。, 本来であれば毎月20万円返さなければいけないところを、はじめは毎月10万円だけ返済すればよい、ということになります。そして、ここで足りない10万円分は貸している金額にさらに足されます。, しかし、少ない金額だけ返済すればいい一定期間を過ぎると、返済額は一気に上がり、もともと所得が低い人たちが支払うことは不可能になります。その場合は新たにローンの借り換えを行う必要があるわけですが、これは住宅の価値が上がっていないとできません。, つまり、サブプライムローンは最初から崩壊することがわかっていたローンということになります。, こうして返せるはずもない住宅ローンを組んだ人は家を失い、この結果アメリカでは家を失った人が大量に発生してしまったというのが、サブプライムローン問題の一つの側面です。, しかし、あくまでこの住宅市場の崩壊というのはサブプライムローンによって生じた問題であり、本題である「リーマンショック」はこのサブプライムローンを利用して利益を生もうとした投資銀行が破綻したことです。, 日本はリーマンショックの原因となった「サブプライムローン」にあまり関わっていなかったため、直接的なダメージはそれほど大きくないだろうという見通しがありました。, というのも、日本人は1990年代に日本国内の不動産や株のバブルとその崩壊を体験しています。この教訓から、アメリカの加熱しすぎている不動産バブルには慎重な見方の人が多かったのです。, そのため、はじめは対岸の火事のようにあまり影響しないだろうと考えられていましたが、経済危機が深刻になるにつれて、結局は日本もその渦に巻き込まれてしまいました。, 具体的に数字で見てみると、日本の株価や景気の指標ともいえる日経平均株価がリーマンショックによって約13500円から約7000円まで下げています。, つまり、日本の大企業の株価がほとんど半分になってしまった、もっと簡単な言い方をすれば、日本のほとんどの会社の価値が半分になってしまったということになります。, 冷静に考えて大変恐ろしい事態、これが「リーマンショック」の日本における影響だったのです。, では、なぜサブプライムローンに直接関わっていない日本の景気まで悪くなってしまったのでしょうか?, 世界には日本円の他にドルやユーロといった様々な通貨がありますが、日本の円はその中でも「安全資産」と呼ばれています。そして、安全資産はこのような大規模な経済危機や戦争、テロなどの非常事態の場合に買われる傾向があるのです。, 例えるなら、ユーロやドルは家の外で、円はあなたの自宅です。普段は外に出て活動しますが、突然の大雨が起きたらとりあえず安全な自宅に帰ると思います。, これと同じように、リーマンショックでも、持っている資産をとりあえず比較的安全な日本円に両替しておこうという人が多かった。, それによって、円が買われていき、どんどん円の価値が上がる、つまり「円高」へと変化したのです。1ドル110円だった円はリーマンショック後に1ドル80円台まで下がっております。, 日本の貿易を全体で見てみると、自動車や鉄鋼などを輸出して収益を上げています。そのため、円高の状況は輸出企業には圧倒的に不利なのです。, わかりやすくするために自動車の例で考えてみましょう。アメリカで、1台1万ドルの価格で売られていた日本車は、リーマンショック前は日本円にすると110万円で売られていたることになります。, しかし、この状況が1ドルが80円になると、1台当たりの値段は80万円まで下がってしまい、結果的に同じものを作っているのに30万円分利益が減っています。, そして、このような利益が出にくい状況が発生すると、輸出で成り立つ製造業の業績は悪くなります。, すると、これらの製造業を営む会社の経営者は「原材料や人件費などが円高で高くなってしまう日本で作って輸出するのではなく、実際に売る場所やコストがかからない地域で作ろう」という考えになります。, このように製造業が海外生産の方針に転換すると、大企業の工場がそろって海外に移転するという「産業の空洞化」が発生し、その大企業の下請けなどの形で生計を立てていた中小の企業は仕事がなくなり、結果として倒産してしまいます。, 『リーマンショック』の事実いかがでしたか?経済危機は再びやってくると言われています。忘れたころにやってくるかもしれない経済危機に対して、皆さんが個人ができること、それは会社からの給与だけに依存しない資産形成を行うことです。, はじめまして^ ^ 関西出身で28歳のヒデと申します! 社会人になってから製薬会社の営業(MR)として5年ほど働いていた経験があります! 薬剤や医学に関しての知識を皆様にお届けできればと思いますので、よろしくお願いします^_^. ですがアメリカでは、ローンを払い続けることが難しくなったら、家を手放せばローンの残りは払わなくても良いとなっていました。, その時のアメリカは住宅価格が上昇していたので、もしローンの返済が難しくなったら、その家を売ってしまえば残ったローンと相殺できると銀行は考えたのです。, いくら払えなくなったら売ればいいと言われても、数千万のローンを組むのは勇気がいる事ですよね。, そこで銀行は、「最初は返済額は少なくても良い」というルールにしました。 「リーマンショック」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。株式投資でも、「リーマンショックの時の株価下落は酷かった」とよく聞きます。 そこで今回は、リーマンショックとは何が原因で起こったのか?について解説したいと思います。 逆にその債権を買った側は、ローンを組んだ人から残りを返済してもらえるという権利をゲットする事ができます。, リーマン・ブラザーズは、この債権を沢山買い取っていたんですね。 Copyright© 大学受験の日本史を極めるブログ , 2020 All Rights Reserved. 2008年にアメリカで起こった「リーマン・ショック」。歴史に名を刻むほど世界的に影響を及ぼした経済不況の事です。ここではどんな事が起こり、原因は何だったのか?日本への影響はあったのか?など誰にでも簡単に分かりやすく解説しています。 リーマンショックとは2008年9月15日にアメリカの投資銀行リーマンブラザーズが倒産した事によって、, 投資銀行とは大企業や個人の富裕層の代わりに金融取引を行う銀行です。会社の売買(M&A)や会社の資金調達のお手伝いなども行います。, リーマンブラザーズは負債額(借金の事)64兆円というアメリカ市場の最大の倒産となりました。, これだけ大きな金額の借金を抱えて倒産してしまったので、アメリカだけでなく世界中の銀行にも影響を与えたのです。, 1994年頃は10人に6.4人が住宅を購入していたのですが、2004年頃には10人7人近くが住宅を持っている計算でした。, ご存知かと思いますが、家は毎月お金を支払って借りる「賃貸」と、銀行からお金を借りる(ローン)事で購入する「所有」があります。, 家を建てるために建築会社は住宅建築のために資材を大量に購入する。といった一連の流れが起きたのです。, 「返済できなくなったら家を売ってもらえば良いので、所得が低い人にもローンを組んでもらう!」, 低所得者の方々はもしかしたら返済がきなくなってしまうかもしれないので、金利が高く設定されています。, アメリカの平均的な住宅ローン金利は6~7%だったのですが、サブプライムローンは2~3%上乗せされていました。, 銀行側としては金利を高く設定する事で、例えば100人お金を借りるとして1人が返済できなくても残りの99人がちゃんと返済してくれれば儲かる仕組みになっています。, 2004年頃から住宅ローンのうち1割がサブプライムローンが占めていたと言われていて、その額は150兆円ほどにものぼっていました。, 銀行からすると最初に5,000万円を渡しているので、5,000万円の現金が無くなってしまいます。, 銀行は証券会社や投資銀行にAさんにお金を貸している権利「債権」を売ったりすることができるのです。, 証券会社や投資銀行はAさんがお金を返済できなくなった場合でも住宅が担保としてついているので、, サブプライムローン問題でも複数のサブプライムローンを組み合わせて、不動産担保証券を作って、, さらに、その不動産担保証券を担保にした商品を作って・・・さらにうまくいかなった時のために保険商品を作って・・・, アメリカの債券を格付けする会社も、『サブプライムローンを裏付けにした不動産担保商品は安全!』とお墨付きを与えていたので、世界中の金融機関は安心して購入してしまっていたのです。, となってしまった頃には、金融機関は「複雑になり過ぎていてどれだけ損失が出るのかわからない」といった不安から, みずほ銀行は5,650億円の損失を計上、世界全体で96兆円もの損失額をだしてしまいました。, みずほ銀行の5,650億円を見ると途方もない金額に思えますが、日本は長引く不況でこういった証券商品には手をあまり出していなかったので、損失額は世界的に比べると少ない方なのです。, 投資銀行のリーマンブラザーズはサブプライムローンを証券した商品を大量に抱えていたため、住宅バブル崩壊と同時に, アメリカの銀行と取引をしていた世界中の金融機関にまで連鎖的に金融危機が起きました。, 各国の政府は税金を投入して、銀行の資本を増やしたり損失保証を行いましたが、人々の生活にまで影響を与えるほどの経済危機となったのです。, 当時、2008年のリーマンショックはリーマンブラザーズで働いていた従業員すら当日まで倒産の事を知らされておらず、, 日本でも影響は大きく、銀行は「貸し渋り」と言われる現象で中小企業へ融資をしなかったり、人々はローンが組めないために高額な商品を購入しなくなったりと実体経済にまで影響を与えました。, この頃、アメリカでは「Too big to fail(大きすぎて潰せない)」という言葉が流行り、, 金融機関が1つ潰れてしまうと、他の金融機関にも連鎖的に大きな影響を与えてしまい、潰したくても潰せないという(税金を投入せざるを得ない)という認識が広まりました。, それまで投資銀行などの金融機関は高給取りで知られていて、役員のボーナスが10億円なども当たり前だったため, その後はリーマンショックの反省を生かして、金融機関にはそれまで以上に厳しい規制が設けられるようになりました。, リーマンショックは2,000年以降の住宅バブルと低所得者向けのサブプライムローンが発端で起きた金融危機です。, 問題は金融機関がサブプライムローンを商品化して複雑にして、世界中の金融機関に売りつけた事です。, 【固定】大学受験の日本史勉強方法のまとめです。少しでも受験生の力になれればと思い、私が半年で早稲田に受かった勉強方法をまとめてみました。RTやいいね!してくださるとブログ更新の励みになります。#日本史#大学受験 https://t.co/tfSa7l0JgX, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 高校3年生の6月から日本史を初めて勉強して偏差値40→72。現役で早稲田大学に合格しました。大学受験で日本史を勉強している人を応援しています!.

プロンプター ニュース, サイクル&カヌー アマンダスポーツ, 工藤美桜 インスタグラム, スーツ シーズン8 マイク 降板, 2006年 ロッテ, ミッドナイトランナー 日本 ネタバレ, 奥羽大学歯学部 学費, 第 26回 エリザベス女王杯, イラク サッカー なぜ強い, 高校サッカー 福岡 注目選手 2020,

カテゴリー:

2020年12月4日