スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

日ハム 成績 投手

チーム投手成績; チーム投手成績 . チーム投手成績; チーム打撃成績; リーグ投手成績; リーグ打撃成績; 個人成績. スポニチアネックス 2020/11/7 5:30. プロ野球・北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供し … プロ野球・北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供し … プロ野球・北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供し … ロッテ5位、東海大相模・西川 「ガッツ」誰にも負けん! 高校の先輩、日本ハム・大田が目標. 対戦成績; 投手; 野手 ; 監督・コーチ; ツイート; シェア; 新着ニュース. 北海道日本ハムファイターズの投手成績(投球回順) - ファーム(二軍)。他では見られないプロ野球の詳しいデータを掲載。チーム成績、選手成績。 八木 智哉(やぎ ともや、1983年11月7日 - )は、神奈川県横浜市保土ケ谷区出身の元プロ野球選手(投手)。左投左打。義理の弟は総合格闘家の徳留一樹[1]。現在は、中日ドラゴンズのスカウトを務めている。, 小学2年の時、地元横浜市の軟式野球チーム「くぬぎ台レッドパンサーズ」で野球を始めた。中学時代はヤングリーグ「横浜旭ベースボールクラブ」に所属し全国大会出場。山梨県の日本航空高等学校に進学し、3年夏に第83回全国高等学校野球選手権大会に出場する。初戦の鳴門工戦で11奪三振を記録して3回戦に進出した。, 創価大学に進学後、1年時からベンチ入りし大学通算35勝。4年時の2005年の全日本大学野球選手権大会では49奪三振の大会新記録を樹立する。同年11月2日の横浜市長杯争奪関東地区大学野球選手権大会白鷗大学戦で完全試合を達成し、希望入団枠制度で北海道日本ハムファイターズに入団(同年11月7日公示)。, 2006年、3月31日のオリックス・バファローズ1回戦に先発し、5回0/3無失点でプロ初勝利。4月15日の福岡ソフトバンクホークス4回戦では延長10回まで無安打無得点に抑えた(0-0のまま降板したため、勝利投手にはなっていない。その後、武田久→マイケル中村と継投。この両投手も安打を許さず、2リーグ制以後初となる継投でのノーヒットノーラン達成となった。また、「史上初めて延長まで安打も得点も許さないまま途中降板する」という珍記録も残ることとなった[2])。才能が開花し始めたダルビッシュ有とともに先発の柱として12勝を挙げ、プレーオフ第2戦、日本シリーズ第2戦でもそれぞれ勝利投手となり、リーグ優勝と日本一に貢献した。同年のパ・リーグ新人王に選出された。11月18日に大学時代から交際していた一般人女性と入籍し、翌年の長男誕生後、12月9日に披露宴を行う[3]。, 2007年も開幕から先発ローテーション入りしたが、中盤に左肩痛で離脱。夏場近くに昇格するも不調で再度離脱。終盤に復帰したが状態は上がらず、わずか15試合で4勝6敗、防御率4.54と成績を落とし、チームはリーグ連覇したがポストシーズンでの登板はなかった。, 2008年はプロ入り後初の開幕二軍となった。左肩痛の影響で終盤に2試合投げ1勝1敗で終わった。, 2009年5月5日の千葉ロッテマリーンズ4回戦で雨天により5回コールド「完封」、翌週のクリネックススタジアム宮城で完投勝利。同年は規定投球回には到達しなかったが、9勝を挙げチームの2年ぶりのリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは東京ドームでの読売ジャイアンツ戦で第4戦に先発し、5回1失点の好投で新人の2006年以来となる勝利投手となった。チームは第5戦、6戦と敗れ日本一を逃した。, 2010年3月26日に先発するも5回9失点(自責点8)と乱調。翌週の登板も4回で失点2被安打7与四死球2と調子が上がらず、二軍降格となった。6月24日に再度一軍登録され、7月7日には7回2失点でシーズン初勝利を収めた。9試合の登板で1勝に終わった。, 2011年は序盤の3試合に先発したが、その後は一軍での登板機会がなくそのままシーズンを終えた。, 2012年4月に3年ぶりの完封勝利を挙げるなど前半戦は好調を維持しローテーションを支えた。しかし8月に入ると打ち込まれるようになり、3試合でわずか4回1/3を投げたのみで二軍へ降格し、その後は一軍での登板はなかった。, 2013年1月25日に木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との交換トレードで糸井嘉男とともにオリックス・バファローズへ移籍[4]。6月27日に移籍後初先発を果たすも、2回を投げ5失点と結果を残せず[5]、翌日登録抹消された。9月に入って2度先発するも、いずれも結果を残せなかった。結局、この3試合の登板に終わり、プロ入り初のシーズン未勝利に終わった。, シーズンオフの12月4日に契約更改が予定されていたが、八木本人は更改日を「9日」と勘違いしていたため、契約更改交渉を欠席した[6]。同月9日に改めて契約更改交渉を行うも、0勝2敗という結果もあり、減額制限いっぱいの25%ダウン提示で更改した[7]。, 2014年はセ・パ交流戦シーズンに入った5月24日に、広島東洋カープ戦に先発するも、1回2/3を投げて被安打4、1失点という内容で、翌日に一軍登録を抹消される。7月に再度昇格すると初めて中継ぎで2試合投げた。だが21日に二軍へ降格。10月28日、戦力外通告を受ける[8]。, NPB他球団での現役続行を視野に、2014年11月9日に第1回の12球団合同トライアウト(静岡県草薙総合運動場硬式野球場)へ参加。オリックスからの戦力外通告直後から『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』(TBSテレビ)のスタッフが八木や家族への密着取材を実施していたため、同年12月30日の放送では、トライアウトで登板した模様などが紹介された。, 2015年、一軍公式戦の開幕からローテーションをの一角に入ると、移籍後2試合目の先発登板であった4月4日の対広島戦(ナゴヤドーム)で、広島先発の黒田博樹を相手に7回無失点と好投。一軍公式戦ではプロ入り後自身初の2桁奪三振も記録した末に、日本ハム時代の2012年7月26日に対ソフトバンク戦(ヤフードーム)以来982日振りの勝利を挙げた[10]。以降の先発登板試合では打ち込まれることも多く、一軍公式戦通算では14試合の登板で、4勝6敗、防御率3.92という成績にとどまった。ただし、すべての勝利を対広島戦で挙げたことから、「(広島)カープキラー」として脚光を浴びるようになった。, 2016年には、8月26日の対広島戦に先発。6回1失点の好投をしたものの、一軍公式戦への登板はこの試合のみだった。ウエスタン・リーグ公式戦では、23試合に登板したものの、0勝2敗で防御率5.23という成績に終わった。, 2017年には、7月30日の対阪神戦(ナゴヤドーム)に先発すると、一軍公式戦680日振りの勝利を記録。しかし、一軍公式戦での登板が3試合にとどまったことから、10月3日に球団から戦力外通告を受けた。通告の当初は、国内外を問わずに他球団でプレーを続ける意向を表明。しかし、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で12球団合同トライアウトが開かれていた11月15日に、現役引退を表明した[11]。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[12]。, 中日の球団職員へ転身。2017年11月29日には、球団の編成部へ配属されることが発表された。2018年からは、スカウトとして活動する[13]。, 2018年現在、日本ハムが出場した歴代の日本シリーズにおいて、ビジター(セ・リーグ本拠地)の試合で勝利投手となった先発投手は、2006年第2戦(ナゴヤドーム)、2009年第4戦(東京ドーム)で先発し勝利投手となった八木のみである。(東映時代は除く), http://www.nikkansports.com/baseball/f-bb-tp0-20071209-293521.html, http://www.47news.jp/news/2014/10/post_20141028162002.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=八木智哉&oldid=79647603, 初安打・初打点:2006年5月19日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、5回表に. 八木 智哉(やぎ ともや、1983年 11月7日 - )は、神奈川県 横浜市 保土ケ谷区出身の元プロ野球選手(投手)。 左投左打。義理の弟は総合格闘家の徳留一樹 。 現在は、中日ドラゴンズのスカウトを務めて …

牛乳 キャンペーン, スポーツ科 高校 東京, 坂本勇人 グッズ, 将棋ソフト 無料 Mac, スイーツ食べ放題 埼玉, ティファニー トランプ 身長, プロンプター レンタル 東京,

カテゴリー:

2020年12月4日