スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

ワシントンdc 何州

ハリー: 夏休みはどこに行ったの? というわけで今回はワシントンD.C.・ワシントン州・ ワシントン郡の違いを 調べてみました。, この3つの「ワシントン」はどれも 初代アメリカ大統領ジョージワシントンから きています。, まずはワシントンD.C.・ワシントン州・ ワシントン郡がそれぞれどこにあるのか、みておきましょう。, メリーランド州とヴァージニア州に挟まれた、 ポトマック川河畔に位置する小さな都市です。, 博物館も多く、アメリカの政治と文化を 同時に感じられるとして 人気の観光スポットでもあります。, 日本語では「コロンビア特別区」と呼ばれ、どこの州にも属さない連邦議会の直轄地です。, 世界地図でいうとアメリカの左上に位置しており、アメリカ合衆国西海岸最北部の州です。, 州都はオリンピアですが、 経済面でも知名度でもシアトルのほうが 有名ですね(*^-^*), シアトルといえば、 あのイチロー選手が所属していた シアトルマリナーズがあるので、 知っている方も多いのではないでしょうか。, アメリカにはあらゆるところに ワシントンの名前がついた町があり、現在31の州に存在しているというわけです。, ワシントン群のワシントンも、 すべて初代大統領ジョージワシントンから きています。, その結果、新しく都市をつくることとなり、 アメリカ大陸を発見したコロンブスにちなんで 『コロンビア特別領』が今のワシントンD.C.に 誕生しました。, いくどかの地方自治区の変遷を経ながら、 コロンビア特別領はどこの州にも属さない 特別な地域のまま成長。, 1800年の第1回連邦議会で直轄地『コロンビア特別区』として議決され、 『ワシントンD.C.』と呼ばれるようになりました。, ご旅行の際はうっかり間違えて 別のワシントンに行かないように、 注意してくださいね(*^-^*). アメリカ国内の新型コロナウィルス(covid-19)感染状況、州別感染者数、州知事命令などの情報をcnnの情報を元に日々更新して提供。数値は、米ジョンズ・ホプキンス大データを利用。渡航規制や入国規制などの情報もまとめています。 いまや全世界一といってもいい超大国アメリカ合衆国。その首都がワシントンD.Cであることはみなさんご存じのことでしょう。 ではワシントンD.Cの「 D.C 」って何の略でしよう? 残念ながらダ・カーポの略でもデカい・シティの略でもありません。 ワシントン州の州都は「オリンピア」だが、ワシントン州の最大の都市は、MLBのシアトル・マリナーズやマイクロソフト、スターバックスなどの本拠地として知られる「シアトル」である。. 日本では、「首都ワシントン」「ワシントン市」などと呼ぶことも多い。, ワシントン州は、カナダに接する西海岸最北部にある州。 Attorney General: All Guns Must Be Registered”, https://web.archive.org/web/20081011085230/http://blog.washingtonpost.com/dc/2008/06/dc_attorney_general_all_guns_m.html, District of Columbia Employment Projections by Industry and Occupation, 2002-2012, Wage and Salary Employment by Industry and Place of Work, Federal Government, Excluding the Postal Service, Metropolitan Area Employment and Unemployment: May 2008, Top 200 Chief Executive Officers of the Major Employers in the District of Columbia, http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune500/2007/states/DC.html, “2006 Mayor's Challenge: Where Are the Best Metros for Future Business Locations?”, http://www.expansionmanagement.com/smo/newsviewer/default.asp?cmd=articledetail&articleid=17713&st=3, Leading Indicators of Gentrification in D.C. http://books.google.com/books?id=5Q81AAAAIAAJ, Residence Act: Primary Documents in American History, Statement on the subject of The District of Columbia Fair and Equal Voting Rights Act, Saving History: Dolley Madison, the White House, and the War of 1812, A Brief Construction History of the Capitol, http://books.google.com/books?id=ZlIMAAAAYAAJ, Historical Census Statistics on Population Totals By Race, 1790 to 1990, Statutes at Large, 41st Congress, 3rd Session, Measuring Worth - Relative Value of US Dollars, Anniversary of Washington, D.C. as Nation’s Capital, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/04/05/AR2008040501607.html, “Congress creates board to oversee Washington, D.C.”, http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=990CE7DB1739F93BA35757C0A963958260&sec=&spon=&pagewanted=all, Al-Jazeera offers accounts of 9/11 planning, White House target of Flight 93, officials say, “A Long-Awaited Opening, Bringing Closure to Many”, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/11/AR2008091100579.html, “Built On A Swamp and Other Myths of D.C.”, http://blog.washingtonpost.com/rawfisher/2006/04/built_on_a_swamp_and_other_myt.html, Science In Your State: District of Columbia, U.S. National Arboretum History and Mission, C&O Canal National Historic Park: History & Culture, “Eagle Population Up, But Prime Habitat Threatened”, http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=7805391, Average Weather for Washington, DC — Temperature and Precipitation, “Bulk of Flooding Expected in Old Town, Washington Harbour”, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/06/27/AR2006062701527.html, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/06/30/AR2006063001316.html, http://www.tulsaworld.com/news/article.aspx?articleID=20080221_1_A2_hhpsp76588, “Planned Rosslyn Tower Might Be Hazard, FAA Says”, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/12/07/AR2006120701790.html, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/06/21/AR2005062101632.html, Residential Architecture of Washington, D.C., and Its Suburbs, District of Columbia - Race and Hispanic Origin: 1800 to 1990, Population of the 100 Largest Cities and Other Urban Places in the United States: 1790 to 1990, “Washington’s Black Majority Is Shrinking”, http://www.nytimes.com/2007/09/16/us/16washington.html?_r=1&oref=slogin, The World in a Zip Code: Greater Washington, D.C. as a New Region of Immigration, http://www.washingtonblade.com/2008/5-16/news/localnews/12599.cfm, “Study Finds One-Third in D.C. Illiterate”, http://www.breitbart.com/article.php?id=d8nvbuv81&show_article=1, Data Center Results: District of Columbia, Selected Social Characteristics in the United States: 2006, District of Columbia Denominational Groups, 2000, “Washington Officials Try to Ease Crime Fear”, http://www.nytimes.com/2006/07/13/us/13deecee.html?n=Top%2FReference%2FTimes%20Topics%2FPeople%2FW%2FWilliams%2C%20Anthony%20A, “Citywide Crime Statistics Annual Totals, 1993-2005”, http://mpdc.dc.gov/mpdc/cwp/view,a,1239,q,547256,mpdcNav_GID,1556.asp, District celebrates historically low homicide rate, Uniform Crime Reports>2012 Crime in The United States>Violent Crime>Table4, Uniform Crime Reports>2019 Crime in The United States>Violent Crime>Table4, MPD Annual Report - 2017 Homicide Analysis, “Baltimore, Prince George's Reign as State's Murder Capitals”, http://somd.com/news/headlines/2007/5809.shtml, Seventh District Crime Statistics Annual Totals, 2001-2005, Citywide Crime Statistics Annual Totals, 1993-2005, “Supreme Court Strikes Down D.C. Ban on Handguns”, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/06/26/AR2008062600615.html, “D.C. アメリカの土地に詳しくない人は、ワシントンD.C.という首都とワシントン州、二つのワシン トンがあることに混乱しがちです。ワシントン州の首都がワシントンD.C.というわけではない ので、英語で「どこから来ましたか?」を意味する「where are you from?」と誰かに聞いた 時、「I come from Washington.」と言われると、どちらのワシントンか分からない場合がある でしょう。 アメリカには「コロンビア」という名の群が各地にあるが、特に、ワシントン州のコロンビア群は「ワシントン・コロンビア特別区」と混同しやすく、ややこしい。 ワシントンD.C.は、アメリカで唯一どこの州にも属さない連邦政府直轄の特別区で、連邦議会議事堂や大統領官邸のホワイトハウス、連邦最高裁判所などの中央官庁が置かれている。 ツイート. Modern Language Association. 2020.03.08. Tax Scandal At $44.3 Million, Analysis Finds”, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/story/2007/12/02/ST2007120200563.html, General Election Results – Dictrict of Columbia, Individuals Living or Working in U.S. 2011年1月ビンセント・グレー (Vincent C. Gray) が第6代のワシントンD.C.政府の市長に就任し現在に至っている。, 1995年までに、市は債務超過のため支払不能になりかけていた[32]。これを受けて、連邦議会はコロンビア特別区財政管理委員会を設立し、市のすべての支出を監督させることとした[35]。特別区は、2001年9月に財政管理権限を回復し、同委員会の活動は中止された[36]。, 2001年9月11日、テロリストがアメリカン航空77便をハイジャックし、ワシントンD.C.郊外のバージニア州アーリントンにある国防総省(ペンタゴン)に航空機を突入させた。ユナイテッド航空93便もホワイトハウスまたは連邦議会議事堂のいずれかを標的としていたが、同機はペンシルベニア州シャンクスヴィル近くで墜落した[37][38]。ペンタゴンへの攻撃が行われた場所には、2008年9月11日、ペンタゴン記念館がオープンした[39]。, ワシントンD.C.は、全部で68.3平方マイル (177 km2) の市域を有し、そのうち61.4平方マイル (159 km2) が陸地、6.9平方マイル (18 km2, 10.16%) が水面である[40]。特別区は、当初100平方マイル (260 km2) の面積を有していたが、1846年に南の一部をバージニア州に返還したため、この面積となっている。現在の市域は、メリーランド州から割譲された領域のみから成っている[41]。そのため、ワシントンD.C.は南東・北東・北西をメリーランド州に、南西をバージニア州に囲まれている。特別区内には、三つの大きな天然の河川がある。ポトマック川、アナコスティア川、ロック・クリークである。アナコスティア川とロック・クリークはポトマック川の支流である[42]。北西部のポトマック川河畔にはダンバートン・オークスが位置する。, 合衆国首都設置法は、ワシントン大統領に、東はアナコスティア川の河口までの範囲で新しい首都の正確な位置を選ぶ権限を与えた。しかし、ワシントン大統領は、区の南端にアレクサンドリア市を含むようにするため、この連邦の領域の境界を南東に動かした。1791年、連邦議会はワシントン大統領の選んだ区域を認めるため、合衆国首都設置法を修正し、これによりバージニアから割譲された領域も含まれることとなった[43]。この場所は、多くの利点を有していた。ポトマック川は特別区まで航行可能であり、船による交通が可能であった。また、アレクサンドリアとジョージタウンの既成の港は、市にとって重要な経済的な基盤を提供した。さらに、内陸の特別区は、北西部領土に近かった[43]。1791年から1792年にかけて、アンドリュー・エリコットとベンジャミン・バネカーが特別区の境界を調査し、1マイルごとに境界石を設置した。その多くが今も残っている[44]。, 一般に伝えられるところとは異なり、ワシントンD.C.は沼地を埋め立てて建設されたわけではない[45]。確かに二つの川とその他の小川に沿って湿地が広がっていたものの、特別区の領域のほとんどは農地と樹木に覆われた丘から成っていた[43]。特別区内で、自然の状態で最も高い地点は、海抜125メートルのテンリータウンである[46]。最も低い地点は海水面と同じポトマック川である。ワシントンD.C.の地理的な中心点は、北西地区の4番ストリートとLストリートの交差点付近に位置する[47]。, アメリカ合衆国国立公園局は、ロック・クリーク公園、チェサピーク・オハイオ運河自然歴史公園、ナショナル・モール、セオドア・ルーズベルト島、アナコスティア公園など、ワシントンD.C.の自然生育地のほとんどを管理する[48]。国立公園局による管理外の重要な自然生育地としては、農務省の管轄である国立森林公園があるのみである[49]。ポトマック川の上流(ワシントンD.C.の北西)にはグレイト・フォールズ (Great Falls) がある。19世紀には、輸送船の交通がこの滝を迂回できるようにするため、ジョージタウンに端を発するチェサピーク・オハイオ運河が用いられた[50]。, 1965年、リンドン・ジョンソン大統領はポトマック川を「国の恥」と呼び、1966年の清流回復法 (the Clean Water Restoration Act) の必要性を訴える材料とした[51]。現在では、この川は活気のある暖水漁業の場となっており、自然に繁殖したハクトウワシも川岸に戻った[52]。高度に都市化した景観にもかかわらず、ワシントンD.C.は、都市における野生生物の管理、外来種の管理、都市流水の回復、都市流水における水エコロジーなどの研究の中心地となっている[53]。国立公園局の都市エコロジーセンターは、この地域における専門的知見と応用科学を提供する場となっている[54]。, ワシントンD.C.の気候は、ケッペンの気候区分によれば温暖湿潤気候 (Cfa) であり、これはアメリカの中部大西洋岸諸州のうち海域から離れた地域に典型的に見られる気候である。四季がはっきり分かれており、春と秋は温暖で湿度も低いのに対し、冬は低温が続き、1年に平均 420mm も降雪量がある[55]。冬の最低気温は、12月中旬から2月中旬にかけては零下 1℃ (30°F) くらいになることが多い。まれではあるが、猛烈な吹雪が2、3年ごとにワシントンD.C.を襲い、最低気温は −15℃ を下回る。最も激しい嵐は、ノーイースターと呼ばれ、これはアメリカ東海岸全体に影響を及ぼすのが普通である[55]。夏は高温多湿になる傾向があり、7月と8月の日中最高気温は平均 30℃ 前後(80°F台)である[56]。夏には高温・多湿という組み合わせのため、激しい雷雨が非常に頻繁に発生し、場合によってはこの地域に竜巻を発生させることもある。, ハリケーン(熱帯低気圧)ないしそれが温帯低気圧化したものが、夏の終わりから初秋にかけてこの地域を通過することが時々ある。ワシントンD.C.は内陸に位置していることもあって、ハリケーンはここに来る頃には勢力が弱まっていることが多い。しかし、満潮・高潮・雨水が合わさることによって引き起こされるポトマック川の氾濫は、ジョージタウンやバージニア州アレクサンドリア近くにまで大規模な財産的被害をもたらすことが知られている[57]。, 記録されている史上最高気温は1930年7月20日と1918年8月6日の 41℃ (106°F) である。史上最低気温は1899年2月11日の零下 26.1℃ (−15°F) であり、これは1899年の記録的猛ふぶき (the Great Blizzard) の時のものである。32℃ (90°F) を超える日数は平均36.7日であり、氷点下になる夜は平均64.4日である[55][56]。, ワシントンD.C.は計画都市である。ワシントン市の設計は、ピエール・シャルル・ランファンの労によるところが大きい。ランファンはフランス生まれの建築家・技師・都市設計家であり、当初、軍の技師としてラファイエットと共にアメリカ植民地に来た。1791年、ランファンはバロック様式を基に基本計画を作成した。これは、環状交差路から放射状に広い街路が伸びているものであり、開かれた空間と景観作りを最大限に重視したものであった[注 5]。しかし、20世紀初頭には、開放された公園と壮麗な国の記念建造物というランファンの都市計画の構想は、スラム街や乱開発された建物によって損なわれてしまっていた。その中にはナショナル・モールの中の鉄道の駅もあった[25]。1900年、連邦議会は、ジェームズ・マクミラン上院議員率いる両院合同協議会を設置し、ワシントンD.C.の儀礼の中心地の美化に当たらせた。マクミラン計画として知られるこの計画は1901年に仕上がり、その中には連邦議会議事堂の敷地やナショナル・モールの景観再整備、新しい連邦の建物・記念館の建設、スラム街の一掃、全市を横断する新しい公園のシステムの構築が含まれていた。委員会から任命された建築家たちは市の本来の設計には手を加えなかった。建築家たちのなすべきことは、ランファンの意図したデザインの壮大な仕上げをすることであると考えられた[25]。, 1899年に12階建てのカイロ・アパートメント・ビルが建設された後、連邦議会は建造物の高さを制限する法律 (the Heights of Buildings Act) を可決し、連邦議会議事堂より高い建物を建ててはならないと宣言した。この法律は1910年に改正され、建物の高さが、面する道路の幅員に20フィート (6.1m) を加えた長さを超えないよう規制された[60]。今日、ワシントンD.C.の建物群のシルエットは低く広がっており、トーマス・ジェファーソンの、ワシントンD.C.を「低層で便利な」建物と「明るく風通しのよい」街路を備えた「アメリカのパリ」にしたいという願いに忠実である[60]。その結果、ワシントン記念塔がずっとワシントンD.C.で最も高い建造物のままである[61]。しかしながら、ワシントンD.C.の高さ制限は、同市で廉価な住宅が限られていることやスプロール現象による交通問題の発生の最大の原因であるとして、批判されている[60]。ワシントンD.C.の高さ制限を逃れるため、ダウンタウンの近くとしては、ポトマック川の対岸にあるバージニア州ロズリンに高層の建物が建てられることが多い[62]。, ワシントンD.C.は四つの地区 (quadrant) に不均等に割られている。北西地区 (Northwest)、北東地区 (Northeast)、南東地区 (Southeast)、南西地区 (Southwest) である。各地区の境界を画す軸は連邦議会議事堂から放射状に伸びている[63]。すべての通りの名称には、地区名の省略形(NWなど)が付いており、その場所を明らかにしている。市内のほとんどの地域で、街路は碁盤目状に整備されており、東西方向の通りにはアルファベットで(例えばC Street SW)、南北方向の通りには数字で(例えば4th Street NW)名前が付けられている[63]。環状交差路から放射状に伸びる街路には、主に各州の名前が付けられており、50州すべてが名称の中に含まれている。ワシントンD.C.の街路の中には、特に注目すべきものがある。ペンシルベニア大通り は、ホワイトハウスと連邦議会議事堂を繋いでおり、Kストリートには多くのロビー団体の事務所が入居している[64]。ワシントンD.C.には172か国の外国の大使館[65]があるが、そのうち57の大使館はマサチューセッツ通り (Massachusetts Avenue) の地区にあり、正式名称ではないが大使館通り (Embassy Row) として知られている[66]。, ワシントンD.C.の建築物はバラエティに富んでいる。アメリカ建築家協会が選ぶ2007年の「アメリカ建築傑作選」では、10位までにランクされた建物のうち6つがワシントンD.C.にある[67]。すなわち、ホワイトハウス、ワシントン大聖堂、トマス・ジェファーソン記念館、連邦議会議事堂、リンカーン記念館、ベトナム戦争戦没者慰霊碑である。これら6つの建築はすべて新古典主義、ジョージ王朝様式、ゴシック様式および近代建築のスタイルを反映しており、他のワシントンD.C.の主要な建物も同様である。特筆すべき例外としては、第二帝政様式によるアイゼンハワー行政府ビル(旧行政府ビル)やアメリカ議会図書館などがある[68]。, ワシントンD.C.の中心市街を離れると、建築様式はさらに多様化する。「オールド・シティー」(ランファンによって設計された地域)では、歴史的建造物は主にアン女王様式、シャトーエスク様式、リチャードソン・ロマネスク様式、新ジョージア王朝様式、ボザール様式、また様々なビクトリア朝様式で設計されている。オールド・シティーでは19世紀からのロウハウス(長屋)が特に目立っており、連邦様式や後期ビクトリア朝様式に従うものが多い[69]。ジョージタウンは、ワシントン市よりも先に建設されたため、この地域はワシントンD.C.の中でも最も古い建築物を誇る。ジョージタウンのオールド・ストーン・ハウスは1765年に建てられ、市内で最古の遺構となっている[70]。もっとも、この地域における現在の住宅のほとんどは1870年代になって初めて建てられたもので、当時の後期ビクトリア朝様式を反映している。1789年に創立されたジョージタウン大学は、周囲の建物とはさらに一線を画しており、ロマネスク様式とゴシック・リヴァイヴァル建築が融合した建築が特徴である[68]。, 2010年の国勢調査によれば、ワシントンD.C.の居住者人口は601,723人で、2000年国勢調査の572,059人以来、増加傾向が続いている。これは50年来の減少傾向からの反転である[2]。他方、労働時間帯には、近郊からの通勤により、ワシントンD.C.の人口は推計で71.8%膨らみ、日中人口は100万人を超えるとされている[71]。周辺のメリーランド州やバージニア州の一部を含むワシントン首都圏は、2010年の国勢調査で約558万人の居住者を抱える[2]。ボルチモア及びその近郊も併せたワシントン・ボルチモア・北バージニア広域都市圏は、2010年の国勢調査では850万人を超える居住者人口を抱えている[2]。, 以下にワシントンD.C.における1800年から2010年までの人口推移を表およびグラフで示す[72]。, 2010年における人口の割合は、50.7%がアフリカ系アメリカ人(黒人)、38.5%がコーカサス系(白人)、9.1%がヒスパニック(人種は様々)、4.4%がその他(インディアン、アラスカ先住民、ハワイ先住民、南洋諸島先住民など)、3.5%がアジア系、2.9%が混血である[2]。黒人はワシントンD.C.で最も多くを占めるものの、郊外へ去る者が多いため、その人口は一貫して減少傾向にある。同時に、ワシントンD.C.で昔から黒人の居住地域だった多くの場所が高級住宅化していることもあり、白人の人口は一貫して増加傾向にある[73]。このことは、2000年と比べて、アフリカ系アメリカ人の人口が6.2%減少し、反対にコーカサス系は13.8%増加していることに表れている[74]。移民の主な出身地としては、エルサルバドル、ベトナム、エチオピアなどがあり、エルサルバドル人はマウント・プレザント近辺に集まっている[75]。, 2000年の国勢調査によって、ワシントンD.C.の成人のうち推計3万3000人が自らをゲイ、レズビアンまたはバイセクシュアルだと考えていることが明らかになった。これは市の成人人口の8.1%に当たる[76]。このようにLGBTの人口は相当大きく、また政治的風土もリベラルだが、連邦議会における反対論も原因して、同性結婚はワシントンD.C.の法律では認められていない[77]。しかし、家庭内パートナーシップ法 (Domestic partnership law) によって、同性のカップルも、他の法域で認められているシビル・ユニオンと似た法的取り扱いを受けることができる[77]。, 2007年の報告によって、ワシントンD.C.の居住者の3分の1が機能的非識字(仕事や日常生活上の読み書き能力が不十分な状態)であることが分かった(全国における割合は5分の1)。英語に習熟していない移民もその一つの原因であると考えられている[78]。2005年に行われた研究では、ワシントンD.C.の5歳以上の居住者のうち85.16%が家で英語のみを使用しており、8.78%がスペイン語を使用していることが分かった。フランス語がそれに次いで1.35%である[79]。機能的文盲率の高さとは対照的に、ワシントンD.C.の居住者のうち45%が少なくとも4年制大学の学位を持っており、国内で4番目に高い割合である[80]。, また、2000年のデータによると、半数以上の居住者が自分をキリスト教徒だと考えている。28%がカトリック、6.8%が南部バプテスト連盟、1.3%が正教会(ギリシャ正教)又は東方諸教会、21.8%が他のプロテスタント教派である。イスラム教徒は人口の10.6%、ユダヤ教徒は4.5%、26.8%は無宗教である[81]。, この地に先住したインディアン部族はコノイ族、デラウェア族、ナンチコーク族、ポウハタン族、ショーニー族、サスケハンナ族など。そのことごとくがアメリカ政府に虐殺され、19世紀には他州へと強制移住させられた。この地に残ったインディアン部族はすべて「絶滅部族」とみなされ、保留地 (Reservation) を没収されていて、部族単位では存在しないことになっている。, 1944年にワシントンD.C.に結成された「アメリカインディアン国民会議 (National Congress of American Indians)」は、インディアン寄宿学校で白人同化教育を受けた、全米のインディアンたちによる初の本格的なロビー運動組織である。彼らは「大声でほえまくる赤い番犬」と呼ばれたが、活動自体は保守的で、AIM などとは違い、若い世代からは「白人寄り」と批判された。, 2004年には、この地に全米のインディアン部族の文化展示を目的とした「国立アメリカ・インディアン博物館」が開設された。, 現在のところ、ワシントンD.C.でインディアン部族が運営する「インディアン・カジノ」は一軒もない。同地ではインディアン部族は存在しないことになっており、今後も開設される望みは薄い。, ワシントンD.C.にはアメリカ内務省、BIA(インディアン管理局)がある。BIA は内務省の出先機関で、インディアン部族の公認権限を持ち、彼らに「連邦が保留した土地」(Reservation) を「与え」、その保留地に管理官を駐在させて部族政府の監視・管理を行う行政機関で、インディアンの生殺与奪権を握るアメリカ合衆国内のインディアン行政官庁の総元締めである。, 1824年の発足以来、BIA はインディアンの権利を搾取する官僚組織として腐敗し続け、インディアンたちからは、「インディアンのバスティーユ監獄」と呼ばれた。1973年のラコタ・スー族の「ウーンデッド・ニー占拠」の際には腐敗したオグララ部族政府を援助し、部族政府によるスー族へのテロ弾圧を支援している。このBIA局長には20世紀になってからインディアンから選ばれるようになったが、官僚機構の中の傀儡、お飾りに過ぎず、しばしば部族会議との癒着などが批判されたのである。, ポーニー族出身のBIA副長官、ケビン・ガバー(1997年 - 2001年まで就任)が、2世紀近くにわたる内務省BIAの対インディアン政策の犯罪性を認め、その施政を正式に民族浄化だとし、「歴史的謝罪」を行ったのは、ようやく21世紀を前にした、2000年になってからのことであった。, 1972年、全米最大のインディアン権利団体「アメリカインディアン運動 (AIM)」は、ワシントンD.C.にある「アメリカインディアン国民会議」の建物に対議院活動事務所の設置を企画し、ニューメキシコに本部を置く「全米インディアン若者会議 (National Indian Youth Council)」と合同で「破られた条約の旅 (Trail of Broken Treaties)」を決行した。, この「破られた条約の旅」は、10月末の大統領選の日に合わせてロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコの三地点から自動車キャラバン隊が同時出発し、途中各地のインディアン保留地で文化交流を行うとともに参加者を募り、ワシントンD.C.まで行進するという平和的な非暴力要求デモだった。ミネソタ州セントポールで合流した一隊は、インディアンと連邦政府間の条約事項の尊重と権利の保護を20項目の条文にまとめ、10月3日、ワシントンD.C.に到着し、内務省BIA本部ビルへ向かった。彼らは内務省BIAに以下の20項目の要求を突きつけた。, しかし、内務省はこの「破られた条約の旅」への一切の援助を禁ずる通達を各官庁・団体に出し、これを無視する構えを採った。インディアンデモ隊はやむなく BIA本部へ押し掛け、ここにバリケードを張ってビル占拠を行った。彼らは20項目の要求を BIA に突きつけ、籠城・交渉は一か月続いた。インディアンたちは「我々はここを死守する。死ぬにはもってこいの日だ」と宣言、死を覚悟して顔を塗装して「死の歌(インディアンたちの辞世の歌)」を歌い、ビルを包囲した警官隊との睨み合いは全米に連日中継報道された。, アメリカ合衆国は大統領選を控え、強硬策を回避した。11月7日、リチャード・ニクソン大統領が再選され、内務省は20項目について検討することを条件に翌日の占拠解除を求める手打ちを行った。インディアンたちは帰路の経費6万4千ドルを要求、ニクソン大統領は選挙予算からこれを支出した。, AIM のデニス・バンクス、ラッセル・ミーンズらは BIAビル占拠中に、BIA とその傀儡である各地の保留地の部族政府との癒着、不正経理、横領を示す重要書類をごっそり持ち帰り、BIA を激怒させた。以後、内務省は反AIMキャンペーンを行いこれを攻撃した。, 1977年、カーター政権で、アメリカ上下院はインディアン絶滅方針を強化し、「部族に対する連邦公認の打ち切り」、「保留地の縮小・解消」、「自治権の剥奪」などの重要法案が次々に議会小委員会に提出された。これに危機感を募らせた AIM のデニス・バンクスは、この絶滅政策に対抗する運動として、アルカトラズ島からワシントンD.C.までの命がけの徒歩横断行進を提唱、全米のインディアン・非インディアンに呼びかけ、大きな賛同と志願者を得た。これは「インディアン移住法」下での、涙の道などの19世紀の全米のインディアン部族に対する保留地強制移住を再現させる試みでもあった。, 1978年2月11日、アルカトラズ島占拠事件の記念の地であるアルカトラズ島を起点に「第1回ロンゲスト・ウォーク(最長の徒歩)」は決行され、極寒と酷暑の中を徒歩で大陸横断すべく、インディアンとその賛同者の白人、黒人、アジア人、また豪州のアボリジニなど各国の先住民たちが一路ワシントンD.C.を目指した。インディアンたちは伝統の儀式でこの行進を鼓舞し、朝夕に欠かさずパイプによる精霊への祈りを捧げた。, 1978年7月15日、5カ月かけた大陸徒歩横断ののち、4000人に膨れ上がった行進隊はついにワシントンD.C.に到着。このニュースは全米に報じられた。そしてこの非暴力抗議運動は、議会の反インディアン法案を黙らせたのである。以来「ロンゲスト・ウォーク」は毎年続けられている。, 1990年代初頭に凶悪犯罪の波が訪れた時、ワシントンD.C.はアメリカの「殺人首都」 (murder capital) として知られ、殺人事件の発生数において、ルイジアナ州ニューオーリンズとしばしば肩を並べていた[82]。謀殺(計画的殺人)の発生件数は1991年に482件だったが、1990年代を通じて犯罪の激しさは大幅に緩和した。2006年までに、市内における謀殺の件数は169件にまで減少した[83]。窃盗や強盗など各種の財産犯も、同様の割合で減少した[84]。 ブラッド: ワシントン市だよ。君は? Ameba新規登録(無料) ログイン. Neighborhoods, The Reynolds Center Frequently Asked Questions, Architectural Chronology of the Patent Office Building, “Lights Return to‘Black Broadway’ in Northwest Washington, D.C.”, https://web.archive.org/web/20110610144435/http://travel2.nytimes.com/2006/09/10/travel/10surfacing.html?ref=travel, http://www.washingtonpost.com/ac2/wp-dyn?pagename=article&contentId=A8247-2001Jun1¬Found=true, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/discussion/2007/02/07/DI2007020701569.html, “Black Cat: A changing club with a changing scene in a changing city”, http://www.georgetownvoice.com/2004-09-09/feature/black-cat-a-changing-club-with-a-changing-scene-in-a-changing-city, “Newspaper Circulation Continues to Decline”, http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/05/02/AR2005050201457.html, Local Television Market Universe Estimates, “Sweeping national study finds blacks in U.S. diverse, optimistic”, http://www.usatoday.com/news/nation/2008-06-26-Blacksurvey_N.htm, https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201910310000334.html, Introduction to the FY 2007 Budget and Financial Plan, U.S. Park Police Authority and Jurisdiction, “Poor Management, Federal Rule, Undermine Services”, http://www.washingtonpost.com/wp-srv/local/longterm/library/dc/mismanage/manage20.htm, District Government Achieves Balanced Budget and Clean Audit Opinion for FY 2003, “D.C.

仕様書 書き方 ゲーム, 英語 語順 練習問題, 充電器 収納 壁掛け 100均, 学童 子供 ストレス, ヴォクシー 70系 純正ナビ, 御徒町 海鮮丼 ランチ, 3dsll 液晶 修理 自分で, 食パン 型抜き アンパンマン, エレクトロラックス 乾燥機 エラーコード, ベアミネラル 口コミ 悪い,

カテゴリー:

2020年12月4日