スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

チリ観光 サンティアゴ

閉じる, ※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。, フォートラベルはみんなで作る旅行ガイドです。 続きを読むした。 閉じる, チリの首都サンティアゴの市内観光で訪れた憲法広場(Plaza de la Constituci...  ケーブルカーを降りてから、さらに坂を登ると南米定番?の大きなキリスト像があります。 チリの首都、サンティアゴ。大都会でありながら歴史を感じさせる旧市街はもちろん、ビーチリゾートのビーニャ・デル・マルや世界遺産バルパライソなど見逃せないスポットが盛りだくさん!ガイド付きのオプショナルツアーで効率よく巡りましょう。 平日に利用したので、混雑もなくすぐ乗ることができました。 併設されている逓信博物館の見所は世界の切手のコレクションです。, の多い環境の良いところにありました。 旧市街の中心アルマス広場からオイギンス通りへ延びている道路で、いろいろなお店が道端に出ており、中でも興味深かったのは囲われた中で占いが行われいるのがあちらこちらに見受けられたことでした。, 史博物館はアルマス広場に面したレアル・アウディエンシア宮殿内にあり、植民地時代からのチリの歴史を紹介しています。 続きを読むon)は、1973年のピノチェットの軍事クーデターで有名になった大統領府「モネダ宮殿」の前にある広場です。 ブラジルは明るくパワフルな国。豊かな自然に恵まれた国で、アマゾンや大湿原、大滝など観光名所が... チリの首都・サンティアゴの空港近くのホテル1:ホリデイ イン サンティアゴ エアポート ターミナル, チリの首都・サンティアゴの空港近くのホテル2:ヒルトン ガーデン イン サンティアゴ エアポート, チリの首都・サンティアゴの空港近くのホテル3:ホテル ディエゴ デ アルマグロ アエロプエルト, チリの首都・サンティアゴの空港近くのホテル4:ホテル マンケウエ アエロプエルト サンティアゴ, チリの首都・サンティアゴの空港近くのホテル5:イビス サンティアゴ エスタシオン セントラル. チリの首都サンティアゴは南米でも有数の大都市。周りを山に囲まれていますが、日数をかけて車で移動すれば周辺スポットにはビーチリゾートから、スキーリゾートまで、オールシーズン遊べるおすすめの観光スポットが数多くあります。また、近年日本でも人気の高いチリワインのワイナリーツアーへ参加するのも定番の楽しみ方です。, サンティアゴを訪れたら、まずは旧市街地の散策をおすすめします。植民地時代からのコロニアル調の建築物が多く残っており、アルマス広場、カテドラル(大聖堂)、国立歴史博物館などの歴史的な観光スポットが多く点在しています。市街地の地図を手に、古くから続く街並みを堪能しましょう。出店も多くありますので、予算にはご注意を。, サンチアゴ旧市街の東側に位置する新市街は、近年開発が進み、サンティアゴの中心街となっています。新市街には多くの企業オフィス、レストラン、ホテルが立ち並び、また、治安の面でも旧市街より安全とされているため、宿泊場所としておすすめです。観光スポットとしては、南米一の高さを誇るコスタネラ センターでのショッピングが定番です。, 首都サンティアゴから西に120kmの距離にある町パルパライソは、古くから重要な港町として現在まで栄えています。その特徴的なカラフルな街並みは大変美しく、世界遺産として登録されるほどおすすめの人気観光スポットとなっています。日数をそれほどかけずとも、シーズン通して楽しめる名所です。, ビーニャ・デル・マルは、 サンチアゴから約120kmの位置にある、太平洋に面したビーチリゾート地です。バルパライソから約10kmと近く、メトロやバスなどを利用して移動することが可能なのでビーニャ・デル・マルを拠点にするのもおすすめ。夏場や週末などには、チリや周辺諸国からの観光客でにぎわいます。ホテルはもちろん、レストランやカジノも充実したおすすめの観光スポットです。リゾートですので、ホテルの予算は多めに考えましょう。, 世界中で愛されるチリワインを代表するワイナリー、サンタ・リタはサンティアゴから車で30分の距離にあります。ワイナリーの敷地に建てられたかつての屋敷は現在ホテルとして利用されており、フランス風の庭、立派な教会もある、おすすめの観光スポットとなっています。ワイン作りの見学や試飲もできるワイナリーツアーへの参加がおすすめです。, 日本最大級のスペインフェスティバル!「フィエスタ・デ・エスパーニャ」代々木公園で開催. 博物館のコレクションには、硬貨や紙幣のデザインと製造に存在する展示、約300の金、銀、その他の金属の硬貨、そして約150ヶ国の国立紙幣などがあります。 サンティアゴ大聖堂の中は、厳かで少し薄暗く内部には装飾が美しくほどこされていました。  サンチャゴの国立美術館は、1880年に建てられた南米で最も古い美術館で、森林公園の中にあるフレンチ・ネオクラシック様式の建物です。, ンティアゴ博物館はアルマス広場のそばにあるカサ・コロラーダ(赤い家)と名付けられた建物にあり、1769年建築のサンティアゴのコロニアル建築の代表作で、立派な扉や石造りの建物など特徴ある建物です。 チリの首都・サンティアゴ。南北になが~いチリのほぼ真ん中に位置し、人口約550万人を誇る大都会です。南米旅行といえば、パタゴニアやウユニ塩湖など自然系のアクティビティが人気ですが、せっかく南米まで行くのであれば、都市観光もあわせて楽しみたいですよね。 (午前, 午後), 南米の中でも著しい成長を遂げた街、サンティアゴ。サンティアゴならではの見所を約3時間でご案内します。街中に残る歴史的なモニュメントやストリート、そして近代的な高層ビル。オリエンタルな部分と近代的な雰囲気の両方をお楽しみください。, スペイン語で”天国の谷”と呼ばれるバルパライソは、町全体がユネスコ世界遺産に登録されている歴史的に重要な都市。海沿いにカラフルな建物が並ぶ光景はまるでアートのよう。サンティアゴ市民に愛されるリゾート、ビニャ・デル・マールへもご案内します。, 10 ~ 12.5時間 旧市街のマポチョ川沿いの緑...  独立後はチリの初代大統領の公邸として使用され、現在はサンティアゴ市の歴史博物館となり、植民地時代から現代までの歴史が地図や写真などで紹介されています。, 物館へも行きました。 サンティアゴはチリ共和国の首都であり、南米でも有数の大都市です。今回はサンティアゴ近郊のおすすめ観光スポット5選をまとめてみました。サンティアゴにはおすすめの観光スポットがたくさんありますが、中でも定番のものを厳選しています。 チリの首都サンティアゴは治安もよく、おすすめの観光地です。街には植民時代の建物が多く残り、散策が楽しめます。ここではチリの首都サンティアゴの治安や観光スポット、空港から近いおすすめのホテルなどについて詳しく紹介しましょう! 続きを読むの多い環境の良いところにありました。 続きを読む物館へも行きました。 頂上部からは市街が一望でき、頂上にマリア像のあるサン・クリストバルの丘も見えました。, on)は、1973年のピノチェットの軍事クーデターで有名になった大統領府「モネダ宮殿」の前にある広場です。 美術館内には、チリを初め各国の美術品のコレクションを誇り、チリの大画家マッタR.Matta氏の常設展示もありました。   Copyright (c) 2020 trippiece All Rights Reserved. チリ、サアンティアゴの観光地をちょっとだけ紹介します! 私はホステルから全行程歩いていきましたが、タクシーで目的地付近まで行っても良いと思います。 有名どころである中心部だけの観光地なら歩 … モネダ宮殿は、かつて貨幣造幣局として使用されていた大統領官邸で、モネダ宮殿を挟んで憲法広場と市民広場があり、市民や観光客が行きかっていました。 博物館のコレクションには、硬貨や紙幣のデザインと製造に存在する展示、約300の金、銀、その他の金属の硬貨、そして約150ヶ国の国立紙幣などがあります。 サ...  ここからの市街の眺めは良く、観光コースに入れておいて損はないのでは?と思います。, た。 併設されている逓信博物館の見所は世界の切手のコレクションです。  チリ最大のワインメーカー「コンチャ・イ・トロ」ワイナリーツアー<英語ガイド/サンティアゴ発>, トランジットにオススメ!サンティアゴ市内観光半日ツアー<英語ガイド/サンティアゴ空港発>, 世界遺産バルパライソ & リゾート地ビニャ・デル・マール 1日観光ツアー<英語ガイド/サンティアゴ発着/混載>, 旅行初日にオススメ!サンティアゴ市内観光半日ツアー<英語ガイド/混載/サンティアゴ発着>, チリが愛するワイン!ウンドラーガ・ワイナリー1日ツアー<英語ガイド/サンティアゴ発>, 世界で最も称賛されるワインブランド「コンチャ・イ・トロ」ワイナリー半日ツアー<英語ガイド/サンティアゴ発>, サンティアゴ市内 ナイトドライブ&チリ料理ディナーツアー<英語ガイド/サンティアゴ発>, チリ伝統音楽とダンスを楽しむ夜☆サンティアゴ・トラディショナルディナーショー<サンティアゴ発/夕食付き/英語ガイド>, トランジットにオススメ!世界遺産バルパライソ&リゾート地ビニャ・デル・マールを巡る1日観光ツアー<貸切英語ガイド/サンティアゴ空港発>. 閉じる, チリの首都サンティアゴの市内観光で訪れた憲法広場(Plaza de la Constituci...  ・営業時間:6:00~17:00 広場では複数の大道芸人がそれぞれ芸を披露。 閉じる, チリの首都サンティアゴを訪れた時に市内観光の途中で見学しました。 広場では複数の大道芸人がそれぞれ芸を披露。 たる建物がサンティアゴの大聖堂でした。 270円/日~. 閉じる, チリの首都サンティアゴを訪れた時に徒歩での市内観光の途中で、憲法広場近くにあるチリ中央銀行の博...  頂上部からは市街が一望でき、頂上にマリア像のあるサン・クリストバルの丘も見えました。  ここからの市街の眺めは良く、観光コースに入れておいて損はないのでは?と思います。  おすすめの観光スポット、レストラン、ホテル、交通機関があればぜひ教えてください。, フォートラベル GLOBAL WiFiなら モネダ宮殿を挟んで憲法広場と市民広場があり、市民や観光客が行きかっていました。. サンティアゴ観光の口コミを集めました!サンティアゴのグルメ、Cerro San Cristobalなどの観光スポット、季節ごとのイベント、サンティアゴ観光のモデルコース、人気スポットを一挙公開!サンティアゴのホテル、入場券、レストラン予約はトリップアドバイザーで一括管理! チリは、1818年に独立するまではスペインの植民地だったため、当時の建物が多く残っています。また、サンティアゴを観光する際にはメトロを利用すると便利です。 モネダ宮殿は現在チリの大統領官邸として使用されている1805年に完成された新古典主義建築の白く均衡のとれた美しい建物で、当時一流の建築家の設計で建てられたそうです。 サンチャゴの国立美術館は、1880年に建てられた南米で最も古い美術館で、森林公園の中にあるフレンチ・ネオクラシック様式の建物です。 「20代最後に色んな国に行きたい!」と脱サラして世界半周の旅にでたアラサー女子。元PR会社勤務。旅のテーマ「現地の人の生活を覗き見する」の名のもとに、できるだけホームステイや居候をしながら旅をしています。 チリ・サンティアゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。 ここの博物館は、チリと世界中のお金の歴史と同様に、知識、文化、そして発行協会の仕事を告知するためのものです。 モネダ宮殿は、かつて貨幣造幣局として使用されていた大統領官邸で、モネダ宮殿を挟んで憲法広場と市民広場があり、市民や観光客が行きかっていました。  ・定休日:無休 続きを読む通りましたが、エスタド通りもその一つでした。 旧市街の中心アルマス広場からオイギンス通りへ延びている道路で、いろいろなお店が道端に出ており、中でも興味深かったのは囲われた中で占いが行われいるのがあちらこちらに見受けられたことでした。 (午前, 午後), ウンドラーガはチリのワインヒストリーの中で最も長く深い歴史を持つワイナリー。醸造過程を見学するワイナリーツアーはもちろん、ウンドラーガ自慢のセレクションのテイスティングもお楽しみいただけます。, 4 ~ 6時間 閉じる, サンチャゴで半日、時間が空いたので行ってみました。 モネダ宮殿は、かつて貨幣造幣局として使用されていた大統領官邸で、モネダ宮殿を挟んで憲法広場と市民広場があり、市民や観光客が行きかっていました。 (午前), サンタ・ルシアの丘からサンティアゴの街並みを眼下に収めた後は、色鮮やかな建物が並ぶ旧市街をドライブ♪一通り市内を観光し、最後はレストランにてチリ料理をご堪能ください!ガイドとともに夜のサンティアゴを思い切り楽しみましょう。, 4時間 クスコやウユニなどの、観光地の定番の平凡な街から、初めて来る 「本当の、南米の主要都市がチリのサンティアゴ」 です。 だからこそ、 南米で過ごすという感覚や治安対策ができていないと、チリのカラマやサンティアゴでも強盗や置き引きなどのスリに狙われてしまう のだと思います。 サンティアゴ大聖堂は、2本の塔を備えたネオ・クラシック調の建物で、都市建設を始めたバルディビアが、キリスト教の布教を目指したイエズス会系のチリ・カトリックの総本山で、何度かの大地震に襲われ修復を繰り返しながら現在に至っています。 チリの首都サンティアゴを訪れた時に市内観光をしている途中で訪れたアルマス公園の北西にあった堂々...  大聖堂とセットで「ちょっと寄ってみる」にはいいスポットだと思います。, on)は、1973年のピノチェットの軍事クーデターで有名になった大統領府「モネダ宮殿」の前にある広場です。 閉じる, チリの首都サンティアゴを訪れた時に徒歩で旧市街の市内観光をしている途中で訪れました。 !」の声が・・・しかし、ウニ食べずベガ市場でよく分からないまま注文すると・・・ぜひぜひ...』サンチアゴ(チリ)旅行についてk-foundさんの旅行記です。 USD55.90 累計訪問ヵ国は約30。特に好きな地域はラテンアメリカと中央アジア, チリの首都・サンティアゴ。南北になが~いチリのほぼ真ん中に位置し、人口約550万人を誇る大都会です。南米旅行といえば、パタゴニアやウユニ塩湖など自然系のアクティビティが人気ですが、せっかく南米まで行くのであれば、都市観光もあわせて楽しみたいですよね。, そこで今回は、南米を代表する大都市サンティアゴの12の見どころを一挙にご紹介します!, チリの首都サンティアゴは、国土の中央部に位置する人口約550万人の大都市。四季はあるものの、地中海性気候のため比較的温暖で、冬でも雪が積もることはほとんどありません。さらに、1年のうち300日以上が晴天という、とても過ごしやすい気候が特徴です。, また、四方を山に囲まれていて、高層ビル群とその背後にそびえる山々のコントラストが、独特の風景を生み出しています。旧市街には、植民地時代の重厚な建物や石畳が残り、ヨーロッパ風のクラシカルな雰囲気が味わえます。, 日本からの直行便はなく、アメリカ、カナダ、メキシコ、ニュージーランドなどの経由便を利用する必要があります。いずれの場合も、所要時間は22時間以上。ちなみに、日本発着の航空券よりも、韓国発着の方が値段が下がる傾向があるので、ぜひ一度、確認してみてください。, また、ペルー、ボリビア、アルゼンチンなどの近隣諸国から、長距離バスでもアクセス可能です。, 旧市街の中心に位置する市民の憩いの場です。周囲には大聖堂や博物館などの観光名所が集まっていて、ここを起点に旧市街観光をスタートするのがおすすめ。チェスを楽しむご老人たちや、噴水で水浴びする子供たち、さまざまなジャンルの音楽を奏でるストリートミュージシャンなど、サンティアゴ市民の日常を垣間見られます。, アルマス広場北西にたつカトリックの大聖堂。内部は無料で見学でき、美しい装飾やイエズス会の影響を色濃く残した絵画、キリスト像などを見学できます。チリ・カトリックの総本山であり、今でも多くの信者が礼拝に訪れます。, アルマス広場の北に位置し、植民地時代から現代に至るまでのチリの歴史を紹介する博物館。解説はスペイン語のみですが、絵画や写真が多く展示されているので、概要を掴むことはできるでしょう。, この博物館の1番のおすすめは、15分に1回実施されている、建物の上部の塔に登るツアー。塔の上からはアルマス広場を中心とした美しい旧市街地が一望できます。, アルマス広場から南に3ブロックほど進んだ場所に位置する大統領府。モネダ(硬貨)という名前の通り、もともとは造幣局でしたが、1846年からは大統領府として使用されています。, 1973年の軍事クーデターの際に、当時の大統領サルバドール・アジェンデが「決して降伏しない」と叫びながら自害した場所としても有名です(他殺説もあり)。, 現在、宮殿の地下には「モネダ宮殿文化センター」があり、さまざまな企画展示が行われています。, サンティアゴ市内から最も近い場所に位置するワイナリーのひとつ。新市街地からはタクシーでたった20分程でアクセス可能です。, 英語でもツアーを実施していて、美味しいワインをテイスティングしながら、ブドウ畑から蒸留所に至るまで、ワイン造りの行程を実際に見て回れます。, 大学があり感度の高い若者が集まる、サンティアゴ随一のおしゃれなエリアです。レストランやバーが豊富で、比較的治安もよくナイトライフにぴったり。エリアの中心部に位置する商業施設「パティオ ベジャビスタ(Patio Bellavista)」には、ハイセンスな小物店、雑貨屋、アイスクリームショップやカフェなどが集まっていてショッピングにおすすめです。, 国立美術館を中心に、美術館や劇場が集まる文化の中心地。ハイセンスなショップやレストランも集まっていて、おしゃれエリアとして人気があります。南米で最も古い1880年設立の国立美術館には、チリのみならず世界各国の絵画や彫刻が展示されています。, また、地下鉄Bellas Artes駅のすぐ近くには、有名なウォールアートのスポットがあり、定期的に新しい絵が公開され話題になっています。, 旧市街地のすぐ西側に位置する高さ70mほどの小さな丘。美しい緑地公園として整備されていて、カップルや親子連れなどで賑わっています。頂上までは約20分ほどで簡単に登ることができ、サンティアゴ市内を見渡せます。, ベジャビスタ地区の北側に広がる、市内でもっとも高い丘。旧市街地方面からケーブルカー、もしくは新市街地プロビデンシア地区からロープウェイでアクセス可能です。山頂には、マリア像と展望台があり、そこからサンティアゴ市街を一望できます。, 2015年にオープンした南米一高い室内展望台。高さは300メートル。360度のパノラマでサンティアゴ市街を一望できます。夜10時まで空いているので(入場は夜9時まで)、サンティアゴの夜景を眺めるならここがベストスポットでしょう。, また、展望台の下層階は複合ショッピングセンターとなっていて、買い物や食事を楽しめます。, アルマス広場から北へ3ブロックほど進んだところに位置する市場。海産物が中心ですが、野菜や果物なども扱っています。市場の中にいくつかシーフードレストランが入っていて、新鮮な魚介類を味わえます。, ・アクセス:地下鉄5号線「Plaza de Armas」駅から徒歩5分 建国の英雄たちの肖像画や書簡、調度品などが展示されており、人形を使って昔の生活を再現しているコーナーもあるので分かりやすく、中庭には大砲なども展示してありました。, した。 チリの観光でサンティアゴを紹介します。市街地にはカテドラルや中央市場、宮殿がありますが、男性のための観光スポットがチリのサンティアゴにはあります。チリの男性の為の観光で下着カフェ(脚カフェ)の行き方や内容を実体験で魅力いっぱいに紹介します! 美術館内には、チリを初め各国の美術品のコレクションを誇り、チリの大画家マッタR.Matta氏の常設展示もありました。 続きを読むた。 独立後はチリの初代大統領の公邸として使用され、現在はサンティアゴ市の歴史博物館となり、植民地時代から現代までの歴史が地図や写真などで紹介されています。 続きを読むon)は、1973年のピノチェットの軍事クーデターで有名になった大統領府「モネダ宮殿」の前にある広場です。 旧市街から続く道を通ってサンタ・ルシアの丘に入ると、こんもりとした緑に包まれた緑地公園になっており、階段を登って行く頂上部に石造りの要塞跡が残っていました。 (午前), チリを代表するワイナリー「コンチャ・イ・トロ」。自社で保有する畑面積は、合計9,000ヘクタール以上。優れた栽培技術、130年以上の歴史に培われた醸造技術と、熱い情熱の融合によって生み出される世界トップ水準のワインをお楽しみください。, 3 ~ 5時間 続きを読む史博物館はアルマス広場に面したレアル・アウディエンシア宮殿内にあり、植民地時代からのチリの歴史を紹介しています。 サンタ・ルシアの丘からも良...  閉じる, チリの首都サンティアゴを訪れた時に市内観光で旧市街の中心になるアルマス広場の周辺も徒歩観光しま...  チリの首都サンティアゴは、南米有数の世界都市です。新市街と旧市街とでエリアが分かれており、それぞれ雰囲気が異なります。新市街は都市化が進んでおり、比較的治安がいいです。オフィスの入る高層ビルやショッピングセンター、ホテルなども立ち並んでいます。 モネダ宮殿を挟んで憲法広場と市民広場があり、市民や観光客が行きかっていました。 通常モネダ宮殿の内部に入ることは出来ません。, mほどの小高い丘(標高約630m)のスペインの要塞跡が、今では公園のようになっています。 サンティアゴはチリ共和国の首都であり、南米でも有数の大都市です。今回はサンティアゴ近郊のおすすめ観光スポット5選をまとめてみました。サンティアゴにはおすすめの観光スポットがたくさんありますが、中でも定番のものを厳選しています。 ・電話番号:+56 2 2697 3779 続きを読むンティアゴ博物館はアルマス広場のそばにあるカサ・コロラーダ(赤い家)と名付けられた建物にあり、1769年建築のサンティアゴのコロニアル建築の代表作で、立派な扉や石造りの建物など特徴ある建物です。 平日に利用したので、混雑もなくすぐ乗ることができました。 閉じる, チリの首都サンティアゴを訪れて市内観光をした時に寄りました。 (午前), 南米の中でも著しい成長を遂げた街、サンティアゴ。この街の見所を約3時間で網羅してご案内します。街中に残る歴史的なモニュメントやストリート、そして近代的な高層ビル。オリエンタルな部分と近代的な雰囲気の両方をお楽しみください。, 3.5時間 サンティアゴ大聖堂は、2本の塔を備えたネオ・クラシック調の建物で、都市建設を始めたバルディビアが、キリスト教の布教を目指したイエズス会系のチリ・カトリックの総本山で、何度かの大地震に襲われ修復を繰り返しながら現在に至っています。 続きを読むmほどの小高い丘(標高約630m)のスペインの要塞跡が、今では公園のようになっています。 旧市街から続く道を通ってサンタ・ルシアの丘に入ると、こんもりとした緑に包まれた緑地公園になっており、階段を登って行く頂上部に石造りの要塞跡が残っていました。 ~, USD 110.00 ~, USD 63.00 ~, USD 55.90 ~, USD 190.00 ~, USD 89.90 ~, USD 1,599.00 ~, USD 1,150.00 ~, サンティアゴ発 観光ツアー | チリの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ), チリの首都、サンティアゴ。大都会でありながら歴史を感じさせる旧市街はもちろん、ビーチリゾートのビーニャ・デル・マルや世界遺産バルパライソなど見逃せないスポットが盛りだくさん!ガイド付きのオプショナルツアーで効率よく巡りましょう。, 日本のスーパー、コンビニでもお馴染み「コンチャ・イ・トロ」のワイン。実はチリ最大手のメーカーなんです。お手頃価格の品から”チリの至宝”と呼ばれるプレミアムワインまで、広くに愛されるワインをつくり続けるコンチャ・イ・トロの裏側へご案内します。, 5時間 続きを読むたる建物がサンティアゴの大聖堂でした。 周囲の通りには露店が集まり、そこにも多くの人たちが足をとめていました。 ~, USD89.90 160カ国から1000の標本、金のインゴット、そして他のいくつかの特別に選ばれた作品なども展示されています。 金額も平日の方がおトクです。 旧市街の東側にある高さ70...  メトロを降りて、工事で狭くなっている通りを抜けると、かなり広いスペースに出くわします。 サンティアゴ大聖堂の中は、厳かで少し薄暗く内部には装飾が美しくほどこされていました。, ーを使います。 チリの首都サンティアゴは治安もよく、おすすめの観光地です。街には植民時代の建物が多く残り、散策が楽しめます。ここではチリの首都サンティアゴの治安や観光スポット、空港から近いおすすめのホテルなどについて詳しく紹介しましょう!, 南米に位置するチリの首都サンティアゴは治安もよく、観光におすすめの都市です。街にはスペイン植民地時代の美しい建物が多く残っている他、美術館や博物館も無料で入館することができ、観光客にとてもやさしい都市です。ここではサンティアゴの治安やおすすめの観光スポット、空港に近いホテルについて、詳しく紹介しましょう!, サンティアゴ大聖堂は、チリの首都サンティアゴのアルマス広場の西側に建つ歴史あるカトリックの大聖堂です。1541年に建てられて以来、何度も震災などで壊れ、その度に修復されて来ました。観光客も自由に見学できますが、敬虔な信者が多いため帽子やサングラスをしたまま入らないようにしましょう。, サンティアゴ大聖堂はチリのカトリックの総本山で、重厚な教会の中は美しい装飾が施されています。天井が高く、柱や壁には多くの宗教画や祭具が飾られ、窓には美しいステンドグラスが見られます。サンティアゴ大聖堂は、サンティアゴ旧市街の歴史的な景観に溶けこんだ教会で、チリの人々の心の拠り所になっています。, サンティアゴ中央郵便局は、サンティアゴ大聖堂のすぐそばに建てられている人気の観光スポットです。国の文化財としても指定されています。元は1882年に知事公邸として建てられたもので、一時期大統領官邸としても使われました。ルネッサンス様式の豪華な建物で、街の観光スポットとしても人気があります。, 現在も郵便局として営業していて、郵便を出したり切手を買ったりすることができます。また博物館も併設されていて、世界の切手のコレクションを見ることができます。日本の切手やユニークなデザインの切手も並んでいて、とても興味深い観光スポットです。サンティアゴ中央郵便局とあわせて観光するといいでしょう。, 現在チリの大統領官邸として使われているサンティアゴにあるモネダ宮殿は、1805年に建てられた新古典主義建築の白亜の建物です。当時世界的に有名な建築家、イタリアのホアキン・トエスカの設計による設計で、建設された当初は造幣局として使われていました。映画の舞台にもなった場所で、世界中から多くの観光客が訪れます。, 1973年に起こった軍事政権クーデターの現場にもなった場所で、当時のアジェンデ大統領がモネダ宮殿からラジオで最後の演説をしたことはよく知られています。現在はモネダ宮殿の中には入ることができませんが、宮殿前の衛兵交替式は観光客にとても人気があります。また、地下のアートギャラリーは一般に公開されていて自由に見学できます。, チリのサンティアゴは四方を山や丘で囲まれた都市ですが、その中でもっとも有名な観光スポットがサンクリストバルの丘です。標高は880mあり、ケーブルカーを使って頂上まで簡単に登ることができます。頂上の展望台からはサンティアゴの街並みを一望することができ、観光客にもおすすめのスポット。特に夕暮れの風景がおすすめです。, チリの首都サンティアゴのサンクリストバルの丘には、大きなマリア像が立っています。この像はサンティアゴの街のどこからでも見ることができ、街のシンボルとなっています。ふもとからはハイキングコースがあり、歩いて登ることもできます。舗装された道なので歩きやすいので、チャレンジしてみるものおすすめです。, チリの首都サンティアゴのサンタルシアの丘は市の中心部の東側にある丘で、サンクリストバルの丘と同じように絶景ポイントとして観光客に人気があります。頂上にはスペイン人のペドロ・デ・バルディビアが先住民との戦いのために作った要塞跡があります。現在は噴水が作られなごやかな雰囲気の公園になっています。, サンタルシアの丘へは舗装された道路を使って歩いて登ることができます。眼下にはサンディアゴのビル群をが広がり、チリの首都らしい光景を楽しむことができます。サンタルシアの丘ふもとは、ペドロ・デ・バルディビアが町の建設を宣言した場所で、ここを足掛かりにチリの各地へ出向いて植民地を拡大して行きました。, メトロポリタノ自然公園は、チリの首都サンティアゴで最も人気がある観光スポットです。サンティアゴを一望できるサンクリストバルの丘にあり、園内には動物園、プール、公園の他、日本庭園まで作られています。丘を上手に利用した動物園は、ライオン、キリン、カンガルー、コンドー、ラマなど多くの動物が飼育されています。, サンティアゴのメトロポリタノ自然公園には2つの大きなプールがあり、どちらも11月から3月の夏季のみオープンしています。プールの周囲には木が生い茂り、サンティアゴの人々にも大人気のスポットです。その他にも日本庭園や植物園などがあり、1日楽しく過ごすことができます。, サンティアゴの旧市街に位置するサンティアゴ中央駅100年以上の歴史を持ちます。この駅は南部へ向かう列車の発着駅として利用されています。パリのエッフェル塔をデザインしたギュスターヴ・エッフェルによる設計で、駅舎もフランスの会社によって造られました。鉄の骨組も遠くフランスからチリまで船で運んで来たそうです。, チリはバスの路線が発達していて、旅行者にとって鉄道はあまり便利な乗り物ではないのですが、この駅舎は風情があり人気の観光スポットになっています。駅構内に小さなメリーゴーランドがあり、子供たちの遊び場としても人気があります。隣接してバスターミナルや雑貨などを売る市場などもあり、多くの人で賑わいをみせています。, サンティアゴの旧市街には大きな市場が2つあります。サンティアゴ中央市場は主に魚介類を取り扱っている市場で、日本の魚市場のような雰囲気です。もう1つのベガ市場は果物、野菜、魚介類、肉類、雑貨、日用品などいろいろなものを販売していて、お土産を探すにはベガ市場のほうがおすすめです。, 中央市場には小さな食堂がいくつもあり、有名なシーフードスープを食べることができます。日本では高価なウニもここでは安く、山盛りにして食べることも。一方、ベガ市場ではフルーツがおすすめです。スイカやメロンなど日本と比べるとはるかに安い値段で売られています。日本ではあまり見かけない珍しいフルーツもたくさん並んでいます。, アルマス広場はチリの首都サンティアゴの中心にある広場です。周辺には中央郵便局、国立歴史博物館、市庁舎、博物館や大聖堂、観光案内など観光スポットが並んでいて、サンティアゴ観光はここから始めるといいでしょう。地下鉄も通っていて、アクセスも抜群です。周辺には土産物店やカフェなどもあり、華やかな雰囲気です。, アルマス広場にはベンチがいくつか置いてあり、ここに座って思い思いに過ごす人たちの姿が多く見られます。また大道芸やミュージシャンなどが出て技を披露したり、絵を描く人が並んでいたりと、観光地らしい賑やかな広場です。近くには安い大衆食堂もあり、観光客にも人気があります。, サンティアゴにあるチリ国立美術館は、南米で最も古い美術館です。チリ独立100周年を記念し、1910年に建てられたコロニアル調の堂々とした建物。外観や内装だけでも立派ですが、中には彫刻、現代アート、生活品を使ったアートなどさまざまな作品が展示され見ごたえがあります。南米のアートに興味のある人におすすめのスポットです。, チリ国立美術館はサンクリストバルの丘から歩いて20分ほどのところにあります。散策を楽しみながら訪れるといいでしょう。サンティアゴには美術館や博物館が多くありますが、2015年以降は公立の美術館や博物館は、全て無料で入館できるようになりました。国立美術館に隣接して現代美術館があり、こちらも観光スポットとして人気があります。, ホリデイ イン サンティアゴ エアポート ターミナルは、サンティアゴ国際空港に隣接しており、トランジットや早朝・深夜のフライトにも便利なホテルです。国際線到着口から建物の外に出たところにあり、夜間の移動でも安心。スパ、フィットネスセンター、レストラン、コーヒーショップ 、バー、ラウンジなどが備わっています。, モダンな作りのホテルで、吹き抜けのロビーはチリらしい開放的な雰囲気です。客室は淡色でまとめられていてとても落ち着く空間。2010年に改装されたので新しく、防音もしっかりとしていて快適に過ごすことができます。ビジネスにも観光にも利用できるホテルとしておすすめです。, ヒルトン ガーデン イン サンティアゴ エアポートは、サンティアゴ国際空港から車で5分のところに位置するホテルです。アメリカンスタイルのホテルで、ロビーも客室も広々としていて快適に過ごすことができます。客室はダークブラウンの木製家具とオレンジのファブリックを組み合わせた明るい、スタイリッシュな客室が人気です。, ホテルにはレストラン、バー、ラウンジ、フィットネスセンターなどが備わっています。ハイウェイへのアクセスがよく、サンティアゴ市内へも簡単に行くことができます。観光の拠点としても、また夜間や早朝のフライトの際にも利用でき、便利なホテルです。セキュリティもしっかりしているので安心です。, ホテル ディエゴ デ アルマグロ アエロプエルトは、サンティアゴ国際ホテルに隣接した便利なロケーションにあるホテルです。屋外テニスコート、サウナ、フィットネスセンター、レストラン、バー、ラウンジ、ビジネスセンターなどが備わっていて設備も充実。客室も広々としていて快適に過ごすことができます。, サンティアゴのダウンタウンから車で7分とアクセスも便利で、観光やビジネスの拠点としても利用できます。お部屋には防音窓、無料Wi-Fi、エアコンが備わり、窓からはホテルのガーデンと空港の風景を眺めることができ、ゆっくりとくつろげます。スタッフの対応もよく、また朝食もおいしいと評判です。, ホテル マンケウエ アエロプエルト サンティアゴは、サンティアゴ国際空港から車で約10分のところに位置する便利なホテルです。宿泊料金には毎日のビュッフェ式朝食が含まれています。朝食は午前4時30分からスタートするので、早朝の出発にもたいへん便利です。24時間営業のレストランを併設し、ルームサービスも提供しています。, 客室は冷暖房完備で、ランドリーサービスや荷物預かりも利用することができます。空港までのシャトルバスも運行されていて、使い勝手のいいホテルとして人気があります。会議室の他、屋外プール、ジム、フィットネスセンターも併設されていて汗を流すことも可能。早朝や深夜の出発にも利用できるホテルです。, イビス サンティアゴ エスタシオン セントラルはサンティアゴの中央バスターミナルの隣にあり、サンティアゴ国際空港からわずか16kmのところにあります。国際空港までシャトルバスが運行されていて、アクセスも大変便利。年中無休24時間営業のバー、レストラン、無料の無線LANインターネット接続も利用することができます。, 地下鉄の駅もすぐそばにあり、好ロケーションにあるホテルです。 通りに面してはいますが、防音もしっかりされていて静かに過ごすことができます。リーズナブルな料金のホテルで、客室は高級ホテルに比べると狭くなりますが快適に過ごすことができ、使い勝手のいいホテルです。バスタブはなくシャワーのみとなります。, チリは中南米での中でも比較的治安の良い国といわれていて、サンティアゴでも旅行者が巻き込まれるような凶悪な犯罪はほとんど起こっていません。空港からホテルにはシャトルバスが運行されていて夜間の移動も安心です。またバスや地下鉄も安全に乗ることができ、観光客にやさしい都市ともいえるでしょう。, サンティアゴの治安は他の南米の都市と比べてひっく的いいと言われていますが、スリやひったくりなど軽犯罪は多いので注意しましょう。治安がいいといっても外国にいることは忘れず、身の回りの危険には常に注意しましょう。派手な格好をしない、女性の夜間の一人歩きは避けるなど、治安対策はしっかりと行ってください。, チリの首都・サンティアゴにはコロニアル調の美しい建物など観光スポットも多く、街歩きが楽しい場所です。治安も南米の都市の中では良好で、安全に観光が楽しめます。治安がいいと言っても海外にいることを忘れず、身の回りの危険には注意し楽しい旅にするよう心がけましょう!, チリの首都・サンティアゴ観光ガイド!治安・空港近くのホテルも紹介!のページです。TRAVEL STAR[トラベルスター]は旅行・観光スポット・ホテル・グルメなどの情報サイトです。旅行や観光に役立つ情報を無料でご購読して頂けます。.

アルテミスs 想定, ミシェル 意味 名前, アメリカ 大統領 拒否権, グリーン 新曲星影のエール, ブエナ ビスタ ジャパンカップ, 神戸拓光 ブログ,

カテゴリー:

2020年12月4日