スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

スーパーシード バスケ

出場は決まってるからスーパーシードで、その試合の勝者とやるよ 874 バスケ大好き名無しさん (ワッチョイ bd5e-3XbD [116.83.46.210]) 2020/10/24(土) 12:46:24.58 ID:/k3IHFv20 今回の気になった言葉は高校野球シード校です。 この高校野球シード校のメリットは何なのでしょうか? そしてその高校野球シード校の決め方や、高校野球シード校はどこ?(九州)について書いていきたい … ワイルドカード(wild card)は、スポーツ競技における追加の特別参加枠(制度)、もしくはその対象者や対象チームのこと。主に、北米のプロ スポーツ リーグなどで行われているプレーオフ制度において、地区優勝チーム以外に与えられる追加枠を指す。. 高校バスケ選手たちのプレーは未熟さが見受けられるものの、将来、Bリーグの宝になる選手たちかも知れない。そんな原石を探すため、ぜひ高校バスケプレーヤーにも注目してほしい。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. 日本ストリートボールの聖地である代々木公園バスケットボールコートを舞台に、年齢・性別・国籍・キャリア及びカテゴリ一切不問の完全オープンエントリー制のビッグトーナメント、ALLDAY 5ON5 BASKETBALL TOURNAMENTがいよいよ今年で10周年!来る2015年5月16日(土)-17日(日)には記念すべき10周年大会となる33回目のALLDAYが開催される!日本全国さまざまなカテゴリからの参戦はもちろんのこと、とうとうお隣韓国からの挑戦者も登場する今回の10周年記念ALLDAY、さてどうなるか!?, さぁ、今回出揃ったトーナメント表を見てみよう。去年の10月に開催された前回のALLDAYのチャンピオンは、東京が誇るストリートボールの最強集団UNDERDOGだった。今大会は予選トーナメント免除のスーパーシードで登場!さらにトーナメントの隅に位置している横須賀米軍基地プレイヤーを中心としたTeam Yokosuka、国内プロ選手たちによるPRODIGY、千葉県柏が誇る勉族らは、かつてのALLDAY覇者たちでもちろん今大会の動向も見逃せない。さらにSUNDAY CREW、F’SQUAD、平塚ConnectionsといったこれまでのALLDAYを支えてきた看板チームたちに加えて、近年では東京若手の最注目チームとの呼び声も高いCrayonも予選2回戦から登場。さらに日本のストリートボールを席巻するSOMECITYで名を馳せるTOKYO BEAST、KIDROC、TEAM-S、420、NIRASAKI SPRITSなども参戦決定だ。, ALLDAYの見所のひとつでもある外国人プレイヤー主体のチームの参戦は、今大会は先に上げたTeam Yokosukaを加えて8チームが登場する。横須賀から新たに参戦するTEAM G MAやSPARE POCKET、女性プレイヤーで構成されたLady Patriots、フィリピン人とのミックスだというJAPINO、またTokyo Warriors、Love lifeといった伏兵加えて、とうとう海外から参戦を決めたのがFOS winner。NIKE KOREAが今回ALLDAYに送り込んできたのがこのFOS winnerである。事前情報によると韓国の大学・高校生プレイヤーがメインで3x3の国際ゲームでプレイしている選りすぐりの精鋭たちだという。, 関西の新たなプレイグラウンドとして注目が集まるHIGASHI OSAKA STADIUMを中心としたHOSや、現役プロ選手がロスター入りしているというTEAM OKAY、全国区プレイヤーや元プロ選手たちを擁する千葉のAvengersらも事前のエントリーでは実力派をアピールしてくれた。また、デフバスケットボールの関東オールスターメンバーによる地猿、日本人女子プレイヤーも参加する東京GOOLS、ALLDAYが開催されている原宿で働くファッショニスタたちによるBALLISTICといったユニークな面々も参戦も決定!, 総勢50チームの参戦が決まった今回のALLDAYももちろん2Days開催!まさに今の日本のストリートボールの最強決定戦のひとつであるALLDAYの10周年大会を見逃すな!, 10/4(SAT)に行われた予選の過ごしやすい天気から一転、関東にも上陸した台風18号の影響で無念の延期となった翌日のFINAL TOURNAMENT。その代替開催は10/19(SAT)と発表されたが、幸運にも日程変更によって脱落するチームはゼロとのコト。どのブロックも激戦、見どころ満載だった予選を勝ち上がった7チームに、ディフェンディングチャンピオン「PRODIGY」を加え行われるFINAL TOURNAMENTを、ALLDAY事務局が独断と偏見で斬る!, 平塚CONNECTIONS vs UNDERDOG 試合終了まで攻撃の手を緩めない精神力やスタミナ、そして危なげない試合運びが持ち味のチーム。高さのあるチームで「最初のヤマ」となる北陸学院に対しても、指揮官の原田裕作先生は「パワーでは負けない」と自信を見せる程の実力がある。, プレーが華麗なバスケ選手たちがコートを縦横無尽に駆ける姿は見ているだけでも楽しいものだ。 ストリートボールリーグ「SOMECITY TOKYO」のチャンピオンチーム「SIMON」がここで登場。今大会はシード権を失ったが、ベスト16ではブロックシードの「420」を撃破。元来5on5で力を発揮するチームだけに、悲願のALLDAY初優勝を狙う。迎え撃つは前回優勝、ALLDAYのディフェンディングチャンピオンチーム「PRODIGY」。5月の大会ではプロ選手も多々参加し、初出場・初優勝と旋風を巻き起こした。プロシーズンがスタートした今大会はメンバーチェンジ必至だが、幅広いバスケネットワークを持つだけに、どんな布陣で挑んで来るのか不安より期待の方が大きい。両チームは前大会の2回戦で対戦。当時のブロックシードは「SIMON」の方だったが、「PRODIGY」が寄せつけずに圧勝した。立場が入れ替わった因縁の対決。雪辱か、連勝か、注目の一戦。, TEAM Yokosuka vs F'SQUAD スーパーシードで話題に 藤枝明誠高等学校バスケ部 ... 高校バスケ選手たちのプレーは未熟さが見受けられるものの、将来、bリーグの宝になる選手たちかも知れない。そんな原石を探すため、ぜひ高校バスケプレーヤーにも注目してほしい。 勝っているチームが試合終盤になってもフルボッコするのも見苦しいが、残り一分・20点差で負けているチームがフルコートプレスorファウルゲームするのも見苦しい。そこはNBAみたいにボール保持して時計を流すような、潔さが欲しい。, 弱小校が強豪校に40分プレスかけられて268-0とか完全にイジメじゃねえか。ベンチの空気とか最悪だろ。ハーフマンツーとかにしてやれって思うけど。ハーフで70点差ならコールドでいいかもな。, 中学の時ある全国でも上位の高校と練習試合させてもらって 俺の中学も県ベスト4ぐらいだったが 1qで50-3とかになって絶望しか無かったわ しかも特にプレスかけてくる訳でもなく, 難しいよな 学生だから手を抜くなんてしたら問題なるし、せめてわざとファールトラブルになるとかしても良いんじゃねか, サッカーよりも惨劇になりやすいバスケこそスーパーシードはやるべきなんだよな 静岡かどこかではやってるんだっけ, 最後まで諦めないって頑張れば勝てそうな状況の負けてるほうが言えることで 勝ってるほうがソレに付き合う必要ないよな, しっかりやるのが礼儀とか言ってる奴がいるからバスケは盛り上がらねぇんだよ アホかよこいつら, 全国目指すようなチームが形式的に予選で弱小校と当たって何点差をつけようとも最後まで付き合わなきゃいけないのってそれも苦だよ, 強くなるために努力して、試合で全力で戦ってんのに大差つけて勝ったら文句言われとかおかしいだろ, 手を抜けとは言わないがオールコートプレスはやり過ぎじゃねーかとは思う そこまでやらなくても100パー勝てるんだから、徹底的に痛めつけるのが礼儀とは思わない, 真面目に練習してれば2点ぐらい取れるだろ どうせ、負けた後も残念会とか行ってマックでグダッてるタイプの人間なんだから同情の余地無い, コールドで強制終了とまでは言わないで、ある程度の点差ついたら両チームの監督の同意で終了とかにしてほしいな。何がかわいそうで何が全力を尽くしたとかは、部活っていう学校教育だから監督とか顧問の教育論に任せればいいんじゃない。, 実力差がありすぎるなら手加減したれよっていうのは欧米的考え方 勝負の場に上がったんだから実力差があっても手は抜かないよってのは日本的考え方, 13のコメントが低レベル過ぎて15のコメントにイラっとした感情を感じないんだが 笑, 客観的に見て13はまともなこと言ってるな まあ最後の一文はいらないかもしれないけど、言いたこともわかる 15はそれに噛み付いたけど言ってることがガバガバすぎてなんかなあ, 早くサッカーみたいに高校年代の全国(東西)リーグを作って欲しい。 リーグ参加高校は日程・試合数の都合でスーパーシードになるだろうし。, >21 一部同感 13の言いたいことはわかるが余計な言葉が多すぎると思う ネット上の、顔も名前も知らないような相手に対してバスケ下手だの帰宅部だのもうアホかと, 13のどこがまともなこと言ってるかまったく理解できないんだが。 強豪校が全力で相手してくれたことに感謝すべきなんて強豪校側でも弱小校側でもどっちの視点でもないし。強豪校の保護者の意見? 帰宅部って言われても仕方ないよ。, 部活なんだから弱小と強豪どっちが悪いとは思わんけどお互いに何のメリットもないゲームはやめて欲しいよね。 いきなり決勝とは言わんけどスラムダンクみたいにベスト8くらいからでもいいと思う。, いや、サッカーだと日本代表に選ばれてるメンバーがいるとスーパーシードあるけど ただ強いからベスト8からってダメでしょ もし1回戦やってたら、その試合でメンバーが怪我して出れなくなって決勝で負けるとか その年から推薦でメンバー集めて強くなったチームと1回戦から当たることが無くなるとか そう言う可能性考えるとみんな平等に試合するべきだわ, 実際にやってる県もあるんだからいいんじゃない?そもそも人を集めてるとこと集めてないとこが平等じゃないし、人を集めてないけど頑張ってるとこはベスト8まで勝ち上がるでしょ。, 賛否あるだろうが、弱いチーム相手に前からプレスして点取りまくる学校は嫌い。せめてハーフコートマンツーにするとかやり方はあるでしょ。40分間拷問だよ。うちの高校は、そういう相手にはドリブル禁止で試合してたりしたけど。, 総体で8になった主力の3年が抜けて経験値の低い1,2年生の8人の新チーム。5対5げ練習できない中での土浦!, 悔しかったら勝ってみろって言うけど、初心者ばかりの弱小公立高校が、どれだけ厳しい練習したって桜花に勝つことは100%不可能だよ。, 確かにハーフまでで100点差、3ピリで50点差ぐらいついたら試合終了とかあってもいいと思う, 「どんなに大差がついていても残り一秒まで手を抜かないのが相手に対する礼儀」って考えがなぜか蔓延している。, 【高校バスケ】育成力が一番あるのはどの高校?日本代表候補輩出数は北陸が目立つ結果に, 2016年度インターハイ男子バスケ展望 東山・中部第一などを優勝候補に推す声が多い中、福島南・平成ら新鋭校はどこまでいけるか?, ウインターカップ2014 -大会4日目(12月26日)の試合結果- 男子ベスト8、女子ベスト4が決定!古豪・能代工業は7年ぶりとなる準々決勝進出!, 100mじゃなくて100yardね。それでも11秒台だろうしビッグマンがそんな速さで走ること自体やばいし、普通にガードより速かったらしい。提督より速いかに関しては自信ないけど。, 今季は琉球と宇都宮が段違いで強いよなぁ いい試合も昨年より多いし助っ人外国人も技巧派が増えた印象, レブロンは30歳にして瞬間最速は100mを10.9秒で走破することを解析されているみたいだね。 30歳ですらこれらしいから肉体的ピークでなおかつ体重の軽い前期CLEのときの走力はマジで化け物。. 来年で10年目を迎えるALLDAYにおいて黎明期の”絶対王者”「Sunday Crew」が今大会もベスト8に進出。今大会はALLDAY優勝経験もある名古屋「PROLINE」から選手を補強し挑んで来た。目指すはもちろん優勝。ALLDAY史上、最多優勝を誇る古豪が復活なるか?注目である。対するは前大会で「UNDERDOG」「F'SQUAD」と優勝経験のあるチームを連続で撃破し、ベスト4に躍進した駒沢「CRAYON」。第3シードに入り真価が問われた今大会だが、ベスト16で横須賀米軍基地の「GOON SQUAD」をオーバータイムの末下し、前大会がフロックではないコトを証明した。予選を見るにさらに戦力が向上した今大会、いよいよ侮れないチームになって来た。, 5月以来2014年2度目の開催となる「32th ALLDAY」。30thのチャンピオンにして前回の準優勝チーム千葉・柏「勉族」こそ不出場ではあるものの、全国津々浦々、様々な地域から強豪チームが大挙エントリーし、選考にかなりの時間を費やしてしまったほど個性豊かなチームが出揃った。事務局調べによれば、過去最高レベルと目される今大会。トーナメントの左下、Dブロックに前回の優勝チーム「PRODIGY」がスーパーシードとして鎮座し、それ以外の7枠を巡る熾烈な戦いが予想される10月4日(土)の見どころと予想を独断と偏見でしたためる。, 最初のブロックでシード枠に収まったのは、前回ベスト8で「PRODIGY」に敗れた「平塚CONNECTIONS」。ストリートボールリーグ「SOMECITY」のレギュラーチームであり、過去ALLDAY王者も経験している”平塚の雄”が、第4シード扱いでトーナメント二回戦より登場する。対抗馬として逆端に入ったのが、3対3の新しいプロリーグとして注目される「3x3 PREMIER.EXE」初代王者の「DIME」。bjリーガーなども所属した3x3とはメンバー構成の変更があると予想されるが、そのバスケ人脈はかなりのもの。どのようなメンバーが召集されるのか注目である。その他新興チームの中では、同じく3x3 PREMIERプレイヤーが率いる「BRM」にも注目。平塚が本命ながら上位拮抗のブロックである。, 続くBブロックのシードチームは苦節5年、前大会で初のベスト8に進出した「TOKYO BEAST」。様々なシーンにおいて個々人の活躍が目につくが、今年は5対5のチームとしても仕上がって来た。しかしながらこのブロックの注目は、こちらは逆に初のベスト8落ち、ALLDAY史上初めてシード権を失った「UNDERDOG」だろう。前大会では3x3の世界大会などもあり、ベストメンバーと呼べないチーム構成であったコトは事実。しかしALLDAYでも一時代を築いた”王者”の予選敗退はショッキングな出来事であった。とは言え、12分1本の予選でアップセットがまま起こるのがALLDAYの恐ろしくも面白いところ。「TOKYO BEAST」vs「UNDERDOG」が一応の本筋の予想ではあるが、ブロックに潜むどのチームが彼らを捲り上げても、全く不思議はない。, トーナメント左側最後の予選ブロックは「420」がシード枠。前大会はベスト16止まりながら、優勝した「PRODIGY」に最後まで食い下がったゲームが評価されたカタチでのシード選出。当然このブロックの本命であり、今回はベスト8で「PRODIGY」にリベンジしたい。これに対するは、30thの準優勝チームでありながら、前大会で初戦敗退を喫し、「UNDERDOG」同様シード権を失った「SIMON」か。ストリートボールリーグ「SOMECITY TOKYO」の1stシーズンを制するなど、シーンにおける現在のイキオイなら「420」よりむしろこっち。それ以外にもALLDAYの常連「四次元ポケット」や新規チームが虎視眈々と「420」の首を狙う激戦ブロック。予断を許さない混戦のブロックとなった。, 前大会で初出場ながら初優勝を飾り、センセーショナルな登場となった「PRODIGY」がスーパーシードの予選免除で登場。5月は様々なカテゴリのプロ選手が顔を揃えたが、プロシーズンもスタートする今大会はメンバーの入れ替わり必至。しかしそのバスケネットワークを考えれば、戦力ダウンを心配するより、むしろ新戦力への楽しみの方が大きい。ALLDAY CHAMPION SHOESを履いて出場する今大会はもちろん優勝候補の筆頭。連覇がそう簡単ではないコトはALLDAYの歴史が物語っているが、その偉業を達成したアカツキには「PRODIGY」による新たなる時代の幕開けとなる。, 折り返してトーナメント右側、Eブロックのシードには、もはやALLDAYの安定上位勢力、横須賀ベースが誇る「TEAM Yokosuka」が登場。そのサイズや体格もさることながら、何よりALLDAYへのモチベーションが高いのが彼らの原動力。3大会ぶりの優勝へ向け予断も油断もなく邁進する。このブロックの見どころはひとえに、そんな「TEAM Yokosuka」の突進を日本人チームが止められるか?という点。そういう意味では、ALLDAYの10年選手「びゃっこたい。」を筆頭に、さしづめ”ALLDAYひな壇芸人(失礼)”ばりの常連チームがズラリと顔を揃える中で、”未知の魅力”として期待されるのが、横須賀の逆サイドに抜擢された福岡「JEIDZ」である。わざわざ福岡から上京するのだからそのモチベーションに疑いナシ。「TEAM Yokosuka」大大大本命ながら、日本のありとあらゆるバスケシーンに選手を輩出し続ける国内有数のバスケ都市・福岡からの刺客に一票。というブロック予想である。, 続くFブロックにはFが登場。そう、東京が、ひいては日本のストリートボールシーンが誇る「F'SQUAD」である。ここ2大会はベスト8止まりだが、常に観客を魅了し続けるそのプレイスタイルと哲学は健在。更なる上位進出はもちろん、頂点に立つコトを常に期待したい。そんなFブロックの対抗予想は大阪の2チーム。上位評価は”大阪オールスター”、ALLDAYベスト4の経験もある「FIGHTCLUB OSAKA」だが、「SOMECITY OSAKA」のレギュラーチーム「SAFARI」もALLDAY初参戦。まずは参加チームのレイティングをランキング化し、それを規則的にトーナメント表に落とし込むALLDAYにおいて、大阪勢が同じブロックの同じ山に入ったコトは偶然の産物ではあるが、まずは大阪の代表を決め、そして東京に挑む。実にわかりやすい構造である。ちなみにこのブロックに参戦する「Tokyo63」に関してはチーム紹介文によると、「茨城、栃木、千葉の下剋上集団が東京の地で真骨頂を魅せます!」とのコトなのでアシカラズww。, Gブロックのシードチームは「Sunday Crew」。アイザック・ソジャナーが率いたALLDAY黎明期には”絶対王者”として君臨したが、ここ最近はベスト8の常連。昔を知るオールドファンにとっては寂しい限りである。対する逆端はこれまたALLDAY初期から参戦し続ける横浜「TEAM-S」。前大会はベスト16止まりとシード権を失った今回。ALLDAYの創世を知るものにとって、「Sunday Crew」は絶対王者で、「TEAM-S」はシルバーコレクターだった。何度も何度もこの2チームがFINALで覇を競ったのである。そうやって様々なチームがこの2チームに挑み、研鑽し、そうして紡がれた歴史と現在のシーンがあるのである。懐古的なコトを言っても仕方がないが、このブロックの見どころはその”古豪”達が復権なるか?或いはその”パイセン”達を踏み台にシーンに飛び出すアップカマーがいるのか?前者でも後者でも大歓迎。激戦のブロックである。, まさにアップカマーとして前大会ベスト4進出。トーナメント4角の一角を担うコトになった駒沢「CRAYON」が最後のシードとして登場。そうは言っても「CRAYON」はぽっと出のチームではない。元々「駒沢ROCKERS」に憧れたキッズ達が結成したチームであり、かなり前から「S.H.U」あたりと並ぶ若手チームとしてALLDAYに揉まれ続けて来た。おそらくALLDAYだけで言えば勝利数よりも負け数の方が多いかも知れないぐらいである。それが突然の覚醒。並み居るチャンピオン経験チームを連続で撃破したのだから、それは衝撃であると同時に、歓迎すべき新しい時代の胎動であった。そしてそれがフロックだったのかどうかを証明するのが、4角の一角で迎える今大会である。対抗馬として逆端に据えられたのは、初参戦の米軍チーム「GOON SQUAD」。それ以外にも強豪「Global Crowns」や振興チームがひしめくブロックにおいて、「CRAYON」を本命と呼ぶにはまだ少し心許ないが、ここを突破するコトは彼らの時代のための必要条件である。, ALLDAY!なんと9年目に突入で第31回目の開催!2014年となり初めてのALLDAY 5ON5 BASKETBALL TOURNAMENTは10代のフレッシュなチャレンジャーからオフシーズンのプロ選手チームの参戦など注目のチームが盛り沢山!各予選ブロックの見所や注目チームなど予習はコチラから!, 前々回の王者で日本人チームとしては最多の優勝回数を誇るUNDERDOGがシードチームで登場!しかし、前回ディフェンディングチャンピオンとして本戦トーナメントから参戦したものの、まさか初戦のゲームで早々に敗退しているだけに今回は並々ならぬ気迫で調整しているとの情報あり。ただ、チームの中心ボーラーが3x3日本代表候補合宿に参加していることもあり、油断はできない。対抗馬としてSOMECITY SENDAI最強、東北最強の座に君臨するGENKIが東北エリアから参戦。加えて10代ボーラーで構成されているというK.H.Sやカマディーがどんな戦いぶりを魅せるかにも注目。, シード枠は、前回ベスト8のF’SQUAD!SOMECITY TOKYOでの戦いぶりを観る限り、新たなメンバーたちのポテンシャルは抜群。ALLDAYというアウトドアでの5on5でもどれだけフィットしてくるか。さらにBブロックにはALLDAYの常連でもあるS.H.Uや駒沢ROCKERS、さらに2013年度山梨クラブ選手権3位のstingers、早稲田大学バスケットサークルの100'sの参戦と見所多め。, 勝ち上がれば本戦一回戦で前回の王者、柏の勉族との対戦が決まっているブロック。ALLDAYチャンピオン経験のある横濱TEAM-S、関東エリアの雄TOKYO BEASTを中心に、普段から代々木でプレイしているteam clutch、埼玉のNAVYなどが勉族への挑戦権をかけて戦うこととなる。, 前回の覇者。千葉柏が誇る最強でいて最高に笑えるエンターテイナーズ、勉族が本戦から登場するチャンピオンシードを獲得!, シード枠は、前回のファイナリストでもある神奈川のSIMONが鎮座。SIMONとSOMECITY TOKYOでリーグ戦を戦っている420も同じブロック。横浜のフィリピン人チームCONQUERORSや関東学院OBというBUBBLES、このALLDAYに向けて様々なチームから混成したSumackなど個性的な面々の中、前評判で名が挙がっているのがPRODIGY!現役プロ選手が牽引しているとの噂もあり、混戦が予想される注目のEブロック。, 混戦が予想されるFブロック。SOMECITYを二連覇中の平塚Connectionsと、SOMECITY OSAKAのオールスターメンバーでもあるFIGHT CLUB OSAKAがブロックの両サイドに。さらに千葉県オールジャパン予選Best4のREAL、東京の様々なゲームで名前を聞くようになったSWEEEPとノってしまえばどこが勝ち上がるか予想のつかないブロックである。, 前回ベスト8のSUNDAY CREWを中心に、韓国人チームのAGAIN、山梨県1位のクラブチームのSPIRITS、栃木のteamNIWAに10代のスピリタスと様々な街から猛者が集ったブロックとなった。SOMECITY TOKYOでも快調なSUNDAY CREWの進撃を止めるチームは現れるか。, 予選ブロックの最後となるHブロックには、前回優勝の勉族相手に僅か2点差で惜敗したTeam Yokosukaが雪辱を晴らしに登場。東京の様々なゲームで結果を出しているGlobal Clownsや四次元ポケット、初出場の外国人チームSHOOTAZがTeam Yokosukaに対抗できるかが大きなポイントとなるだろう。, 2013 年5 月吉日、ストリートボールのオンシーズンがスタート!8 年目となるALLDAY の2013 年最初のトーナメントが開催!エントリーは総勢62 チーム!前回のファイナリストのみがシードとなり、2DAYS で争われるはもちろん「国内最強の5ON5 ストリートボール」の称号!モンスタートーナメントの開幕だ!, ストリートボールリーグSOMECITY TOKYOの看板チームであり、前回ALLDAYのベスト4のF'SQUADがA BLOCKに登場!対抗馬筆頭は前回惜しくも予選決勝でTeam-Sに敗退し、本戦出場をあと一歩で逃した横須賀のTOP FLITE BALLERSと予想。フィリピンをレペゼンするjapinoも注目。, B BLOCKには様々な国でプロキャリアを築いた211cmのホワイトニンジャことマットカイルを擁するBallerzを中心にトーナメントは進んでいくことだろう。他にも元石川ブルースパークのネイト、メキシコでのプロキャリアを持つガードのジョナサンを加えパワーアップを果たしたとの情報もあり。厚木米軍基地のNAVYチームATSUGI FLYERSや東京の四次元ポケット、千葉のREALがBallerzの牙城を崩せるか?, 前回、予選決勝でThe Commisionとオーバータイムの末惜敗したものの、その後2012-2013 SOMECITYの王者となった平塚ConnectionsがC BLOCKに登場!エントリーメールに「From USS George Washinton.」とだけ書かれたCVN 73という不気味な存在や、関東クラブシーンの有力者が集まったBOUNDSやnorth、また原宿ショップスタッフを中心に結成されたBADASSがC BLOCKに集結。, 最注目はもちろん、この数年のALLDAYの中で日本人チームとして最高成績を残しているUNDERDOGが鎮座!シードチームとして登場!SUNDAY CREWの2ndチームであるTeam SCや国体・実業団メンバーで構成されたHMMWV、また「女子の底力をみせます!」と意気込むNOnamePINKも参加のD BLOCK。, 前回のベスト8の横濱Team-Sを中心に、東京多国籍ニューパワーCRAYONや総勢80名を超えるという韓国ストリートボールチームAGAINが対抗馬となるか?また、未知数チームの台頭があるのかに期待がかかる。, 横田米軍基地チームThe Commissionが前回のベスト8。大阪ストリートボールのオールスターFIGHT CLUB JAPANが満を持してエントリー、また東京の猛者TOKYO BEASTもF BLOCK!東京を代表するストリートボールのひとつでもあるS.H.Uに、YOYOGI YOUNG GUNZを掲げるP.S.Yがホームコートを守れるか。激戦!, 代々木の雄SUNDAY CREWに、駒沢のROCKERS、さらには東北最強の看板を掲げ初参戦のGENKIに、東京のK-SELECT、前回のベスト16PILIPINASと個性・実力共にハイレベルな面子となったG BLOCKは注目!, H BLOCKには前回の王者Team Yokosukaがシードチームとして登場!初エントリーは横田のTeam Hennesy、またECOnoMIXやA.B.Cといった常連チームが番狂わせを起こせるか?, 回数にして25回以上、年月にして丸7年をまもなく迎えるALLDAYという5ON5ストリートボール・トーナメント。2011-2012というシーズン制が導入され、この2012年5月に“ ALLDAY 2012 SPRING ”を開催し、年内には両トーナメントの上位チームを招待したチャンピオンシップが開催されることとなる。さらにはこれまでのALLDAYを支え続けた“ NIKE BASKETBALL ”に加え、前回よりあの“ JORDAN BRAND ”によるスポンサードも決定し、名実共にその進化を遂げることとなったALLDAY 2011-2012のテーマは「 ABOVE & BEYOND」。「かつてを超える躍進」を意味する。, なんといっても前回大会のBest Defensive Playerを受賞した211cmのWHITE NINJAを擁するKUROFUNEが注目筆頭!対抗馬としては東京ストリートボール界でその名を知られるTOKYO BEAST、そして若手の注目株としてK-SELECTがAブロックに登場。, 前々回大会の王者、平塚Conectionsを中心に、ALLDAYベスト4常連の米軍基地チームW COLUMN、神奈川クラブバスケットボールの精鋭勢ISAMU、そして代々木のSUNDAY CREWのファミリーチームTeam S.Cとがひしめき合うBブロック。, ALLDAYの頂を知る東京最強UNDERDOGと柏のエンターテイナー勉族の2大ストリートボールが同じ予選ブロックでいきなり激突のCブロック。湶家という富山のストリートボール馬鹿三兄弟がALLDAY初登場。, 前回大会のベスト4で東京のFantasistaとして知られるF'SQUADがDブロックのシードチームとして登場。予選決勝の対抗馬として考えられるのは足立のストリートボールMETEOR ALLIANCEや中央大学バスケットボール部OBのOGN☆ALLSTARS☆か。, DブロックのF'SQUADと同じく、前回大会のベスト4横濱Team-Sがこのブロックのシード権を獲得。若いメンバーよるRUN&GUNスタイルを得意するONPARADEや、千葉エリアをレペゼンし、千葉クラブバスケットボール最強のエクスドリームスのメンバーを擁するBOUNDSの仕上がりも見逃せない。, 過去最多のALLDAY王者数を誇り、東京代々木最強のストリートボールSUNDAY CREWが、前回大会ベスト8の結果により予選Fブロックのシード権を獲得。SOMECITY TOKYOのレギュラーチーム420や東京リアルストリートを地でいくS.H.U、代々木や神田橋に出没する四次元ポケットと粒揃いとなったFブロックは熾烈。, 予選ブロックの最後、Gブロックには神奈川-東京クラブバスケットボールの寄り選りによるSIMON、国際色豊かなTEAM EKTIO、埼玉ストリートボールのパイオニアDMGに、有名ボーラーによるスポットチームbon solなど、一見して予想のつかない面子が集まったブロックとなった。, 前回の“ALLDAY 2011 SUMMER”では横須賀米軍基地バスケットボールチームであるTEAM YOKOSUKAが、5/13(日)のFINAL TOURNAMENTからシードチームとして登場予定!持ち前のタフなフィジカルに黙々とハードワークする最強のチームを打ち破れる2012年春のALLDAY王者はどこになるのか?, 前回大会、そして今回の“ ALLDAY 2012 SPRING ”を経て、年内開催が予定されているALLDAYのチャンピオンシップ。シーズン制のALLDAYのストーリーは中盤戦に突入!!!, 2009年夏、老朽化した代々木バスケットボールコートのリニューアルをするべくNIKEとMEDICOM TOYが共同で行ったPLAY GROUND DESIGN PROJECT。, ALLDAY STREETBALLをジャーナルするallldaymag.comが提供する最新のALLDAYニュースを、メールにて登録会員の皆さまにお届けするメールニュースサービスがスタート!, Copyright 2002.2009 KOMPOSITION.ORG Allrights reserved. 2013年度からは元JOMOサンフラワーズの監督であった三上監督へと指揮官が引き継がれ、現在は新たな体制での新チームがスタートした。因みにスーパーシードの理由は、同校が2013年夏のインターハイで準優勝したことに起因している。, 静岡県立静岡高等学校(通称静高)と呼ばれる生徒たちは「岳南健児」として部活動で多くの好成績を残している。男子バスケットボール部は、昭和16年に静中籠球班として発足し、今年でなんと75周年を迎えた。 静岡県はスポーツの推進に力を入れている。サッカーが有名だが、バスケットボールでもbjリーグ「浜松・東三河フェニックス」(現在の「三遠ネオフェニックス」)が活躍するなど、静岡県内のバスケット人気は高い。そんな静岡県の高校バスケ強豪はどこなのだろうか。5校をピックアップして紹介していく。, 2011年に興誠高等学校から名称が変更され現在は浜松学院高等学校となっている。部活動に関しては男子バスケットボール部がインターハイ15回もの出場を誇る名門として知られており、近年では沼津中央、藤枝明誠と代表の座を争っている。 チーム編成は浜松学院中で全国優勝したメンバーが中心となっているが、高校に上がってからははなかなか結果を残せていなかった。しかし、近年では再び西部大会で優勝、県高校総体で準優勝、そして全国総体では2回戦まで進出を果たすなどの好戦績を挙げている。, 沼津中央高等学校は全国レベルの運動部から、ユニークな文化部まで、多彩な部活動があるのが特徴だ。その中でも男子バスケットボール部は平成22~25年度の4年間連続して、選抜優勝大会(ウインターカップ)全国大会に出場する活躍を見せている。 CHIHIRO、SHIGEOといったストリートシーンで名の知れたエースクラスを欠きながらも、ベスト16では「DIME」を寄せつけなかった「平塚CONNECTIONS」が最初のゲームで登場。キャラ立ちはまだまだでもスキルフルな若手が加入し、チームとして層が厚くなったのが予選の印象。迎えるFINAL TOURNAMENTでも平塚らしいランニングバスケに期待したい。対するは、ここ2大会精彩を欠いていた「UNDERDOG」が返り咲き。ベスト16の「TOKYO BEAST」戦こそ2点差と薄氷を踏む思いで勝ち上がったが、メンバーさえ揃えば”常勝”なのが「UNDERDOG」。延期が吉と出るのか?凶と出るのか?まずは当日のメンバーリストに注目したい。, SIMON vs PRODIGY 平成27年度には県高校総体3位、全国選抜優勝大会(ウインターカップ)県予選での優勝は3年ぶりにして王座へと就き全国大会へ出場、新人大会県3位・東海大会準優勝という輝かしい成績を残した。選抜高校バスケット静岡県予選では来春限りでの勇退を告げた杉村総監督へ優勝の冠ををわたした。, 水準の高い文武両道を掲げ運動部の多くが全国出場を果たしている強豪として知られている。男子バスケットボール部は、2005年に西塚建雄監督が就任し僅か1ヶ月後の新人戦で県大会出場、2006年の夏には1年生が主力ながら県大会準優勝を飾りインターハイへの出場を決めた。 創部から現在までインターハイ準優勝、国体優勝を含め9年連続でのインターハイを出場していた黄金時代があり、ローマ・東京オリンピックでエースとして活躍した認知度の高い木内貴史選手など日本を代表する選手を輩出している。現在チームには2016年静岡県バスケットボール協会により高校優秀選手として選ばれた高橋佳希さんも在籍している。, 文と武を一体にした育成に努めている飛龍高校は沼津学園高校時代から、大学進学やスポーツ推薦に積極的に取り組んでいる。男子バスケットボール部は顧問の原田裕作先生・大石康史先生の指揮の下、全国総体大会10回出場達成という輝かしい結果を残している。 本スレは高校男子バスケ全般を扱うスレです。女子バスケについては↓ 【黒人】全国女子高校バスケ part10 【無双】 ... スーパーシードで決勝のみ戦う それで100点ゲームとか良くある 県内一位と二位の差 … 横須賀米軍基地の「TEAM Yokosuka」が登場。ベスト16ではレペゼン福岡「JEIDZ」相手に2点差と追い詰められたが、最後は貫禄勝ちで実に7大会連続のベスト8進出を決めた。サイズやフィジカルの強さは常に最上位。4大会ぶりの優勝に向け好発進を決めたい。対するはジャパニーズストリートボールシーンを代表するクルー「F'SQUAD」。予選は大阪「SAFARI」相手に危なげなく勝利を収めベスト8進出したが、ここから先が最近の「F'SQUAD」にとっては鬼門。もう何年もベスト8、或いはベスト4止まりで、優勝はおろかFINALに進出したのも遥か昔のコトとなってしまった。そのスタイルと哲学は唯一無二。それを突き通しながらどこまで上り詰められるのか?久しぶりの復権に期待したい。, Sunday Crew vs CRAYON ワイルドカード(wild card)は、スポーツ競技における追加の特別参加枠(制度)、もしくはその対象者や対象チームのこと。主に、北米のプロ スポーツ リーグなどで行われているプレーオフ制度において、地区優勝チーム以外に与えられる追加枠を指す。, 通常、メジャーリーグのレギュラーシーズンでアメリカンリーグ、ナショナルリーグの各々リーグは東地区、中地区、西地区の3地区制で地区1位3チームが自動的にプレーオフに進むが、それに加えて各々リーグの3地区の2位以下になったチームの中で、勝率の高い順に2チームをワイルドカードゲーム(後述。日本では『PO進出決定戦』とも表記される)で戦わせ、その勝者がプレーオフに進出する。そのチーム、もしくはそれによるプレーオフ出場権利をワイルドカードと呼ぶ。, なお、上記2期間とも共通の規定として、同勝率で並んだ場合には一発勝負の「タイ・ブレーク」にて進出チームを決定している。(開催地は両チーム本拠地からくじで選ぶ。)なお、このタイ・ブレークの結果はレギュラーシーズン扱いとなり、個人成績もシーズン記録に算入される。タイ・ブレークは、ワイルドカードへの進出争い[1]、ワイルドカードゲームへの進出争い[2]で行われる場合だけでなく、地区同率1位同士の決定戦として行われることもある。(例:2009年のアメリカンリーグ中地区は、勝ったほうが地区優勝、敗れたほうはワイルドカードからも脱落という条件にて公式戦163試合目の「タイ・ブレーク」が戦われた。)[3], 両リーグとも地区ごとにレベル差があるため、ある地区の2位チームが別の地区の1位チームより勝率が上回るケースがある。ワイルドカードはそのような場合の2位チームへの救済措置として設けられていると同時に、プレーオフの出場チーム数を4(すなわち2の2乗)にすることで均整の取れたトーナメント(表)を組むことができるようになる。, 1997年、ナショナルリーグのフロリダ・マーリンズが初めてワイルドカードからワールドシリーズを制した。また、2000年代に入ってからは毎年のようにワイルドカードのチームがワールドシリーズに進出しており、2002年には初出場だったアメリカンリーグのアナハイム・エンゼルスと当時48年間ワールドチャンピオンになった事の無いナショナルリーグのサンフランシスコ・ジャイアンツ(新庄剛志が日本人初のワールドシリーズ出場達成)が、2014年には29年間ポストシーズンに進出した事さえないアメリカン・リーグのカンザスシティ・ロイヤルズ(青木宣親が所属)とその2002年に出たジャイアンツがいずれもワイルドカードから勝ち進み、2回ワイルドカード同士の頂上決戦が行われた。, 一方で、ポストシーズンにおいて地区優勝チームもワイルドカードのチームも対等に扱われる点には従来から批判があった[4]。特に1997年以前はプレーオフのホーム開催権があらかじめ決められており、地区優勝争いをしている2チームが共にポストシーズン進出が決まると、その2チームのモチベーションが低下するという弊害も生んでいた。この一例が1996年のナショナルリーグ西地区であり、この年はサンディエゴ・パドレスとロサンゼルス・ドジャースが優勝争いをしていたものの、両チームともプレーオフに進めることが決まっていたために優勝争いが盛り上がらず、両チームは地区シリーズではともに3連敗に甘んじている。この対策として、1998年からはプレーオフ進出チームのうち通算成績のよい方(同一の場合は直接対決に勝ち越した方)にホームアドバンテージが与えられることになった(このため、たとえば「地区優勝チーム対ワイルドカードチーム」の場合はワイルドカードのチームが勝率で上回っていても、地区優勝したチームにアドバンテージが与えられる)。2012年からは、1回限りで不確定要素の強いワイルドカードゲームという関門が設けられたことにより、確実にプレーオフへ進むには地区1位で通過せねばならないというモチベーションが高まった。, ディビジョンシリーズでは、ワイルドカードチームは必ずリーグ最高勝率のチームと対戦することになるが、ワイルドカードが1チームのみだった1995年から2011年までは同じ地区に所属している球団同士は対戦カードから外されるようなシステムとなっていた。そのために勝率順が考慮されていなかった1995年から1997年はワイルドカードチームと地区優勝チームの中で勝利数が一番少ないチームが対戦するケースもあり、勝率順が考慮されてからも1998年から2011年はワイルドカードチームが地区優勝チームの中で勝利数が一番多いチームと同じ地区に所属している場合、地区優勝チームの中で勝利数が2番目のチームと対戦するようになっていた。, なお2020年は新型コロナウィルス対策により公式戦の試合数が60試合と短縮された関係もあり、出場枠を各リーグ8チームずつの16チームに広げることになった。これにより、各地区2位までの6チームと、3位以下の中から勝率の高かった2チームがワイルドカードとしてノミネートされ、それぞれの順位ごとに勝率の高い順番にシード順位を決定する。, NFLは1970年度に AFL-NFL間の合併を完了。ディビジョン構成の再編をはじめとする様々な変更が行われ、その一つとしてプレーオフにワイルドカード制度が導入された。これがプロリーグにおける最初のワイルドカードである。その後ワイルドカードの本数は、チーム数の増加・ディビジョン構成の変更などの影響を受けつつ度々変更されている。, 2020年からは、AFC・NFC それぞれのカンファレンスにおいて、各ディビジョン1位の4チームを除いた残りチーム中の上位3チームがワイルドカードとしてプレーオフに進む方式となっている。ワイルドカードはシード順で5・6・7位固定であり、他のディビジョンの1位チームより好成績であっても4位以上のシード順が与えられることはない。ワイルドカードの3チームはシード2位、3位、4位とワイルドカード・ラウンドの試合を行う。リーグが32チーム構成となった2002年度から2019年度まででは、2本目のワイルドカードとなるのは例年おおむね10勝6敗程度の成績のチームであった。, NFLにおいては、ワイルドカードがプレーオフを勝ち上がって行くのはかなり難しい。各コンファレンス6チームずつでプレーオフトーナメント形式が行われた2002年から2019年まで、スーパーボウルに進出したのべ36チーム中、ワイルドカードチーム(シード5,6位)は3チーム、シード3,4位のチームは5チームに過ぎない。一方で、シード3位と6位、シード4位と5位が戦う初戦のワイルドカードラウンドにおいて、ワイルドカードチームの勝率は5割をわずかに超えている(72試合中37試合)。ワイルドカードチームは次のようなハンディキャップを抱えていると推定される。, ワイルドカード制度が導入されてから1996年度までの27年間、ワイルドカードによるスーパーボウル制覇は1980年度 第15回スーパーボウルのオークランド レイダースによる1回のみであった。1997年以降はプレーオフ制度変更や戦力均衡施策の結果、ワイルドカードがスーパーボウル制覇を達成する例が増えている(1997年度-2019年度の23シーズンで5回)。, Bリーグでは、B1各地区上位2チーム計6チームに加え、各地区3位以下のうち勝率上位2チームがワイルドカードとしてチャンピオンシップに進出する。, NBAでは東西両カンファレンスにおいて、各ディビジョン1位の3チームに加えて、それらを除くカンファレンス内における勝率上位5チームのワイルドカードがプレーオフに進出する。シード順を決める際、最上位のワイルドカードだけはディビジョン チャンピオンと同等に扱われる(2~4位シードのどれかとなる)。なお NBA においては、“ワイルドカード”という表現はあまり使われない(シード順で呼ぶことが多い)。, 2014年までのバスケットボールワールドカップ(旧世界選手権)での出場枠は、開催国と各大陸予選を勝ち抜いたチームの他、国際バスケットボール連盟から数チームの推薦があり、この推薦枠をワイルドカードと呼んでいた。, FIFAワールドカップのヨーロッパ予選と欧州選手権の予選で、各グループ1位が本大会に出場できるが、大会によっては各グループ2位の中で、成績上位優秀者がプレーオフに回らず、そのまま各グループ1位と同等に共に本戦に出場することがある。それ以外に「ベスト・ランナーアップ」と呼ばれることもある。, また1994年アメリカ大会やワールドユースなどは各組の上位2チームと3位の一部が次のラウンドに進むというルールがあるが、これもワイルドカードの一種である。, 韓国のプロサッカー(Kリーグ)では、2006年まで14チームによる年間2回総当り。それを1回ずつに区切って前期と後期に分けて各ステージの1位チームと、それを除く年間通算成績上位2チームが決勝トーナメントに進出できた。, アメリカのメジャーリーグサッカーでもこの制度があり、東西両地区の上位3チームずつに加え、地区に関係なくそれ以外から勝ち点の上位4チーム(2010年までは2チーム)がMLSカップ(プレーオフトーナメント)にこまを進める方式となっている。2011年からはまずワイルドカードのノミネート4クラブで1回戦を行い、その勝者が2回戦に勝ちあがる。, ロードレース世界選手権(MotoGP)やUCIプロツアーなど、一部のモータースポーツカテゴリーや自転車のロードレースでは、本来シーズンフル参戦の選手しか参加を認められないレースについて、各レースの主催者の推薦により特にスポット参戦を認める場合があり、そのことをワイルドカードと呼ぶ(そのため、日本語では「主催者推薦枠」と訳されるのが一般的)。, 多くの場合は当該レースを開催する国の選手が選ばれるが(例えばMotoGPの日本グランプリの場合は、通常全日本ロードレース選手権の当該クラスでシリーズランキング上位のライダーが選ばれることが多い)、推薦枠に余裕がある場合は、翌シーズン以降のフル参戦を目指すメーカーや選手がテスト参戦目的でワイルドカードを利用しスポット参戦することもある。, 大会の出場選手は世界ランキングにより決められるが、ランキングが足りない選手を数人ワイルドカード(主催者推薦)で出場させることができる。地元の若手選手や故障明けの人気選手に使用されることが多い。2001年ウィンブルドン選手権でゴラン・イワニセビッチが唯一のワイルドカードによる出場で4大大会のシングルス優勝を達成している。, 陸上競技の100m走などのトラック短・中・長距離走の決勝戦以外にあり、各組で無条件で自動的に進出できる順位に入れなくても、記録次第で次回戦に進められる。例えば、決勝に進む8人を争う準決勝が3組に分けて行われる場合に、各組の上位2人に加え、各組の3位以下より記録上位の2人が決勝に出場するようなケースである。競技者には一般的に「プラス」と呼ばれる。純粋に記録だけで次回戦に進む競技者を選ぶようなシステムにしてしまうと、気象条件によっては風等記録に直結しやすい要因が組ごと違い、有利・不利が生じる可能性もあるため、このような仕組みをとることがオリンピック・世界選手権のような大会でも一般的である。, 2020年東京オリンピックマラソン日本代表選考会として開催される予定のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では、日本陸上競技連盟が指定した男子5大会・女子4大会をマラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)としてMGCレース出場を懸けて行われるが、MGCシリーズ以外にも国際陸上競技連盟公認大会などで条件を満たした選手もワイルドカードとしてMGCレース出場権を得ることができる予定である。, バレーボールワールドカップ・ワールドグランドチャンピオンズカップ、世界女子ソフトボール選手権での出場枠は、開催地と各地区予選を勝ち抜いたチームの他、各地区予選で敗退しても、連盟・大会組織委員会から1~数チーム推薦される。この推薦枠をワイルドカードと呼んでいる。, ゴルフの四大メジャー大会のマスターズなど、上記のスポーツ大会と同様に複数の出場条件で満たされなくても、特別招待枠で推薦されて出場できる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ワイルドカード_(スポーツ)&oldid=79435670, 人気のあるポストシーズン・プレーオフの試合を増やして観客動員数や収益などの向上を図る, 次ステージの参加チーム数を切りのいい数字(トーナメント形式なら <2のn乗> チームなど)にする, 地区ごとのレベル差による順位の逆転(ある地区の2位が他地区の1位より勝率が高い時など)を補正する, 上位シードチームはレギュラーシーズン終了後に2週間の休みが与えられ、スーパーボウル進出のために2連勝すればよいが、ワイルドカードを含む下位シードチームは1週間の休みの後に3連勝しなくてはならない。, プレーオフの対戦カードは、シード順で 最上位のチーム vs. 最下位のチーム、2番目のチーム vs. 下から2番目のチーム、3番目のチーム vs. 下から3番目のチームという具合に、下位シードほど強豪相手と対戦させられる。.

あさが来た 音楽, セブン 明治 板 チョコ 値段, チョコパイ トミカ キャンペーン, タラレバ娘 2020, シゲル タイヨウ, サリオス コントレイル, プリンニシテヤルノ 競馬, 国際郵便 受け取り 税金, Nhk 衛星契約 断り方, 映画 ストーリー 作り方,

カテゴリー:

2020年12月4日