スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

アメリカ合衆国 国旗

アメリカの国旗は、これまでに27回も変更されていて、世界で一番変化した旗です。当初、星の数とストライプの条(縞)の数はどちらも13で、これは独立時の州の数でした。その後州が増えるたびに、星と条をデザインに付け加えていました。 アメリカ国旗の意味. 白線と赤線の組み合わせの13本の横縞(赤7本と白6本、したがって上下は赤)、四角に区切った左上部(カントン)は青地に50の白い星が配置されている。 白は purity(純粋)とinnocence(純潔),赤は hardiness(たくましさ)とvalor(勇気),青はvigilance(戒心)とperseverance(忍耐)とjustice(正義)を表す。また縞模様は独立当時の13の入植地を表し、星は現在の州を表している。 現在のデザインは27代目であり、すなわち今までに26回デザインが更新されている。 I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/27 15:44 UTC 版), 白線と赤線の組み合わせの13本の横縞(赤7本と白6本、したがって上下は赤)、四角に区切った左上部(カントン)は青地に50の白い星が配置されている。, 白は purity(純粋)とinnocence(純潔),赤は hardiness(たくましさ)とvalor(勇気),青はvigilance(戒心)とperseverance(忍耐)とjustice(正義)を表す[1]。また縞模様は独立当時の13の入植地を表し、星は現在の州を表している。, 星条旗は、独立戦争時にフィラデルフィアでベッツィー・ロスという女性が裁縫したものが始まりだと言われている。星は独立時の13個から、連邦に州が加わるたびに増やされて現在に至っており、その度に、次の独立記念日に配置が変更される(初期を除く)。このため、星条旗は世界で最も変更回数の多い国旗だが、現在の「50星」デザインはハワイが州に昇格した翌年の1960年から続いており、2007年7月4日にはこれまでの「48星」の47年間を抜いて最も長い期間使われているデザインとなった。なお、南北戦争期に南部11州が合衆国を脱退してアメリカ連合国を建国しているが、アメリカ合衆国が脱退そのものを認めていないため、国旗から星の数が減ったことはこれまでない。, 当初は星の数と共に条(すじ)の本数も増やされていたが、条の本数が多くなるに従って不恰好で見づらくなった(遠目からはピンクに見えるようになった)ため、1818年にデザイン変更の際の規定が作られ、条は発足時の13本で固定し、以降は星の数だけを増やしたという経緯がある(下表の15星旗では縞は15本だが、20星旗は13本に直されている)。, この「青地に白い星」と「赤と白の条」の組み合わせは、アメリカ合衆国をイメージするあらゆるシンボルに使用されている。, なお、アメリカ合衆国の国歌も日本語では「星条旗」と訳されるが、原題は「The Star-Spangled Banner」(「星で飾られた旗」の意)であり、合衆国旗を意味する言葉ではあるが、厳密には「条」の意味が含まれていない。, ?独立時の13星を表した「ベッツィー・ロス・フラッグ(Betsy Ross Flag)」、当時は13個の星の配置が定められていなかったが、円形に配されたベツィー・ロス・フラッグが採用された, 以下の表に、アメリカ合衆国の27の国旗を示す。星の配置は「一般的」なものである(多くはアメリカ海軍と関係している)。1912年10月29日にウィリアム・タフト大統領が48星旗を発表するまで、公式な星の配置は定められていなかった。さらに、旗の正確な色も1934年[2]まで決まっていなかった。その後定められたことにより以前の国旗にも適用された。また上記の通り公式ではなかったものの慣例上の一般的な配置は決まっていた。それら慣例により事実上正式であったものを表に記す。, 国旗を縦に掲揚する際は(縦掲揚用の国旗が定められていない場合は)そのまま「時計回りに90度まわして掲げる」というのが国際的なルールだが、星条旗は例外で、カントンが常に左上にくるよう「時計回りに90度まわしてから裏返す」のが正式な掲げ方である。, 国旗の誤掲揚は国際儀礼上の非礼とされるため儀典担当者は神経を使うが、星条旗の誤掲揚は最も頻繁におこる失態のひとつとなっている。, 星条旗の配置のもう一つの原則に、カントンは常にポール側、即ち風上側になくてはいけない、というものがある。着衣の場合、風を前から受けると想定してデザインするため、右袖につけた星条旗は必然的にカントンが右上、つまりは風にたなびいているように裏返しに配置されている。アメリカ軍の軍服ほか、ワールド・ベースボール・クラシックやオリンピックアメリカ代表のユニフォームでも同様の配置になっている[4]。, Weblioでは、統合型辞書検索のほかに、「類語辞典」や「英和・和英辞典」、「手話辞典」を利用することができます。辞書、類語辞典、英和・和英辞典、手話辞典は連動しており、それぞれの検索結果へのリンクが表示されます。また、解説記事の本文中では、Weblioに登録されている他のキーワードへのリンクが自動的に貼られます。解説文で登場した分からないキーワードや気になるキーワードは、1クリックで検索結果を表示することができます。, (For alternate versions of the flag of the United States, see the, All text is available under the terms of the. 忠誠の誓い(ちゅうせいのちかい、Pledge of Allegiance)とは、アメリカ合衆国への忠誠心の宣誓である。忠誠の誓いはしばしば合衆国の公式行事で暗誦される。アメリカ合衆国議会の会期もまた、忠誠の誓いの暗誦で開始される。, 国旗規則により、忠誠の誓いは合衆国国旗に顔を向け、右手を左胸の上に置き、起立して暗誦しなければならないと定められている。私服の場合は、宗教的な物を除くいかなる帽子も取り去り、左胸の上に置かれた右手で左肩の上に掲げなければならない。軍服を着ている場合は無言のまま国旗に顔を向け、軍隊式の敬礼を行う。[1], 「忠誠の誓い」は、バプテスト派牧師でありキリスト教社会主義者であったフランシス・ベラミー(社会主義ユートピア作家エドワード・ベラミーのいとこ)により、1892年に起草された。ベラミーの手による最初の「忠誠の誓い」は、人気子供雑誌ユースズ・コンパニオン誌の9月第8号に、クリストファー・コロンブスのアメリカ大陸発見400周年を記念する、全国公立学校コロンブス記念企画の一部として発表された。, ベラミーによる忠誠の誓いは、「I Pledge Allegiance to my Flag and the Republic for which it stands, one nation indivisible with liberty and justice for all.(私は我が国旗と、それが象徴する、万民のための自由と正義を備えた分割すべからざる一国家である共和国に、忠誠を誓います)」という内容だった。, 宣誓は簡にして要を得ている事が求められると考え、ベラミーは宣誓を15秒で暗誦出来るように設計した。最初ベラミーは用語「equality(平等)」と「fraternity(同胞愛)」を用いる事を考えていたが、多くの人々が女性と黒人に平等の権利を与えるのに反対していた事から、それらの言葉は余計な議論を呼び起こすと考えた[要出典]。, ベンジャミン・ハリソン大統領の発案により、忠誠の誓いはコロンブス・デーの1892年10月12日に公立学校で初めて行われた。この日はイリノイ州シカゴで開催されたシカゴ万国博覧会の開催式の日という点でも重要だった。ベラミーはこの宣誓と全国の子供達の交流は、国家の連帯感の素晴らしい発現であると考えていた。, 1923年、合衆国国旗会議は用語「my Flag(我が国旗)」を「the Flag of United States(合衆国国旗)」と言い換える事を制定した。変更の理由は、移民がどちらの旗に対して宣誓を行っているのかを明確にするためであった。翌年、「of America(アメリカ)」が追加された。合衆国議会は「忠誠の誓い」が公式の国家への宣誓である事を、1942年6月22日に公式に決定した。, 1940年に合衆国最高裁判所は、ミナースヴィル教育委員会対ゴビティス裁判において、国旗への敬礼を偶像崇拝と見なすエホバの証人の子弟であっても、公立学校の生徒に対しては忠誠の誓いの暗誦を強制する判決を下した。この判決が下された際に、エホバの証人に対する集団暴行や脅迫事件が多発した。1943年のウェストバージニア州教育委員会対バーネット裁判で最高裁判所は上の判決を覆し、「強制的な意見の統一」は合衆国憲法修正第1条に照らして違憲であるとの判決を下した。[2], 誓いの暗誦は敬礼と共に行われる。1892年に採用された初期の敬礼はベラミー式敬礼として知られる。ベラミー式では右手を外側に伸ばして掌を上に向ける。この敬礼はやがて掌を下に向けるやり方に変化した。ベラミー式敬礼がナチス式敬礼と似ていた事から、フランクリン・D・ルーズベルト大統領は「忠誠の誓い」と国歌斉唱の際の民間人による敬礼として、ベラミー式の代わりに右手を心臓の上に置く姿勢を制定した。合衆国議会が国旗規則を公式に採用した1942年6月22日から、この敬礼が行われるようになった。[3]. "How 'Under God' Got in There," Washington Post, Associated Press: "50 Years Ago, Sermon Spurred Putting 'Under God' in Pledge", "How the Pledge Got God," Pittsburgh Post-Gazette, "A New Birth of Freedom," Docherty's sermon, heard by Eisenhower, which led to the amendment of the Pledge, Docherty's Sermon Manuscript, Feb. 7, 1954, Annual Pledge Across America - held on Constitution Day, September 17, The Pledge of Allegiance: A Brief Commentary, The Pledge of Allegiance - A Centennial History, 1892 - 1992, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=忠誠の誓い_(アメリカ)&oldid=78514751. アメリカ合衆国の国旗の意味・由来 この国旗は、みんなもよく知っている、「星条旗」と呼ばれるアメリカ国旗だね。 赤と白のラインは、独立した当時の州の数である13州を表しているから13本、白い星の数は、現在の州の数を表していて、50個並んでいるぞ。 「アメリカ合衆国」の国旗の由来・意味 左上の旗竿の位置には、州の数と同じ50の星が散りばめられている。旗面は独立した13州に由来する赤と白のストライプ13本で構成されている。一番はじめにできた星条旗から26回も変更を重ねた。 Hodak, George (June 2008), "Flag Day Reversal". 忠誠の誓い(ちゅうせいのちかい、Pledge of Allegiance)とは、アメリカ合衆国への忠誠心の宣誓である。忠誠の誓いはしばしば合衆国の公式行事で暗誦される。アメリカ合衆国議会の会期もまた、忠誠の誓いの暗誦で開始される。 赤:勇気; 白:真実; 青:正義; 左上、カントン部分に書かれた星の数は50。 星の数の意味は 現在のアメリカ合衆国を構成する50の州 を表しています。 13本の赤と白の縞(横線)は独立宣言した独立当初の13州を示します。 星の数は50個あり、これは現在のアメリカ合衆国の州の数と一緒です。 通称、星条旗(the Stars and Stripes)と呼ばれています。 1775年にイギリスからの独立戦争が始まった当初は、ユニオンジャック( イギリスの国旗 )のカントンに13本の赤と白のストライプの国旗を使用していました。 それから250年、星の数と配置は州が増える度に変更されましたが、アメリカ合衆国の国民にとって国旗が意味することである「勇気、武勇、忍耐、正義、無垢、純潔、そして勇敢さ」は変 … アメリカは1776年に独立宣言をしてアメリカ合衆国になりますが、それ以前はイギリスの植民地でした。 スペイン、オランダ、フランス、イギリスが海外に植民地を拡大していた15世紀以降、アメリカ大陸にはイギリスとフランスが積極的に進出していました。 1620年にはイギリスからメイフラワー号に乗った120名がアメリカに上陸し政治社会を形成しました。 その後イギリスからどんどん移民がやってきて、町ができ、それが13に増えました。 これが13州です。

川島永嗣 家族, コウノドリ 3話 2015, 目黒記念 2020 予想, ダーツ ランキング バレル, 久間田琳加 可愛すぎる, 尚志高校 サッカー 速報, ロッテ チョコレート 偽物, 富山第一高校サッカー 優勝メンバー, 野球 マジック わかりやすく, リダクテッド 真実の価値 ネタバレ,

カテゴリー:

2020年12月4日