スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

アフガン ソ連

今回取り上げる装備は、アフガニスタン紛争時代のソ連軍(ロシア軍)のユニフォームとして特に有名な通称アフガンカです。 私が購入したのはもう随分昔で、その頃は情報が少なく、「M88アフガン・ファティーグ」の名称で販売されていました。今は「アフガ こうしてソ連が1979年の12月にアフガニスタンに侵攻したことで、ソ連は泥沼のアフガニスタン紛争に突っ込んで行くことになるわけです。 アフガニスタン国内だけでなくアラブ世界、その中にはアル・カイーダの指導者となるビンラディンやISの母体組織を作り上げたザルカーウィーからもソ連に対抗するムスリムの戦線が結成されました。 こうしたムスリムの勢力はジハードを実践する者を意味するムジャーヒディーン(聖戦士)と名乗りソ連との聖戦を遂行して逝くのです。 ムジャーヒディーンたちは … ソ連軍の「1981年型 夏期アフガンカ」です。 以前にもブログで紹介しましたが、今回着れるサイズの物を購入した為、改めて記事にしようと思います。. 以前にもブログで紹介しましたが、今回着れるサイズの物を購入した為、改めて記事にしようと思います。, アフガンカの通称が示す通り、アフガニスタン紛争中期にそれまでの「M69熱地服」に代わって普及した防暑被服です。, 防暑と言っても中央アジアの気候を前提とした作りなので、生地はたいして薄くもなく、通気性も普通で要するに1980年代米軍のBDUに相当する新型野戦服ということですね。, 採用年はイマイチ不明ですが、現在は1981年型とされる事が多いみたいです。(昔はM88と呼ばれていました), 外見は米軍の「BDU」を彷彿とさせるデザインで、「M69軍服」までのソ連軍装備とは相当に印象が異なります。, 背中の裁断はBDUと異なる点で、両肩から縦方向にプリーツが設けてあるほか、腰や裾に絞り紐が内蔵されている等、凝った作りが特徴です。, それぞれのポケットはマチが付いており、容量が多くなる工夫がされていたり、フラップがボタン留めだったり、なんとなく米軍風味の強いデザインです。, このように細部を見てみると、熱地被服と言いつつも、米軍のフィールドジャケットを彷彿とさせる作りです。, 第二次世界大戦当時の「1936年型ギムナスチョルカ」以来、ソ連軍服には襟カラーがつきものですが、アフガンカも例外なく、白色綿布の襟カラーが縫い付けられています。, 実物は軍支給品や売店で販売されているようですが入手できなかったため、自作した物を縫い付けて再現しました。, アフガンカは、それまでの「M69軍服」から階級章の形状が変更されており、襟章は台座を排し、金属製の徽章のみを取り付けるようになりました。, それぞれジャケットの収納位置が決められているそうで、左胸ポケットにファーストエイドキットを収納し、左上腕ポケットに包帯を収納します。, 各ツールを収納する位置を固定しておく事で、緊急時に誰でもすぐに取り出せる、賢明な判断ですね。, ズボンにはベルトループがあり、ズボン用ベルトを通して使いますが、このベルトループの幅が広く作ってあります。, ジャケットをたくしこんで着用する事を考慮したのか、下士官兵用バックルベルトや、士官用2バックルベルトがちょうど通るサイズです。, それまでのズボン同様、小ポケットが付いています。(たしか懐中時計用のポケットだったと思います), M69軍服では乗馬ズボンスタイルでしたが、アフガンカは熱地服のようなストレートズボンスタイルです。, 一見すると米軍のカーゴパンツと大差ないように見えますが、ズボンの折り目の部分が縫い合わせてあるのが特徴です。, カーゴポケットは箱型で、側面がプリーツ型に縫製されており、容量を確保する工夫がされています。, 映画「第9中隊」でアフガニスタンに到着した空挺隊員達のパナーマハットが格好良かったです。, デザインはそのままに、迷彩柄で作られた物が長らくロシア連邦軍でも使われていました。, 「マブータキャップ」と言う呼び方もされますが、「マブータ(特殊部隊用被服)」と対になる帽子は裁断がちょっと異なるので、私は「アフガンカキャップ」と呼んで区別しています。, 手にしているのは空挺軍のメインウェポン「AKS-74」東京マルイ製次世代電動ガンです。, アフガンらしさを出すため、ストックに包帯を仕込みゴム製止血帯でぐるぐる巻きにしています。, 背中のRD-54空挺背嚢には、ポンチョとKZS迷彩カバーオールの上着を縛着してあります。, 個人携帯ショベルは、RD-54の付属ポーチに収納していますが、実際の所このポーチの使用例は見た事がありません。, 背嚢に無造作に突っ込んである場合が殆どで、柄の部分が蓋から飛び出している姿がよく見られます。, アフガンカと空挺軍装備の組み合わせの着こなしの魅力は何といっても襟元からチラリと見えるボーダーシャツでしょう。(これがやりたくて空挺コスしてるようなモンですw), 迷彩効果などガン無視した美意識と、実用性一点張りのAKのような装備が混在しているのがソ連軍の魅力ですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 宮崎県で活動している、雑食性コスプレゲーマーです。 サバイバルゲーム・チーム「B.U.G」のリーダーもやってます。, アフガニスタン紛争基本ユニフォーム ~ ソ連軍 1981年型夏季アフガンカ (実物), 1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 士兵装備 [56式半自動小銃 (SKS)], マルシン独自規格の8㎜BB弾仕様 ~ 十四年式拳銃・前期型 (マルシン製・ガスブローバック). ソ連崩壊後は存続が難しくなり、オーケストラが改名したり団員が独立するなどして幽霊オーケストラが多数誕生した。またアナトリー・ヴェデルニコフのように当局に契合しない演奏家は海外公演を制限された。 ソ連を描いたもしくは題材にした映画 1980年代のアフガニスタンにおける内戦およびソ連軍の介入について、最も長く、また広く信じられてきた誤解の一つがこれだ。つまり、ソ連軍は、ムジャヒディンとアメリカにより軍事敗北を被った。そして、戦いで大損害を受けたソ連軍は、1989年にアフガニスタンから撤退する以外に選択肢はなかった、というものだ。 だがこれは、歴史的現実からかなり乖離しているように思える。1980年代半ばには、反ソ勢力のムジャヒ … 今回取り上げる装備は、アフガニスタン紛争時代のソ連軍(ロシア軍)のユニフォームとして特に有名な通称アフガンカです。 私が購入したのはもう随分昔で、その頃は情報が少なく、「M88アフガン・ファティーグ」の名称で販売されていました。今は「アフガ ソ連軍のアフガニスタンからの撤退(ソれんぐんのアフガニスタンからのてったい、英: Soviet withdrawal from Afghanistan)とは、1979年以降、アフガニスタン民主共和国に駐留していたソ連軍が1980年代末期に同国より撤退した出来事である。 ソ連軍のアフガニスタンからの撤退(ソれんぐんのアフガニスタンからのてったい、英: Soviet withdrawal from Afghanistan )とは、1979年以降、アフガニスタン民主共和国に駐留していたソ連軍が1980年代末期に同国より撤退した出来事である。. ソ連軍が主にアフガニスタン紛争で使用した「アフガンカ帽」です。 以前にもブログにて紹介しましたが、野戦帽章を取り付けたので改めて紹介します。. サバゲーでは銃より装備に貢いでるヒストリカル系ゲーマーです。 サバゲーでは銃より装備に貢いでるヒストリカル系ゲーマーです。 1979年 12月の侵攻以降、アフガニスタンに駐留を続 … この帽子はアフガンカと合わせて使用する為にデザインされた作業帽で、服と共生地のカーキ色の中厚綿布で作られています。, また、帽章の取り付け位置には汗止めと同じ素材で作られたタブが縫い付けてあり、金属製の割りピンを隠すように配慮されています。, ソ連軍内でも評価されていたようで、アフガンカと同じく各種迷彩柄の物が製造され、ロシア連邦軍でも引き続き使用されています。, アフガニスタン紛争当時の前線の兵士の間では、小さめのサイズのこの帽子を特に四角く折り癖を付けて、頭頂部に載せるように浅く被るのが粋とされていたようで、再現してみるのも面白そうです。, コットン製なので素材的な保温効果は限定されますが、遮風効果による防寒機能はある程度期待できるでしょう。, ともあれピロトカと比べれば、つば付き帽子のデザインは作業用としては使い勝手が良いと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 宮崎県で活動している、雑食性コスプレゲーマーです。 この帽子はアフガンカと合わせて使用する為にデザインされた作業帽で、服と共生地のカーキ色の中厚綿布で作られています。 ソ連崩壊後は存続が難しくなり、オーケストラが改名したり団員が独立するなどして幽霊オーケストラが多数誕生した。またアナトリー・ヴェデルニコフのように当局に契合しない演奏家は海外公演を制限された。 ソ連を描いたもしくは題材にした映画 ソ連はアフガニスタン政府軍へ、アメリカは反政府ゲリラへそれ: ぞれ軍事援助を続け、アフガニスタンは 「 第二のベトナム 」 の: 様相を呈した。 ジハード( 聖戦 )を掲げて戦うアフガンゲリラはムジャヒ … アフガンカの通称が示す通り、アフガニスタン紛争中期にそれまでの「m69熱地服」に代わって普及した防暑被服です。 1979年で起こったソ連によるアフガニスタン侵攻、このアフガニスタン侵攻はなぜ起こってしまったのか?その原因となった歴史の背景には当時冷戦状態だったアメリカが関係していた?当時の紛争によって起こった現在の内戦や子供たちの問題、その解決策についてご紹介します! 今回取り上げる装備は、アフガニスタン紛争時代のソ連軍(ロシア軍)のユニフォームとして特に有名な通称アフガンカです。, 私が購入したのはもう随分昔で、その頃は情報が少なく、「M88アフガン・ファティーグ」の名称で販売されていました。今は「アフガンカ」が通りが良いみたいで、そもそも「アフガン・ファティーグ」ではググっても引っかかりませんね。, 四角い貼り付けポケットが、西側風味を感じさせ、それまでのソ連軍服のデザインと比べると、非常に洗練された印象を与える服だと思います。, 制式名称は1982年型とか1981年型とか、色々な呼ばれ方をしていて、ロシアにおける正しい呼称がわかりません。…詳しい方のご指導を切に願います m(__)m, アフガンファティーグ・前パナーマ帽と組み合わせるとアフガン風味が増していい感じです。, 同時期の東側の被服では、東ドイツ軍のBDUスタイル新型戦闘服も西側風のデザインですね。, 恐らくアフガンカの影響を受けて開発されたんじゃないかと推測しますが、実際のところどうなんでしょう。, この時期のソ連軍は、このアフガンカのみならず、MiG29やSu27など、戦闘機にもやたらカッコイイデザインの機体が登場した頃ですね。, 過去の、“軍服”の意匠を色濃く残した1969年型野戦服や、グリーン・カラーで地平線を埋め尽くすT-55戦車の群れ、「操縦席と大馬力エンジンを金属で囲ってみた」的な直球デザインのMiGシリーズなどの、ある種泥臭いイメージが一新されたこれらの新型装備が続々登場した当時は、今振り返ってみても、ホント「どうしちゃったの?」という感じでした。, 内装はかなりシンプルですが、腰を絞る為の紐が付いていたり、ズボン側には長靴にズボンの裾を収納しやすくするループなど、ソ連軍視点で実用的な造りがなされており、米軍装備にはない魅力だと思います。, 今回写真撮影用に久しぶりに着こんで見ましたが、元々細身なサイズの為、ズボンのボタンが閉まらない!10代の頃は履けてたのになぁ…orz, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 宮崎県で活動している、雑食性コスプレゲーマーです。 パキスタンと米国の支援を受け、ソビエト正規軍およびソ連が支持するカーブルの政府軍と戦っていたアフガンの ムジャヒディン は、1980年代半ばには窮地に陥っていた。 「1986年4月、パキスタン国境で激しい戦闘があった。 サバイバルゲーム・チーム「B.U.G」のリーダーもやってます。, 1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 士兵装備 [56式半自動小銃 (SKS)], マルシン独自規格の8㎜BB弾仕様 ~ 十四年式拳銃・前期型 (マルシン製・ガスブローバック). サバゲーでは銃より装備に貢いでるヒストリカル系ゲーマーです。 ソ連はアフガニスタン政府軍へ、アメリカは反政府ゲリラへそれ: ぞれ軍事援助を続け、アフガニスタンは 「 第二のベトナム 」 の: 様相を呈した。 ジハード( 聖戦 )を掲げて戦うアフガンゲリラはムジャヒ … サバイバルゲーム・チーム「B.U.G」のリーダーもやってます。, 陸上自衛隊 2型迷彩・ピストル用ダブルマガジンポーチ (エスアンドグラフ製・ゲーム用品), 1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 士兵装備 [56式半自動小銃 (SKS)], マルシン独自規格の8㎜BB弾仕様 ~ 十四年式拳銃・前期型 (マルシン製・ガスブローバック).

水瀬いのり 神戸, リーマンショック 回復 アメリカ, 田辺 アルクトス, アイシス 意味 車, ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 清野, レイデオロ 2019, アニメイト 予約 後払い キャンセル, 内田篤人 ラキティッチ, 高校サッカー 強い 県, 続 最後から二番目の恋 動画 1話, 巨人 ヤクルト ほっと もっと, 日本ダービー 傾向,

カテゴリー:

2020年12月4日