スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

米国 人口予測

ワシントン大学などの研究者によって2100年の世界の人口動態と経済状況を予測した研究結果が発表されました。2100年は今年生まれた赤ちゃんが80歳になる年です。2100年は私が112歳になる年なので、おそらくもう生きてこの世にはいないであろう時代です。, 発表された研究結果によると、2100年の日本の人口は約6000万人、現在の人口水準からすると半減するという計算になります。, 2017年現在の世界の人口トップ3は中国、インド、アメリカの順です。このうち、中国の人口は2020年代にはピークアウト、それ以降は年々減少していく見込みになっています。インドは2050年前にピークアウトし、その後は減少に転じます。現在のトップ3のうち、アメリカのみが緩やかではありますが、2100年まで増加していく予測になっています。2100年には2017年の7位からナイジェリアが2位に、18位のコンゴが6位に、13位のエチオピアが8位に、14位のエジプトが9位に、24位のタンザニアが10位に、それぞれ上昇する見込みで、人口増加・経済成長のメインプレーヤーは現在のBRICSからアフリカ諸国へ移っていくと予測されています。, 現在1位のアメリカと2位の中国は2035年頃に順位が入れ替わりますが、その後、2098年ごろにふたたびアメリカが首位に返り咲くと予測されています。21世紀半ば頃までにはインドが3位に浮上しますが、4位以下は日本、ドイツ、フランス、イギリスと今日の先進主要国が名を連ねます。アフリカの新興国からはナイジェリアが9位に入ります。, 日本が80年後も世界4位の経済大国であるというのはある意味すごいことだと思いました。日本が人口半減でもある程度のGDPを維持できるということは、その分一人当たりのGDPが大きくなるということです。つまり、昨今政策課題とされる生産性が向上させることが必要で、それはある程度達成できるだろうということです。, 単純に人口増加が見込める国に投資をすればいいというものでもありません。アフリカ諸国はこの先、急成長が期待できますが、株式市場や法制度が未熟で、まだ個人投資家が検討できる投資対象ではないと思います。ナイジェリアは2100年頃になれば、新興国として投資対象候補に上がってくるかもしれません。, すると、先進国ではアメリカ、日本、欧州、新興国としては中国、インドが主な投資先となってくるかと思いますが、相対的に比較するとやはりアメリカの魅力が頭ひとつ抜けているかと思います。, アメリカは言わば先進国と新興国のいいところ取りをしているような状態と言えるからです。先日、中国のスタバといわれたラッキンコーヒーが不正会計で上場廃止になりましたが、先進国での不正会計のリスクは新興国より低いです。会計制度や法整備がしっかりしているからです。特にアメリカの財務会計の透明性や法制度の充実度は世界最高水準です。先進国のうち、この先の人口増加が見込めるのはアメリカのみです。2100年は少しスパンが長すぎるので、2050年で考えても人口増加が期待できる主要国はアメリカとインドのみです。, 最近、一連のアメリカ株投資ブームで「日本株はダメだ!」みたいな論調をたまに目にすることがありますが、私はそうは思いません。人口が半減した2100年でもGDPで世界4位に残れる経済の地力が日本にはあると思います。ただ、アメリカ株と相対的に比較すると、やはり国内内需の拡大が見込めて、イノベーションの中心地であるアメリカのほうが魅力的に見えてしまいます。日本株がダメだとは思わないけど、アメリカ株のほうが魅力的だと思う、ということです。, ブログを始めた初期のころ、「なぜ米国株式投資なのか?」という記事を書きましたが、その中でアメリカ株を選ぶ理由として、アメリカの人口増加を理由に挙げました。, 記事の中で国連の人口予測のグラフを示しましたが、グラフでは2100年頃のアメリカの人口は3億5000万人超〜5億人超が予測範囲として示されています。今回の予測では3億3600万人と予測されているので、国連の予測より保守的です。国連の予測では2050年を過ぎても人口推移は基本的に上昇基調ですが、今回の予測では2050年を過ぎると微増か横ばいと予測されています。, それでも今日の主要先進国でこの先、人口増加が見込めるのはアメリカだけです。投資先として相対的に比較すると、やはり人口増は大きなアドバンテージになると思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 名前:夏山繁樹 1.1.1 米国高齢者人口の推移予測 <現状> 米国国勢調査局によれば、2016 年現在の米国の推定総人口は約3 億1,856 万人であり、このうち 14.5%(約4,618 万人)が65 歳以上、6.2%(約1,983 万人)が75 歳以上である1。これは、日本の時期 TFR lower than the replacement level in many countries, including China and India, ワシントン大学(1) アメリカの人口推移は増加傾向にあり、2050年代には4億人を超えるとの予測です。日本と同様、出生率は「2」を下回っていますが、中南米~ヒスパニック系を中心に多くの移民を受け入れる事が、人口が増加すると見込まれる理由です。 生産年齢人口の割合低下が社会保障制度に圧力. would have economic, social, environmental, and geopolitical consequences. アメリカは先進国の中でも人口が増加していることで有名です。このため、今でもアメリカは中国やインドに次いで、世界で3番目に人口の多い国としての地位を維持しています。 しかし、近年、アメリカの人口増加率は徐々に低下してきています。図表1に見られるように2018年(2018年7月時点)の人口増加率は0.6%にとどまり、1937年以来の低さとなりました。 このような人口増加率の低下の背景には、三つの要因があったと考えられます。 Policy reproductive health, will be crucial in the years to come. ワシントン大学などの研究者によって2100年の世界の人口動態と経済状況を予測した研究結果が発表されました。2100年は今年生まれた赤ちゃんが80歳になる年です。2100年は私が112歳になる年なので、おそらくもう生きてこの世にはいないであろう時代です。 to contraception will hasten declines in fertility and slow population growth. 世界人口(1), 米ワシントン大学の研究者達が2100年の世界人口について研究成果を発表。これによると2100年の世界人口は国連予測より21億人少ない88億人に縮小し、日本の人口は5,972万人に半減すると発表した。, 米ワシントン大学の研究者達が2100年の世界人口について研究成果を発表。これによると2100年の世界人口は国連予測より21億人少ない88億人に縮小し、日本の人口は5,972万人に半減すると発表した。今回発表されたのは、米ワシントン大学の研究者達が英医学誌「ランセット」に、将来の世界人口予測について研究論文を発表したもの。これによると今後の世界人口は、2064年の97億人でピークを迎え、この後は減少を初め、2100年には88億人となるという研究成果を公表した。国連が予測している世界人口は2100年には109億人になるとしており、これとは21億人の減少ということになる。この研究論文によると、2100年時点での日本の人口は5,972万人で現在から半減すると予測。この他にも20ヵ国以上が現在の半数程度まで減少するとしている。また、中国の人口も48%程度減少すると予測。経済の面では中国は2035年までに最大の経済国となると予測しているが、2098年には再び米国が最大の経済国になると予測された。これらとは逆に、北アフリカおよび中東地域では人口が拡大。現在の6億人程度から10億人弱まで拡大。アフリカ地域は、現状の10億人程度から30億人強まで拡大すると予測。世界人口のバランスが大きく変わることから、世界情勢についても変化が訪れる可能性があると公表している。, Fertility, mortality, migration, and population scenarios for 195 countries and territories from 2017 to 2100: a forecasting analysis for the Global Burden of Disease Study. 80歳以上の人口も、2019年の1億4,300万人から2050年には4億2,600万人へと、3倍に増えることが予測されます。 8. A sustained サラリーマンやりながら米国株を中心に株式投資をしています。大学教授ではありません。1988年生まれ。 Follow @KyojuTokyo. ©Copyright2020 教授の米国株投資.All Rights Reserved. Our findings suggest that continued trends in female educational attainment and access また、中国の人口も48%程度減少すると予測。経済の面では中国は2035年までに最大の経済国となると予測しているが、2098年には再び米国が最大の経済国になると予測された。 これらとは逆に、北アフリカおよび中東地域では人口が拡大。 ランセット(1) ワシントン大学などの研究者によって2100年の世界の人口動態と経済状況を予測した研究結果が発表されました。2100年は今年生まれた赤ちゃんが80歳になる年です。2100年は私が112歳になる年なので、おそらくもう生きてこの世にはいないであろう時代です。 米国のトランプ大統領は、国連に対して世界保健機構(WHO)から脱退すると正式に表明した。, 米トランプ政権は、地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」からの離脱を、国連に対して正式に離脱する事を通告した。, 国連は、世界156カ国・地域を対象にした幸福度に関する調査報告書を発表した。これによると1位はフィンランドで、日本は54位という結果。, 地域の情報サイト「ジモティー」を運営する株式会社ジモティーは、ワークシェアアプリ『COSOJI』を展開予定のRsmile株式会社に出資を行ったと発表しました。, 職場で気が利く女性を見ると、男性はどう思うものなのでしょうか。偶然「この女性は、とても気が利く」と気付く場面もあるでしょう。このような時に、相手の女性に対して芽生える感情についてお伝えしていきます。, ソニー株式会社は、AIロボティクス領域において、ドローンの新たなプロジェクトを開始すると発表しました。, 癒しを求める男性の心理には、女性から見て「なるほど、そうなんだ」と納得できるものがあります。男性の心理を理解すれば、接し方が楽になる可能性はとても高くなるでしょう。今回は癒しを求める男性の心理について、納得できるものを5つお伝えしていきますね。, 米大統領選挙は、民主党のバイデン候補が、集計の遅れていたペンシルベニア州での当選確実を受け獲得選挙人の過半数を超え、事実上の勝利宣言を行った。, WORKPORT+ [ワークポートプラス] | あなたに、ちょっとプラスな毎日を。, https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30677-2/fulltext. options to adapt to continued low fertility, while sustaining and enhancing female

川島永嗣 筋肉, リーマンショック 日本 影響, Nhk 家族割引 裏ワザ, 楽天 開幕一軍メンバー, あさが来た ふゆ 結婚, ブエナ ビスタ クリスマスツリー, 松本 剛 東京工業大学, ブエノスアイレス観光 日数,

カテゴリー:

2020年12月4日