スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

坂元裕二 ドラマ おすすめ

鈴原果歩(22歳):倉科カナ 道木仁美(29歳):尾野真千子 このドラマの出演者は、実力派揃い。松雪泰子・高畑順子・田中裕子など日本を代表する役者たちだ。ドラマの雰囲気をぶち壊すようなセリフ棒読み役者は出演していない点が良い。 ドラマ『Mother』はこんな方におすすめです。 ・感動できるドラマが見たい ・可愛い子供が主役のドラマが見たい ・演技派女優が集結したドラマが見たい ・思いっきり泣きたい. 何気に注目されているドラマ『家政夫のミタゾノ』ですが、いよいよ始まりましたね。 脚本:坂元裕二 ... こんな人におすすめ. 主人公・春木健次の気になる女性で社長秘書の青井由季には矢田亜希子、春木の務める会社の若手イケメン社員・日垣直哉に玉木宏、直哉が思いを寄せるデザイナーの藤沢律子に片瀬那奈が扮しました。, 香取慎吾を主演に迎え、小説『西遊記』を現代版に大胆にアレンジしたドラマ『西遊記』は、坂元作品の中でも異色の存在です。 望月葉菜(55歳):田中裕子 今期、かなり注目されていたドラマ『スニッファー~嗅覚捜査官~... こんにちはうさぎ♪です。 恋と仕事に悩む男女の姿を等身大に描いたリアリティあふれるストーリーが魅力の坂元裕二作品。これまで話題や注目を集めたドラマの影には、坂元裕二の脚本があるのです。, 伝説的人気を誇る永遠の名作ドラマ『東京ラブストーリー』。月9ドラマ枠の人気の火付け役的存在でもありました。愛媛から上京した青年が、東京での生活、恋や仕事に翻弄されていく様子を美しくもリアルに描き、当時働く女性の大きな共感を得た作品です。 脚本:坂元裕二 夫が疾走している主婦の巻真紀を松たか子、真紀の行動を探っているチェロ奏者・世吹すずめに満島ひかり、普段は美容院で働いているヴィオラ奏者の家森諭高(いえもり ゆたか)には高橋一生、有名な指揮者を祖父に持つ別府司は、松田龍平が演じました。, 虐待やネグレクトを題材に扱った『Mother』、結婚生活は送っても、なかなか夫婦になれない男女を描いた『最高の離婚』、30代の男女の間の空気を心情の変化を繊細に描いた『カルテット』。坂元裕二作品は、どれも時代の空気を自然にストーリーの中に取り込み、それを登場人物の何気ない会話にまで反映させています。 好きなドラマにランクインすることも多い作品で、1 ・可愛い子供が主役のドラマが見たい 『西遊記』を原作としたドラマは、この作品以前にも放送されていました。初代ドラマ『西遊記』の持つコミカルな魅力はそのままに、それぞれのキャラクターを演じる役者の個性も投影したかのような、大胆なアレンジが話題となりました。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". かつては研究者として活躍していた鈴原奈緒は、研究室の閉鎖のため、小学校教諭となりました。自分の受け持つクラスに虐待が疑われる女生徒・道木怜南のことを気にしながらも、どうすることもできないでいる奈緒。しかしある日、ゴミ袋に入れられて捨てられている怜南を見つけ、奈緒は自分が母親となり、怜南と生きることを決意します。 いよいよはじまった2017年冬ドラマ。話題作がたくさんありすぎて何を見たらいいか迷っちゃいますね。 ¨ãƒ»æ³¨ç›®ã®ã‚¤ã‚±ãƒ¡ãƒ³ã‚’チェック, 台本中、女性への「ブス」というセリフに対し…? 兼近大樹の対応に「さすが」「かっこいい」の声, 父に叱咤されたアイドルファンの娘 祖母の対応に「最高」「かっこよすぎる」, はぁ?夫が言い放った衝撃のひと言に震えた件【ママならぬ日々95話】, 「ピンクは女の子じゃないとダメ」と言われた父 とった行動に「素晴らしい!」の声, 「怖すぎる」 マッチングアプリで出会った人とLINEをしていると次第に…?, 脚本家・坂元裕二のドラマ4選 『カルテット』ロスのママに…. 坂元さん、映画「そして父になる」「誰も知らない」の是枝裕和監督に「尊敬する現代の脚本家のひとり」と言わしめているらしいですね。, ちなみに、『Mother』『最高の離婚』などで向田邦子賞、橋田賞など数々の賞を受賞されてもいます。多くの人に認められた実力を持つ脚本家さんだったんですね。, さて、多くの人に評価されている坂元さんの脚本ですが、どんなところが魅力なんでしょうか?, 坂元さんの脚本のいちばんの魅力は、“本質を突くセリフ”にあります。登場人物に薄っぺらいことを一切言わせない。ドラマ1回の放送分で、少なくとも10個は名言がありますね。, 最近の坂元さんの作品は、深層心理をあぶり出すセリフが多く、「そうなんだよ!」と見ているこちらの気持ちを代弁してくれるセリフもあれば、視聴者にどうなの?と問いかけるようなグサッと突き刺さるセリフもある。一個一個のセリフが、研ぎ澄まされているのです。, “名優勝負”が特徴としてあげられます。坂元さんは、キャスティングにもこだわって演技のうまい俳優を希望するといわれています。, いいセリフを言わせるに至るまでの構成がムダなく細やかで緻密です。伏線と思わせずさりげなく散らばせたなにげないシーンが実は大事で、それらを最後の盛り上がるシーンに向けて集約させていく構成のバランスがすごくうまい。 奈緒の妹。鈴原の三女 2017年冬ドラマもいよいよ始まりました。今期のドラマってベテランの脚本家さんが担当しているドラマが多いですね。やっぱりドラマ、「中身が大事!」ということなんでしょうか・・。, 今回は、今期の話題作の一つ、ドラマ『カルテット』の脚本を務める脚本家、坂本裕二さんの過去作や評価についてまとめてみたいと思います。. 独断と偏見で『2017年冬ドラマおすすめランキング』を作ってみたので、ぜひ参考にしてみてください。 奈緒の担任クラスの生徒 休日はSTAYHOMEで動画見まくり。, ドラマ『Mother』は、動画配信サイト「Hulu」で全話見ることができます。初回登録後、2週間は無料でドラマや映画が見放題なので、無料お試し期間に一気見するのもありです。, 2006年放送のドラマ『14才の母』のネタバレあらすじ感想。タイトルの通り、14才の女性が妊娠して母親になるという内容で、主に妊娠してから出産するまでの物語です。14才という若い年齢での妊娠出産の苦悩が丁寧に描かれています。主演は志田未来。, 2010年放送のドラマ『流れ星』のネタバレあらすじ感想。難病の妹のために肝臓を提供してもらう代わりに借金を肩代わりするという契約で偽装結婚をした偽装夫婦の感動の愛の物語です。出演は、上戸彩・竹野内豊・北乃きい・松田翔太ほか。, 2011年放送のドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』のネタバレあらすじ感想。結婚を控えた幸せそうなカップルの愛が試されるストーリーです。もし婚約者の浮気が発覚したらあなたならどうしますか?出演は、戸田恵梨香・三浦春馬・武井咲など。, 2012年と2013年に放送されたドラマ『リーガルハイ』のネタバレあらすじ感想。風変わりな敏腕弁護士と正義感の強い新米弁護士が型破りな方法で事件の本質を突き戦う弁護士物語です。出演は、堺雅人・新垣結衣・里見浩太朗・田口淳之介ほか。, 2006年放送のドラマ『白夜行』のネタバレあらすじ感想。小学生の頃に実の母親と父親を殺した2人の男女が、お互いを守るために罪を重ね続ける悲しく切ないサスペンスストーリーです。出演は、山田孝之・綾瀬はるか・武田鉄矢・八千草薫ほか。, 2011年放送のドラマ『マルモのおきて』のネタバレあらすじ感想。文具メーカーに勤める独身サラリーマンが亡くなった親友の双子の子供を育てるというストーリー。心がほっこりしてほのぼのするドラマです。出演は、阿部サダヲ・芦田愛菜・鈴木福ほか。. 出典:週刊ポストセブン, 好きな人はここまで!でも、ドラマ好きな人ほど坂元作品を評価していますから、あながち間違いじゃないかもしれませんね。, 坂元裕二さん、脚本家でありながら、キャスティングにも非常にこだわるらしく、演技のできる俳優さんを指定することが多いみたいです。 坂元裕二様のきらめく作品は、10代に見せてやって欲しい。 という、いちドラマオタクの願いです。 私は途中で疲れましたが、素晴らしい作品であることに間違いはないです。 主題歌:「Now You’re Not Here(あなたにいてほしい)」スウィング・アウト・シスター, 主題歌:「ウェイク・ミー・アップ・ゴー!ゴー!」織田裕二 with ブッチ・ウォーカー. 鈴原芽衣(26歳):酒井若菜 小学校の教諭。産休の教師の代理担任 孫悟空役を香取慎吾、沙悟浄を内村光良、猪八戒を伊藤淳史、三蔵法師を深津絵里が演じました。また、孫悟空の筋斗雲が羽状になっていたり、水川あさみ演じる凛凛など、原作にはないこのドラマだけのオリジナルキャラクターや設定も大きな見どころでした。, 韓国の大ヒット映画『猟奇的な彼女』を、設定を日本に置き換え大胆アレンジしたドラマがこちらの作品です。 自身も母に捨てられた過去を持つ鈴原奈緒には、松雪泰子が扮しました。虐待を受ける少女・道木怜南は、芦田愛菜、母の道木仁美には尾野真千子、仁美の恋人・浦上真人には綾野剛、奈緒の里親・鈴原籐子に高畑淳子、奈緒の実母・望月葉菜を田中裕子が演じました。, 2組の夫婦のすれちがい生活を通して、現代の30代の結婚感や恋愛感が辛辣に描かれる作品が『最高の離婚』です。真面目で神経質な性格の夫と、がさつで家事が苦手な妻、と正反対の性格の二人が結婚生活を送っていく上で直面するトラブルは、男女問わず多くの人の共感を呼びました。 ・思いっきり泣きたい, 好きなドラマにランクインすることも多い作品で、1話から最終回まで感動しっぱなしで、毎回涙無くしては見れません。感動するドラマが見たい方にはぜひ見てほしい作品です。, ドラマ・映画好きのアラフォー女。特に90年代ドラマが好み。 ・演技派女優が集結したドラマが見たい 2016年秋ドラマも出揃って、どれを見ればいいのか迷ってしまいますね。 国内ドラマおすすめランキング7位は、坂元裕二さんが脚本を描いた男女4人の恋愛ドラマ「カルテット」です。 30代の4人の俳優をメインとしたこともあり、サスペンス、コメディーを加えた大人向けのドラマになっています。 そのこだわりが垣間見えるエピソードに、『それでも、生きてゆく』に出演した女優、満島ひかりさんへの直談判が挙げられます。, 「青春ゾンビ」というブログにて詳しく書かれていたので抜粋します。 怜南の母親。シングルマザー こう ちょっと手がね、震えてて 奈緒を産んだ本当の母親, 小学1年生の怜南(芦田愛菜)は、母親とその彼氏から虐待を受けています。代理担任となった奈緒(松雪泰子)は、薄々には怜南が虐待されていることに気付きますが、特に助けることはせず本当の担任教師に任せようとします。, ある日の寒い夜、奈緒は、怜南の家の前のゴミ捨て場に怜南がゴミ袋に入れられて捨てられているのを発見します。それをきっかけに奈緒は、怜南を虐待から助けるために怜南を誘拐して怜南の母親になることを決意します。そこから、奈緒と怜南の逃亡生活が始まるのです。, 小学校の代理の担任教師が、親に虐待されている教え子を助けるために、誘拐して逃げるという内容のドラマで、微笑ましいシーンはあってもワハハと笑えるシーンは一切なし。, ドラマの中には色んな母親が出てくるのだが、本当の母親や血の繋がらない母親のそれぞれの母親の子供に対する愛情に毎回泣かされる。どの母親にもリアリティがあり、世の母親は共感できるのではないだろうか。また、母親ではない方でも、母親の愛情というものがどんなものなのかというのを感じることができると思う。このドラマを見た後は、つい自分の母親のことを考えてしまうだろう。, 【とにかく泣ける】 2017年に放送され人気と注目を集めた大人のラブ・サスペンスドラマ『カルテット』。このドラマの脚本を担当しているのは、坂元裕二です。これまでに手がけた作品はどれも大ヒット作となっている坂元裕二脚本のおすすめドラマをご紹介します。, 2017年の『カルテット』や2016年の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』など、そのシーズンに放送されたドラマの中でもとりわけ注目と話題を集めている、坂元裕二脚本作品。リアリティにあふれ共感できるストーリー展開と、思わず登場人物に感情移入してしまうセリフが特徴です。 こんにちはうさぎ♪です。 2017年冬ドラマもいよいよ始まりました。今期のドラマってベテランの脚本家さんが担当しているドラマが多いですね。やっぱりドラマ、「中身が大事!」ということなんで … 眞崎三郎を 草彅剛、高見凛子を田中麗奈が演じました。三郎の同僚で幼なじみである朝倉南には松下奈緒、凛子が忘れられないでいる元恋人・野々村俊介には市川染五郎が扮しました。, 母性や母として生きることに悩む女性の姿を描き、話題となった作品『Mother』。虐待や母子家庭の苦労、母と娘の葛藤が、シリアスなストーリーの中に美しくも繊細に盛り込まれています。 奈緒の妹。鈴原の次女 とにかく泣ける。母親の愛に毎回毎回感動。1話から最後まで泣けるドラマってなかなかないが、このドラマをイッキ見し終わった後は、目が真っ赤に腫れ上がっていた。, 【芦田愛菜が可愛い】 坂元裕二が脚本を手がけたドラマには社会現象ともなった大ヒット作や、驚異的な視聴率を叩き出した作品も多数あり、日本のドラマ界にはなくてはならない存在です。, 坂元裕二が脚本としての活動を始めたのは、フジテレビヤングシナリオ大賞を19歳で受賞したことがきっかけです。その後に連続ドラマの脚本を務めるようになり、1991年に放送されたドラマ『東京ラブストーリー』が大ヒット、社会現象にもなりました。 //

メジロドーベル ウマ娘, グリーン 歯医者 兄, 北海高校 合唱部, アラブの春 英語, 坂本勇人 バッティンググローブ 2020, 石川 女子サッカー, 高校サッカー選手権 静岡, 藤井聡太 父 大学,

カテゴリー:

2020年12月4日