スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

ファーストクラス 価値

羽田〜沖縄(那覇)線:1日3〜4便程度, シーズンによる変動はありますが、今回搭乗した羽田福岡線で片道約5万円弱となっています。, これらの高い航空券を買わなくてもファーストクラスに乗る方法があります。それがアップグレードです。, アップグレードとは、普通席を予約していた人が当日ファーストクラスに空きがある時に限り、追加料金を払って席を変える方法です。, JALのファーストクラスへのアップグレードは8000円ですので、上の運賃と比較すればかなり安くなります。, しかも今回は、Amazonの買い物で貯めたマイルによる特典航空券ですから、実質片道8000円で福岡東京をファーストクラスで移動していることになります。, AmazonでJALマイルを貯める方法はこちらの記事で紹介していますので、「自分も安くファーストクラスに乗ってみたい!」という人は是非実践してみましょう!, 「ファーストクラスって座席が快適なだけでしょ?」と考えている人も多いのですが、それは全くの間違いです。, JALのファーストクラスの利用者は空港に着いた時から快適に利用できるように、きめ細やかなサービスを受けることができます。, ファーストクラスを利用する人は、そもそも専用のチェックインカウンターが用意されています。, 荷物を預けるとファーストクラス専用の「PRIORITY」(優先)と書かれたタグが一緒に取り付けられます。, 専用チェックインカウンターのすぐ横には、ファーストクラス利用者の専用保安検査場があります。, 手荷物検査後の飛行機までの時間、ファーストクラス利用者は「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」を利用することができます。, ダイヤモンド・プレミア ラウンジは、JALが用意する国内線のラウンジの中で最上級のラウンジです。, このラウンジも大変素晴らしいかったので、中で提供されているサービス等は別の記事にまとめたいと思います。, 生ビールを飲み、カレーパンを好きなだけ食べて、ラウンジを存分に満喫したらいよいよ搭乗です。, ファーストクラスの利用者は、優先搭乗を利用して早めに飛行機の中に入ることができます。, 基本的にはJALを高頻度で利用するお得意様が対象ですが、ファーストクラスの客であればそこに混ざって優先搭乗が可能です。, 冬場等でコートを着ているときは、CAさんが「コートをお預かりします」と言って預かってくれます。, マイルを使ってタダで飛行機に乗っているこんな若造に対しても、わざわざ名前で読んでいただき、大変恐縮の思いです。, しかもお一人だけではなく、ファーストクラスを担当する全てのCAの方が1人1人ご挨拶いただけるので、さすが日本航空だなと思いました。, このタイプの普通席は3-4-3の10列ですので、1人あたりの座席の幅の広さが実感していただけると思います…!, そして、シートマップを見ると、通路を挟んだ向かいの人と座席の位置が前後に少しずつずれていることがわかります。, 裏を返せば、2人で旅行するときは隣同士の席を取っても会話するのは少し難しいかもしれません。, 高機能すぎて、どこがどうなっているのか全くわからない初心者のために、シートの使い方がちゃんと入っています。, 「座席がすごい倒れて横になる」というより、きちんと体にフィットする感じが適切です。, そのため見た目の上は、リクライニングしているようにはあまり見えないかもしれません。, しかし、背もたれだけではなく座面自体も傾斜ができるので、想像以上に横になっている感じがします。, ちなみにヘッドレストも動かすことができるため、より首から上の部分も包まれている感覚です。, 提供される食事を乗せるため、広いのは当然と言えば当然なのですが、13インチのMacbookproを載せてもなおこの余裕。, ちなみに机の位置は前後にスライドさせられるので、座席のリクライニングをどの角度に設定しても机は使いやすいです。, 私は意気揚々と靴を脱いでスリッパを履きましたが、周りを見ると意外とスリッパ使っていない人は多いです。, ちゃんと袋もついているので、スリッパが置いてないホテルを利用する時に持って行くのにちょうど良いです。, 私が乗ったB777-200の場合、ファーストクラスの座席には充電用のモバイルバッテリーが置いてありました。, 2019年9月から就航予定のA350のように、コンセントが座席についている機材の場合、こちらのバッテリーは置いてないと思われます。, 普通席でもイヤホンをもらうことができますが、ファーストクラスの場合はノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンとなります。, 普段普通席でもらえる毛布に比べ、ウール100%のブランケットは手触りが良かったです。, 私が試した結果としては、離着陸の時は腰の後ろに置いて、パソコンで作業するときは膝上に載せておくのがしっくりきました。, こちらはクッションよりもフワフワなものですので、首下においておくとぐっすり寝れそうです。, さて離陸後、シートベルト着用サインが消えてからがファーストクラスの本番と言えるでしょう。, JALのファーストクラスは、国内線でフライト時間が短いにも関わらず食事が提供されます。, インスタント麺がラーメンとうどんで選べるので、今回はJAL名物の「らーめんですかい」を選びました。, 飛行機といえば、ドリンクでコーヒーかお茶か、ジュースかを迷うのが醍醐味…ですが、ファーストクラスではそんな心配は無用。, ただ焼酎はあまり飲める気分ではなかったので、ファーストクラスといえばという「シャンパン」にします。, CAさんがきちんとボトルの銘柄もご紹介。ちなみに説明されても何もわからないのですが。, ダイヤモンド・プレミアラウンジで大量にビール飲んできているので、他のアルコールは軽くハイボール程度にしておきました。, ハイボールはウイスキーと炭酸水を割ってくれるのかな、と思ったらこちらは缶でした(笑)。, ちなみにグラスにレモンを入れてくれるようにお願いしたら、きちんと対応していただけました。, 飛行機内で可能な範囲で、という条件はありますが、乗客の要望には出来る限りの対応をしてくださいます。, ソフトドリンクの中でダントツで美味しかったのが、「山形代表 ら・ふらんすジュース」です。, ただ、上空の安定姿勢の時しか食事やドリンクは提供されませんから、実質1時間弱となります。, 預け入れ荷物にはプライオリティのタグが貼ってありますから、当然一番最初に荷物が出てきました。, ただ羽田空港のように大きい空港だと、プライオリティタグの付いた荷物でも時間がかかります。, 特にファーストクラスに座っている人は一番最初に降ろしてもらえる分、手荷物が来るまで少し待たされます。, 実際にファーストクラスを体験したことから、「ファーストクラスに高い金を出して乗るべき価値があるか?」について話したいと思います。, ファーストクラスも普通席も、所要時間は全く変わりませんから時間的なメリットはありません。, 食事が提供されたり、アルコールが飲み放題というメリットもありますが、JALは食事やアルコールの機内持ち込みが特に制限されていません。, つまり最初から食べたいものや飲みたいものを買っておけば、同じことはできるはずです。, こういった状況ならば、狭くて混雑する普通席で疲れてしまうくらいなら、高いお金を出してでもファーストクラス乗った方が自分にそれ以上のリターンが返ってくると言えるでしょう。, 何に価値を感じるかは人それぞれだと思いますので、価値を感じる部分があるなら高いお金を出してでも乗れば良いと思います。, サービスも食事も最高でしたが、今回のファーストクラス搭乗で一番良かったことは「自分の知らない世界を知れたこと」だと思いました。, しかし私は自分が体験したことがないこと、やったこともないことに対して、批評することに虚しさしか感じません。, 自分の現状の考え方や固定観念に囚われることで、くれぐれも貧しい思考回路の人間にはならないように気をつけたいと思いました。, そういった意味で、マイルで航空券自体をタダにして旅に出る方法は、安価な金額で貴重な体験をするチャンスをたくさん得られます。, 是非みなさんもマイルを貯めて、機会があればアップグレードしてファーストクラスに乗ってみてはいかがでしょうか?, 実際に福岡〜羽田間で搭乗しましたので、その時の写真を交えてわかりやすく紹介します。, いつも雑に丸められる安物コートが、申し訳ないほど丁寧にハンガーにかけられて保管されます(笑)。, ぶくろー様、本日はご搭乗いただき誠にありがとうございます。本日担当いたします、○○と申します, ANAのプレミアムクラスは足元に荷物を入れられないので、フライト中に荷物を出し入れしたい自分には嬉しいですね。, ANAの場合、お弁当箱のようなプラスチック容器ですので、こちらの方がダントツで高級感があります。, ANAの場合は、飲みきりサイズの小さいボトルが提供されてプラスチックコップに自分で入れるので、大きく違いますね!, この時間では食べ飲み足りなかったので、できれば西に向かう便で利用した方がお得感がありますね!あ, もちろん機内の食事は美味しいですし、持ち込みだと冷たいドリンク、温かい食事というのは難しいですが…, 逆に払った金額以上の効用やパフォーマンスを生み出せないなら、ファーストクラスは「浪費」ということですね。, ちなみに元々の航空券はAmazonの買い物で無料でマイルを貯めてGETしました!詳しいやり方はこちらで紹介しています。. ©Copyright2020 JALマイルとANAマイルがいっぱいあったらいいのに….All Rights Reserved. 飛行機のファーストクラスの価格は高いので、お金持ちの人が乗るイメージがありませんか?, ファーストクラスと言っても国内線と国際線がありますが、国内線は数万円で乗ることができます。, しかも国内線のファーストクラスに関しては前割があるので、余裕をもって航空券をとっておくと、かなり安い金額で乗ることができます。, 各社HPを見ると、運行距離にもよりますが、ざっくり100万円~200万円くらいと言っても過言ではありません。, 時期によってはファーストクラスの価格が安くなることもあるので、こちらのサイトで確認されてください。, 出典:FIRST CLASS シート一覧|Service & Info[国際線]|ANA, 距離によっては100万円を切る航空会社もありますし、区間によってはファーストクラスがないところもあります。, ※ただし、正規料金で乗る人よりも、ビジネスクラスからアップグレードしたり、貯まったマイルを特典航空券に変えて乗る人が多いかもしれませんね。, 東京⇒バンコク間のファーストクラス価格は30万前後なので、バンコク⇒羽田間の路線がいかに安いか分かります。, しかも!バンコクにあるタイ航空のファーストクラス利用者のみが利用できるラウンジでは、マッサージ等も無料だった記憶があります。, ファーストクラスだけでなく、ビジネス・エコノミークラスなど、色々な条件で探せます。, 最近ではスイートクラスと呼ばれる、ファーストクラスよりもランクの高いクラスがあります。, 特にエディハト航空のスイートクラスに関しては、バスルームとベッドルームを完備!専用のバトラーもつき、ほとんどプライベートジェットのような感覚を味わえるようです。, 国内線に関しては前割などの値引きがありますが、国際線のファーストクラスには、基本値引きはありません。, ※最近では、ファーストクラスでも期間限定でお得なキャンペーンを実施している航空会社や旅行会社を見かけます。, 初めからファーストクラスを予約する人もいますが、マイルを貯めて、ビジネスクラスからアップグレードする人も多いようです。, 一方でビジネスクラスを予約しけれど、たまたま空いてるという理由で、ファーストクラスにアップグレードした知り合いも2名ほどいますw, 基本的に国際線でファーストクラスを値引きしない理由ですが、値引きしてしまうと価値が落ちてしまうのでしょう。, そうなると、いつもファーストクラスに乗っている人が、予約がいっぱいで乗れなくなるという事態も想定できます。, エコノミーやビジネスクラスよりも座席が広く・快適に過ごせるという点が挙げられます。, たとえば、エコノミークラスにビートたけしさんのような有名人が座っていたら、話しかけてサインをもらいたくなりますよね?, つまり、飛行機に乗っている間は自分の時間がなくなるだけでなく・目的地に着くまでとても疲れてしまうでしょう。, しかし!ファーストクラスの場合はプライバシーが守られているので、ゆっくりくつろぐことができるので、目的地についても元気な状態でいられます。, エコノミーやビジネスクラスと比べるとゆったり座れ・両隣に誰もいないので、空間は広いと感じます。, ファーストクラスには、シートの様々な部分が動くようになっているので、体制を変えるのに便利です。, 食事を提供する側は、その食材1つ1つ、ベストなタイミングでお客様に提供することに配慮しています。, ファーストクラスの常連であれば名前を覚えられてるかもしれませんが、一般的に名前で呼ばれます。, 一般的にファーストクラスの金額は100万~200万円かかるので、気軽に乗れないと思います。, そこでシンガポール航空の「成田ーシンガポール」を調べると、2016年6月下旬でこのような金額が表示されました。, 人生で1回くらい、ファーストクラスの旅を味わいたいですよね? その場合は、マイルを貯めて・利用するのがよさそうです。, バンコクにあるタイ航空のファーストクラス利用者のみが利用できるラウンジでは、マッサージ等も無料. 羽田〜札幌(新千歳)線:70%くらいの便 最後に; ファーストクラスの設定のある路線(ana) そもそもファーストクラスへアップグレードと言っても、座るファーストクラスのシートの設定がなければアップグレードはできません。 7. 国内線ファーストクラスでは快適な座席に美味しい料理にお酒、そしてきめ細やかなサービスが提供されます。, 今回はJALの国内線のファーストクラスの概要と設備やサービス、そして「ファーストクラスは本当に価値あるのか?」ということをお伝えしたいと思います。, JAL日本航空の国内線ファーストクラスは、JALの国内線に用意されている普通席よりグレードの高い座席です。, もちろんJALの中では最上級の座席ですが、それ以上に国内のあらゆる公共交通手段の中で最もグレードの高いサービスを受けられると私は感じました。, JALのファーストクラスは羽田空港を離発着する一部の路線・便にしか設定されていません。, 羽田〜大阪(伊丹)線:全便 一方、ファーストクラスの価値は、この基本的な価値の一つひとつにさらに磨きをかけ、洗練させ、グレードアップさせ、一つひとつが「違う」「別世界」を味合わせてくれることにあると思います。 「普通席」で十分. 羽田〜福岡線:ほぼ全便 京都や奈良の観光で特典満載の京都大学カード。この記事ではそのスペックとメリット、実際に作ってみた様子をお届けします。... つみたてNISAでも人気の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックスファンド」。受益者還元型の信託報酬により、もっと低い信託報酬となり... FP2級は3級と比べて合格率も下がり難しい試験となります。しかし効率の良い勉強法を知ってしまえば、2週間でも合格できます! FP1級の試験に... ドイツのルフトハンザのファーストクラスは、超豪華なサービスと空間で、飛行機旅行の限界の快適さを提供してくれました。 片道100万円の運賃がす... 2019年9月、LINEポイントの交換先変更のお知らせで、ANAマイルのソラチカルートが完全終了しました。このページでは、改悪だけに情報を絞... ANAマイルをせっかく使うならビジネスクラスに安く乗りたいですよね。お得なルートや発券方法を紹介しています。... 合格率が高いFP3級に不合格になる人には共通点があります。FP1級にも合格した現役FPが、二度と落ちないための「絶対に合格するFP3級勉強法... きんざい実施のFP1級学科試験はきちんと対策をすれば合格できる試験です。不合格してしまう人には要因があります。今回は1ヶ月半の短期間で一発合... 【19/09改悪】ANAマイルは新時代へ。完全終了したソラチカの最新情報とオススメの代替ルートは?, 【Lufthansaファーストクラス】超豪華な機内やサービスを解説(フランクフルト→北京). ファーストクラスにアップグレードする価値は? ファーストクラスは乗る価値があるか. ファーストクラス搭乗記 2018.01.04 2019.12.09 hanyao. 実際にファーストクラスを体験したことから、「ファーストクラスに高い金を出して乗るべき価値があるか?」について話したいと思います。 7-1. jal国内線ファーストクラスは、ゆったりしたシートに国内線フライトにも関わらず機内食が出る、国内線上級クラスです。国内線ファーストクラスに空席があれば、当日アップグレードもできますが、アップグレード料金は8,000円。私も当日アップグレード JAL国内線ファーストクラス搭乗記~料金分の価値を感じた座席や機内食とラウンジ体験、至極の機内サービス~, 2017年の総括 JALマイルやブログ収益のこと、JALグローバルクラブ会員になってビジネスクラスのメリットを実感した1年間。, 【JALマイルを稼ぐ裏ワザ】JALマイルの裏技的稼ぎ方「交換率90.9%」のモッピーがおすすめな理由, JALビジネスクラス搭乗記・特典航空券編~おすすめの座席指定1Aとは?熟練の機内サービスの感想や評価~, 日本航空の都道府県ステッカー第2弾!切手シールの「JAL TODOFUKEN SEAL」が国内線で配布を開始, ANA国内線ファーストクラス搭乗記~プレミアムクラスの機内食やシート、ラウンジサービスで至福の時を~, 【陸マイラー入門】来たぞ!JAL陸マイラー祭りが究極還元へ! | JALマイルやANAマイルが貯まる20,000円還元は本日開始!, 【秘密?】陸マイラー期待のシークレット案件が大爆発! | JALマイルが貯まる12,000円還元がひっそりと業界最高を叩き出す。, 【陸マイラー入門】超簡単にANAマイルが貯まる!| 実質無料の100%還元でANAのマイルを大量獲得する裏技。, 【来たぞ】JAL陸マイラーのお祭り騒ぎが超高還元に! | JALマイルが貯まる18,500円還元の超人気のカードが登場。, 【限定】ANA陸マイラー祭りの伝説がほぼ独占復活!|ANAマイルが貯まる17,000円還元が数量限定で登場、早期終了間違いなし。. ファーストクラスの値段と特徴を紹介しています。国内線は安いですが、100~200万円もするファーストクラスに乗るメリットはどのようなものがあるのでしょうか? まず結論から言えば普通席で十分です。 JAL国内線ファーストクラス搭乗記~料金分の価値を感じた座席や機内食とラウンジ体験、至極の機内サービス~ JALファーストクラス、それは憧れの響き…ファーストクラスの座席に座る体験は一部のVIPにのみ許された特権だと思っていた。実際に東京‐ニューヨークのJALファーストクラスの料金を調べると約200万円程の料金となっている。, 国内線と侮るなかれ、JAL国内線ファーストクラスの座席や機内食、そしてサービスは素晴らしい。しかもVIP用のラウンジもJALファーストクラスに搭乗すれば利用することができる。, 僕が人生で初めて「ファーストクラス」と名の付く座席に座った搭乗記、少しばかりの料金を上乗せすれば誰でも経験できる夢の座席、JAL国内線ファーストクラスの体験記録をここに記そう。, 飛行機に乗ることやクレジットカードの決済に頼らなくてもJALマイルやANAマイルは貯められる。年間40万マイルを貯めた方法を公開します。, 皆さんはファーストクラスと名の付く座席に座ったことがあるだろうか?このブログの読者には紳士・淑女が多いので(想像)、もしかしたら乗ったことがある人もいるのかもしれない。けれども僕には…, 最初に説明した通り東京‐ニューヨークまでのJAL国際線ファーストクラスの料金は往復で200万円、伊達や酔狂で支払える金額じゃあないだろう。そんな僕を救うためではないと思うが、JALは2007年から国内線ファーストクラスを運航している。, そんなJAL国内線ファーストクラスのキャッチコピーに心をわしづかみにされた僕は、少し無理すれば手の届く「最上級のおもてなし」を体験すべく、JAL国内線ファーストクラスを予約したのだった。, まずはじめにJAL国内線にはファーストクラス・クラスJ・普通席の3種類の座席があることを理解してもらおう。ファーストクラスと普通席は読んで字のごとくなので説明は割愛するがJALには「クラスJ」という座席が存在する。, クラスJは普通席の料金に1,000円足すだけで、より広い座席に座れるという素晴らしい座席として人気が高い。僕の友人のオカちゃんはクラスJに座る為の1,000円を「世界で一番価値のある1,000円の使い方」と表現するほどのレベルだ。, 僕の友達のオカちゃんが陸マイラーになっていくお話は初心者マイラー育成日記を読んでほしい。, 機内でCAさんから「お客様」と呼ばれるのと、「はにゃお様」と名前で呼ばれるのは訳が違う。え、よく分からない?そう思った貴方は今すぐブラウザの「×ボタン」をクリックして頂いても結構だ。(ウソです、ごめんなさい), そういう訳でJAL国内線のクラスJはファーストクラスよりも人気の座席となっている。ただし、座席数が違うのでどちらも予約時に満員御礼になることが多いのだ。, ちなみにファーストクラスの座席の料金は普通席に+8,000円となっている。果たしてこの8,000円は「世界で一番価値のある8,000円の使い方」と呼べるのだろうか?検証していきたい。, 当日アップグレード ご搭乗日当日、出発空港にてファーストクラス、クラス Jに空席がある場合は、アップグレードを承ります。, 当日アップグレード料金 ファーストクラス:+8,000円 クラス J:+1,000円 ※お持ちの航空券の運賃により、料金額が異なる場合があります。, JAL国内線ファーストクラスの当日アップグレードは空席があれば可能だ。これはクラスJと同じで追加料金を支払うことになる。追加料金は予約時の普通席との差額と同じ8,000円となっている。, さて、この差額の8,000円は高いのか?それとも安いのか?もちろん何に価値を感じるかは人それぞれだろう。僕はJAL陸マイラーなのでもちろん下調べをしている。普通席やクラスJでは受けることのできない「最上級のおもてなし」はざっとこんな感じだ。, ・ファーストクラス専用カウンター ・VIP専用保安検査場 ・VIP専用ダイヤモンド・プレミアラウンジ ・豪華な機内食 ・森伊蔵を含む、飲み放題のアルコール ・マイル積算率1.5倍(普通運賃、ビジネス切符etc) ・CAさんの至極のおもてなし, これだけのサービスを受けられるJAL国内線ファーストクラスは果たして、その料金に見合う価値があるのだろうか?, 今回、僕は伊丹‐羽田間のJAL国内線ファーストクラスに搭乗した。子供の頃から「楽しい時間はあっという間に過ぎる」とか、大人になったら「美人薄命」とかとにかく優れた時間が過ぎ去るのは早いと聞いている。, JAL国内線ファーストクラスの伊丹‐羽田路線に搭乗している時間も同様で、僕の中を一瞬で過ぎ去っていった。伊丹‐羽田路線は飛行時間が1時間10分、僕にとってはその半分くらいの時間感覚だったと思う。, ちなみに「もっと長い路線の搭乗記を書けよ」というツッコミは受け付けていないのであしからず…。, まず最初にJAL国内線ファーストクラス専用のチェックインカウンターでチェックインをする。別にチェックイン機でしてもよいのだが、せっかくなので対人で行ってみた。, 朝の便だったので出張に向かうビジネスマンで通常のカウンターが混み合う中でも、JAL国内線ファーストクラス専用カウンターはガラガラだった。, 伊丹空港にはVIP専用の保安検査場が存在する。通常の保安検査場と違い、出発ロビーの端の方にひっそりと佇んでいるために僕は見落とすところだった。人生で初めてのJAL国内線ファーストクラスで一般の保安検査場を通過したとあってはネタにもならない。, VIP専用の保安検査場を抜けるとそのままダイアモンド・プレミアラウンジへと続く順路が現れる。僕はJALグローバルクラブ会員でサファイア(JALの上級会員)なので、サクララウンジは利用することができる。, しかし、ダイアモンド・プレミアラウンジは格上のJGCプレミア会員かダイアモンド会員しか利用することができない。そのラウンジを利用できるのがJAL国内線ファーストクラスのメリットの一つなのだ。, ダイアモンド・プレミアラウンジの作りや設備そのものは、特にコメントに値する内容はなかったのだが、ラウンジを利用している人を眺めていてこう思った。, 身なりや仕草がしっかりとしている人が多く、僕はどう考えてもその場で浮いていた。陸マイラーや修行僧ではない、JALにとって本当の上顧客がここ利用しているのだな…と感じられた。, 実は僕は東京‐ニューヨークのJAL国際線ファーストクラスに自力で乗ることができる。と言っても200万円払って乗るのではなく、JALマイルを貯めて特典航空券でファーストクラスに乗ることができるのだ。, JALファーストクラスで東京‐ニューヨークのファーストクラスの特典航空券に必要なマイル数は14万マイルになる。これはクレジットカードの決済だけで貯めようとすると、ざっくり1,400万円の利用が必要になるマイル数だ。, 上記が僕の現在の保有JALマイル数の画像だ。JALマイルは19万マイルを超えている。もちろん僕はそんなにクレジットカードを使えないので別の方法でJALマイルを貯めている。, 別の方法とはポイントサイトを使って、企業の広告を利用してJALマイルを大量に貯めることができる。少しコツがいるが記事で解説しているのでその通りやればマイルは貯まっていくだろう。, JALマイルを大量に貯める方法は【JALマイルを稼ぐ裏ワザ】JALマイルの裏技的稼ぎ方「交換率90.9%」のモッピーがおすすめな理由を読んでほしい。, 初めてこの方法を知った人は衝撃を受けるかもしれない。けれども僕にできたのだから貴方にもできるはずだ。僕はどこにでもいる平均的なサラリーマンだから。, 優先搭乗を経て、僕はついにJAL国内線ファーストクラスに座るべく、機内へと入場(搭乗?)した。ファーストクラスの座席に座るやいなや、先任客室乗務員と呼ばれる白服のCAさんからご挨拶を受ける。, 手練れの白服CAさんの眼差しの奥には「あなた、今日は奮発したのね?」という僕の心を見透かすような光が見えた気がした。, と深々と頭を下げるようにしている。そうやって懐に飛び込むと白服のCAさんは大抵、可愛がってくれるからだ。, 僕の座席は「1K 」、本当は大好きな「1A」の座席に座りたかったのだが、あいにく本物のVIPが同乗していたらしく指定できなかった。, 僕がJALに乗る時に「1A」の座席に好んで座る理由はJALビジネスクラス搭乗記・特典航空券編~おすすめの座席指定1Aとは?熟練の機内サービスの感想や評価~を読んでほしい。, 実際に座ってみるとJAL国内線ファーストクラスの座席の座り心地は最高だった。なんでも座席には低反発枕で有名なテンピュールの素材を使用しているらしい。, 足元の広さも素晴らしく、僕の短い脚を一生懸命伸ばしても壁には届かなかった。座席を倒すときはもちろん電動でフルフラットにもなる。隣席とは仕切りで区切られていて、ほとんど気にならなかった。, さて、皆さんが気になるJAL国内線ファースクラスの機内食の感想に触れよう。朝早い便に搭乗したので朝食を頂くことになった。写真ではどうしても簡易的に見えてしまうが機内食が出て来た瞬間、僕はこう思った。, 実は初めてのダイヤモンド・プレミアラウンジで浮かれておにぎりを2つ食べてしまった。, 機内食が出るのは解っていたが、今更ながら自分の浅はかさに反省した。それくらいJAL国内線ファーストクラスの機内食は美味しかったのだ。, JAL国内線ファーストクラスは機内で飲めるドリンクの種類も豊富だった。そのまま仕事に行かなければならなかった僕が選んだのはかの有名な「森伊蔵」という焼酎だ。, 陸マイラーがみんなツイートするこんな写真も撮ってみたりした。これもJAL国内線ファーストクラスの楽しみ方のひとつと言えるだろう。, そんな風にツイッター用の写真を撮ったりしている時にひとつ気になったことがあった。それは隣のエグゼクティブ風の乗客がものすごい勢いで機内食を食べている姿だった。, 何もそんなに急いで食べなくても…そう思いながらゆっくりと食事をとっていた僕はすぐにその理由に直面する。機内食を半分くらい食べたいた頃だろうか、突然機内アナウンスが流れた。, え、マジか?僕は慌てて機内食を口に流し込んだ。隣のエグゼクティブ風の乗客がすごい速さで機内食を食べていたのはこれが理由だ。食事が出てから数分で着陸態勢のアナウンスが流れることを知っている人はおそらく本当のVIPなのだろう。, JAL国内線ファーストクラスのサービスは座席や機内食だけではなかった。それは機内でのおもてなしもファーストクラスだということを体現したエピソードがある。, 今回のJAL国内線ファーストクラスへの搭乗で、機内食が出される際に白服CAさんから嬉しい機内サービスがあった。, そう言われて渡されたのは金色に光り輝く、JAL国内線ファーストクラス10周年の千社札だった。僕がJAL国内線ファーストクラスに乗った2017年はJALが国内線ファーストクラスを開始してからちょうど10周年に当たるので限定で配布しているらしい。, JAL国内線ファーストクラスに搭乗するや否や、「切手シールください!」と言った僕に対する至極の機内サービスと言ってよいだろう。, 現在、JAL国内線では個々のCAさんに縁のある土地にちなんだ「切手シール」を配布している。上記が今回もらった切手シールの実物になる。, 切手シールの詳しい内容は日本航空の都道府県ステッカー第2弾!切手シールの「JAL TODOFUKEN SEAL」が国内線で配布を開始を読んでほしい。, 手練れの白服CAさんはやはり、僕が初めてのJAL国内線ファーストクラスと見抜いて嬉しいサプライズの機内サービスでおもてなしをしてくれたのだった。, こうして僕の初めてのJAL国内線ファーストクラスの搭乗記は幕を閉じた。結論から言えば普通席との8,000円の差額分の価値は充分に感じることができたと思う。もちろん読者の皆さんが、この搭乗記を読んで「価値がない」と判断するのは自由だと付け加えておこう。, マクドナルドが小さい子供を虜にするように、人生で初めての経験は鮮烈な印象を残す。僕は人生で初めてのJAL国内線ファーストクラスを体験して、そのサービスのレベルの高さやおもてなしの心を感じ取ることができたと思う。, JAL国内線ファーストクラスの快適さに感動した僕は、他の航空会社のファーストクラスにも興味を持った。JALと比較するならやはりANAということで、ANA国内線ファーストクラス相当の「プレミアムクラス」に搭乗した。, 久々にANAに搭乗することになった僕の体験談はANA国内線ファーストクラス搭乗記~プレミアムクラスの機内食やシート、ラウンジサービスで至福の時を~を読んでほしい。JALとは少し違う、もうひとつの国内線ファーストクラス搭乗記だ。, ・僕の家族がオレオレ詐欺にあった話 ・人生なんてマイルで変わる ・無料で年間18万マイルのJALマイルを貯める方法 ・海外で気を付けたい食中毒の恐怖 ・英語が話せると海外で奇跡が起きるというお話 ・僕が世界で一番素敵だと思った英語の授業 ・僕が交わした英語の通じない友との約束 ・海外でトランプ詐欺に遭った話, はにゃお 自称「マイルで家族を幸せにする専門家」です。渡航歴100ヵ所以上、ビジネスクラス搭乗歴50回以上、家族旅行で子供の航空券代にびっくりして陸マイラーになる事を決意。陸マイラーになってJALマイルの貯め方とANAマイルの貯め方を実践して合計100万マイル以上貯めました。陸マイラー活動に理解のある?家族に心から感謝の毎日です。, お得情報から面白ネタまでいち早くお届けします。(こちらからは登録者情報は見えませんのでご安心ください). そんな価値あるんかいなーと考えているうちに、その日は来ました。 金曜日。クラスj満席。ファーストクラス残り1席。出張でヘロヘロのヤマダとしては迷いはありませんでした。気付いた時にはファーストクラスをポチっと購入。

アプレザンレーヴ ウイニングポスト, 女子サッカー部のある高校 神奈川, 白日 ドラマ キャスト, 綾野剛 似てる インスタ, 高校サッカー 国立競技場, オバマ 父, 鳥谷敬 ロッテ, ブルボン アルフォート Cm 曲, どん兵衛 緑のたぬき, 大学 偏差値 河合塾, 成瀬善久 結婚,

カテゴリー:

2020年12月4日