スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

ヒシアマゾン 血統

第29回(2004年) アドマイヤグルーヴ, 第30回(2005年) スイープトウショウ 第01回(1976年) ディアマンテ 第38回(2013年) メイショウマンボ 第14回(1989年) サンドピアリス 第12回(1987年) タレンティドガール 第03回(1978年) リードスワロー 第27回(2002年) ファインモーション 第32回(2007年) ダイワスカーレット 第13回(1988年) ミヤマポピー 第15回(1990年) キョウエイタップ, 第16回(1991年) リンデンリリー 第22回(1997年) エリモシック 第25回(2000年) ファレノプシス 第41回(2016年) クイーンズリング 第34回(2009年) クィーンスプマンテ 第28回(2003年) アドマイヤグルーヴ 第02回(1977年) インターグロリア ヒシアマゾンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 第29回(2004年) アドマイヤグルーヴ, 第30回(2005年) スイープトウショウ 第10回(1985年) リワードウイング 第24回(1999年) メジロドーベル 第11回(1986年) メジロラモーヌ 第07回(1982年) ビクトリアクラウン 第08回(1983年) ロンググレイス 第40回(2015年) マリアライト 強かったヒシアマゾンの血が、今後も血統表の中で 残っていくことを強く望むー。 . 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/28 06:15 UTC 版), 父シアトリカルは名種牡馬、母ケイティーズはアイルランド1000ギニー優勝馬と血統は一流である。, 第2回 ミネハル / 第3回 テツノハナ / 第4回 ワカクサ / 第5回 ヤシマアポロ / 第6回 ライデンオー / 第7回 トサモアー / 第8回*1 ミスオンワード / 第9回 メイジミドリ / 第10回 インターナシヨナル / 第11回 コダマ, 第12回 リユウライト / 第13回 チトセハーバー / 第14回 コウタロー / 第15回 プリマドンナ / 第16回 エイトクラウン / 第17回 ニホンピローエース / 第18回 タイギヨウ / 第19回 マーチス / 第20回 リキエイカン / 第21回 タニノムーティエ, 第22回 ロングワン / 第23回 ヒデハヤテ / 第24回 キシュウローレル / 第25回 キタノカチドキ / 第26回 ライジン / 第27回 テンポイント / 第28回 リュウキコウ / 第29回 バンブトンコート / 第30回 タマモアサヒ / 第31回 ラフオンテース, 第32回 サニーシプレー / 第33回 リードエーティ / 第34回 ダイゼンキング / 第35回 ロングハヤブサ / 第36回 ダイゴトツゲキ / 第37回 カツラギハイデン / 第38回 ゴールドシチー / 第39回 サッカーボーイ / 第40回 ラッキーゲラン / 第41回 コガネタイフウ, 第43回 ニシノフラワー / 第44回 スエヒロジョウオー / 第45回 ヒシアマゾン / 第46回 ヤマニンパラダイス / 第47回 ビワハイジ / 第48回 メジロドーベル / 第49回 アインブライド / 第50回 スティンガー / 第51回 ヤマカツスズラン, 第53回 タムロチェリー / 第54回 ピースオブワールド / 第55回 ヤマニンシュクル / 第56回 ショウナンパントル / 第57回 テイエムプリキュア / 第58回 ウオッカ / 第59回 トールポピー / 第60回 ブエナビスタ / 第61回 アパパネ, 第62回 レーヴディソール / 第63回 ジョワドヴィーヴル / 第64回 ローブティサージュ / 第65回 レッドリヴェール / 第66回 ショウナンアデラ / 第67回 メジャーエンブレム / 第68回 ソウルスターリング / 第69回 ラッキーライラック / 第70回 ダノンファンタジー / 第71回 レシステンシア, 国際競走指定前: 第35回(2010年) スノーフェアリー 第21回(1996年) ダンスパートナー 第34回(2009年) クィーンスプマンテ 第14回(1989年) サンドピアリス ヒシアマゾンの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 第21回(1996年) ダンスパートナー 第04回(1979年) ミスカブラヤ 第06回(1981年) アグネステスコ 第43回(2018年) リスグラシュー 第19回(1994年) ヒシアマゾン 奇跡の血量(きせきのけつりょう)とは競走馬の交配を行う場合の血統理論のひとつである。理論名としては発表者であるM・S・フィッツパトリックとL・A・ラックブーの名前からフィッツラック繁殖説またはフィッツラックの18.75%理論と呼ばれる。, インブリードで、4代前祖先(6.25%の血量)と3代前祖先(12.5%の血量)が共通の馬となる場合「4×3のインブリード」という。そのときの血量は6.25%+12.5%=18.75%となり、これをとくに奇跡の血量と呼ぶ。, 近親交配は、その共通する祖先の能力を大きく引き出せるといわれる反面、濃すぎる血量は虚弱体質や気性難など弊害もあるといわれている。そのギリギリのバランスがこの奇跡の血量18.75%と考えられている。, これはイギリスの競馬関係者で古くからあった考え方であり、実践者として第17代ダービー卿が知られている。, 1940年代のアメリカにおいて何万頭もの競走馬の血統を調べられ、『ブラッド・ホース』誌で統計を基にした理論として発表された。この理論をすぐに佐藤正人が翻訳し「優駿」誌上で日本に紹介している。M・S・フィッツパトリックとL・A・ラックブーによる共同研究であり2人の名前からフィッツラック繁殖説と名付けられた[1]。, 日本においては血統論や競走馬の配合の概念としては歴史のあるもののひとつで、1951年にザテトラークの3×4である トキノミノルが10戦全勝で東京優駿(日本ダービー)を制した際に定着したといわれている。, 4×3ではないが、同様に18.75%の血量を持つ以下の配合も奇跡の血量と呼ばれることがある。代を経るに従い成立させるのが難しくなるため、こだわりを持つ人物による生産か、対象となる馬がよほどの大種牡馬でない限り見ることは少ない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=奇跡の血量&oldid=80043681. 第26回(2001年) トゥザヴィクトリー 静かに息を引き取ったという報告を受けました。 ここ最近は食が細くなっていたものの. 第15回(1990年) キョウエイタップ, 第16回(1991年) リンデンリリー 第37回(2012年) レインボーダリア 第09回(1984年) キョウワサンダー 第31回(2006年) フサイチパンドラ 第20回(1995年) サクラキャンドル 第35回(2010年) スノーフェアリー 第20回(1995年) サクラキャンドル 第18回(1993年) ホクトベガ 第05回(1980年) ハギノトップレディ 第04回(1979年) ミスカブラヤ 第24回(1999年) メジロドーベル 第39回(2014年) ラキシス 第22回(1997年) エリモシック 第42回(2017年) モズカッチャン 第13回(1988年) ミヤマポピー ヒシアマゾン 血統表 父シアトリカルは名種牡馬、母ケイティーズはアイルランド1000ギニー優勝馬と血統は一流である。半兄 ヒシアリダー(父:Alydar ) 種牡馬 現役時代はオープンクラスまで昇級した … まとめ. 第44回(2019年) ラッキーライラック, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヒシアマゾン&oldid=78705105, アドマイヤムーンは母の母ケイティーズファースト(父Kris)が、スリープレスナイトは母ホワットケイティーディド(父Nureyev)がヒシアマゾンの半姉にあたる。. 第33回(2008年) リトルアマポーラ 日が沈みかけ薄暗くなった放牧地で. 第36回(2011年) スノーフェアリー 第39回(2014年) ラキシス 第02回(1977年) インターグロリア 国際競走指定後: 第03回(1978年) リードスワロー 第31回(2006年) フサイチパンドラ 第08回(1983年) ロンググレイス 第40回(2015年) マリアライト 主戦騎手は中舘英二。 ヒシアマゾン(USA) Hishi Amazon(USA) 中央:2020年08月16日現在 地方:2020年08月22日現在 プロフィール. 第42回(2017年) モズカッチャン 第01回(1976年) ディアマンテ 第17回(1992年) タケノベルベット ヒシアマゾン(1991年 3月26日 - 2019年 4月15日)は、日本の競走馬、繁殖牝馬。. アメリカで生まれ日本で調教を受けた外国産馬である。 1993年 jra賞最優秀3歳牝馬、1994年 jra賞最優秀4歳牝馬、1995年 jra賞最優秀5歳以上牝馬(jra賞の部門名はいずれも当時のもの)。. 第23回(1998年) メジロドーベル ヒシアマゾン(1991年3月26日 - 2019年4月15日)は、日本の競走馬、繁殖牝馬。, アメリカで生まれ日本で調教を受けた外国産馬である。1993年JRA賞最優秀3歳牝馬、1994年JRA賞最優秀4歳牝馬、1995年JRA賞最優秀5歳以上牝馬(JRA賞の部門名はいずれも当時のもの)。, 主戦騎手は中舘英二。デビュー2戦目と最終レースの有馬記念のみ、江田照男と河内洋がそれぞれ騎乗した。, 1993年9月19日の新馬戦を中舘英二騎手とのコンビで快勝。続くプラタナス賞、京成杯3歳ステークスと2戦連続で2着した後の阪神3歳牝馬ステークスで2着ローブモンタントに5馬身差をつけて圧勝し、一躍牝馬のスターダムに躍り出た。, 明けて1994年春、当時は外国産馬にクラシックへの出走が認められていなかったため、裏街道を歩むことになった。年明け緒戦の京成杯こそ2着に敗れたものの、続くクイーンカップ、クリスタルカップ、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスといずれも1番人気に応えて快勝した。特にクリスタルカップで見せた残り100mでの4馬身差を差し、逆に1馬身差をつけた驚異の追い込みは、井崎脩五郎が20世紀のベストレースの1つにあげている。, 秋シーズンもクイーンステークス、ローズステークスを連勝し、迎えたエリザベス女王杯では優駿牝馬優勝馬チョウカイキャロルとの叩きあいをハナ差制し、重賞6連勝[2]で名実ともに4歳最強牝馬となった。, 主戦騎手であった中舘英二によると、エリザベス女王杯までのレース戦術について、他の馬と一枚も二枚も力が違っていたことから「負けてはいけない立場だったので、後ろから行って、大外を通って、着差は小さくても最後に勝てばいいというレースをしていた」と説明した[3]。, 続く有馬記念では並み居る古牡馬が揃っていたが、相手は三冠馬ナリタブライアン1頭に絞ったレース運びをし、4コーナー付近でヒシアマゾンはナリタブライアンに競りかけたが、ナリタブライアンはこれまで以上の瞬発力を発揮して後続を突き放しており、ヒシアマゾンも勢いを保持したままを追走して3着以下には2 1/2馬身差をつけたが、結果的に優勝したナリタブライアンから3馬身差の2着に敗れた[4]。, 同年のレース戦績は、エリザベス女王杯を含む6連勝、有馬記念2着が評価され最優秀4歳牝馬に選出された。, 5歳となった1995年は、春にアメリカ遠征に挑戦するもレース直前に脚部不安に見舞われ帰国、帰国後緒戦の高松宮杯ではそれまでの実績から圧倒的1番人気に支持されたものの、スタートから折り合いを欠き逃げる形になってしまい5着に敗れ、デビューからの連続連対記録が12で途絶えるなど、上半期は不本意なシーズンになった。, しかし秋になり、オールカマー、京都大賞典を圧勝し、完全復調をアピール。外国産馬であるため天皇賞(秋)には出走することはできず、迎えたジャパンカップでは、直線鋭く追い込んだものの先に抜け出したランドに1馬身半及ばず2着に敗れたが、負けてなお強しの印象であった。続く有馬記念ではその年不調のナリタブライアンを抑えて1番人気に推されたものの、スタートでの出遅れもあり5着に終わった。, 1996年、6歳になると順調さを欠き、安田記念は10着、エリザベス女王杯は2位入線も斜行により7着降着、有馬記念は5着に敗れ、結果的にこれが最後のレースとなった。, 1997年、京王杯スプリングカップの出走を目指し調整していたが、同年4月30日に右前脚浅屈腱炎の発症により、現役生活を断念して引退となった[5]。, なお、当初オーナーサイドは「ヒシアマゾネス」で馬名登録申請したものの却下され、この名前になったという。, 引退後は繁殖入り。オーナーの夢の配合ではあったものの、初年度にヒシマサル(GIII3勝)が種付けされたことは物議を醸した。故郷のテイラーメイドファームに戻りヒシマサルとの仔(のちのヒシアンデス)を出産するとそのままテイラーメイドファームで繁殖生活を送り、2011年に父ウォーパスの牡馬(競走馬としては登録されていない)を出産したのを最後に繁殖を引退し、アメリカ・ケンタッキー州で日本人が経営するPolo Green Stable(ポロ・グリーン・ステーブル)で余生を送っていた。, 初年度産駒のヒシアンデスを筆頭に、アメリカで種付けされたヒシシルバーメイド、ヒシバラード、ヒシラスター、ヒシラストレディ、ヒシラストガイが日本で競走馬となったがいずれも大成しておらず、アメリカで競走馬になったAmazi (2004年産、牝、父オーサムアゲイン)とFlying Warrior (2006年産、騸、父フサイチペガサス)の2頭も大成することはできなかった。セリ市では比較的高値で取り引きされた産駒が多く、たとえばFlying Warriorは2007年9月10日に行われたキーンランド・セプテンバー・イヤリングセールで29万ドル(約3300万円)で落札された。, 競走馬としての成績が良かった牝馬は繁殖入りしてもいい仔を出せないという例は多々あり、ヒシアマゾンも例に漏れず、繁殖牝馬としては低調であった。日本の一部の生産関係者の間では、世界でも比較的優秀な種牡馬が多くなっている日本に買い戻して、残りの繁殖生活を日本で送らせようという声もあったが、実現には至らなかった。, 2019年4月15日(現地時間)夜、老衰のため、繋養先のポロ・グリーン・ステーブルで死亡[6][7]。28歳没。, 父シアトリカルは名種牡馬、母ケイティーズはアイルランド1000ギニー優勝馬と血統は一流である。, 第2回 ミネハル / 第3回 テツノハナ / 第4回 ワカクサ / 第5回 ヤシマアポロ / 第6回 ライデンオー / 第7回 トサモアー / 第8回*1 ミスオンワード / 第9回 メイジミドリ / 第10回 インターナシヨナル / 第11回 コダマ, 第12回 リユウライト / 第13回 チトセハーバー / 第14回 コウタロー / 第15回 プリマドンナ / 第16回 エイトクラウン / 第17回 ニホンピローエース / 第18回 タイギヨウ / 第19回 マーチス / 第20回 リキエイカン / 第21回 タニノムーティエ, 第22回 ロングワン / 第23回 ヒデハヤテ / 第24回 キシュウローレル / 第25回 キタノカチドキ / 第26回 ライジン / 第27回 テンポイント / 第28回 リュウキコウ / 第29回 バンブトンコート / 第30回 タマモアサヒ / 第31回 ラフオンテース, 第32回 サニーシプレー / 第33回 リードエーティ / 第34回 ダイゼンキング / 第35回 ロングハヤブサ / 第36回 ダイゴトツゲキ / 第37回 カツラギハイデン / 第38回 ゴールドシチー / 第39回 サッカーボーイ / 第40回 ラッキーゲラン / 第41回 コガネタイフウ, 第43回 ニシノフラワー / 第44回 スエヒロジョウオー / 第45回 ヒシアマゾン / 第46回 ヤマニンパラダイス / 第47回 ビワハイジ / 第48回 メジロドーベル / 第49回 アインブライド / 第50回 スティンガー / 第51回 ヤマカツスズラン, 第53回 タムロチェリー / 第54回 ピースオブワールド / 第55回 ヤマニンシュクル / 第56回 ショウナンパントル / 第57回 テイエムプリキュア / 第58回 ウオッカ / 第59回 トールポピー / 第60回 ブエナビスタ / 第61回 アパパネ, 第62回 レーヴディソール / 第63回 ジョワドヴィーヴル / 第64回 ローブティサージュ / 第65回 レッドリヴェール / 第66回 ショウナンアデラ / 第67回 メジャーエンブレム / 第68回 ソウルスターリング / 第69回 ラッキーライラック / 第70回 ダノンファンタジー / 第71回 レシステンシア, 国際競走指定前: 第32回(2007年) ダイワスカーレット 第23回(1998年) メジロドーベル 第28回(2003年) アドマイヤグルーヴ 第33回(2008年) リトルアマポーラ 第25回(2000年) ファレノプシス 第06回(1981年) アグネステスコ 第44回(2019年) ラッキーライラック, ヒシアマゾンのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, All text is available under the terms of the, アドマイヤムーンは母の母ケイティーズファースト(父Kris)が、スリープレスナイトは母ホワットケイティーディド(父Nureyev)がヒシアマゾンの半姉にあたる。. 第17回(1992年) タケノベルベット 第27回(2002年) ファインモーション 第12回(1987年) タレンティドガール 第10回(1985年) リワードウイング 第38回(2013年) メイショウマンボ 他の馬の例にはなく、ゆっくりながらも歩き回り. 第11回(1986年) メジロラモーヌ 第43回(2018年) リスグラシュー 第41回(2016年) クイーンズリング 国際競走指定後: 第05回(1980年) ハギノトップレディ 第07回(1982年) ビクトリアクラウン 第26回(2001年) トゥザヴィクトリー 登録: 繁殖: 品種: サラ: 性別: 牝: 生年月日: 1991/03/26 : 馬主: 阿部雅一郎: 毛色: 黒鹿毛: 調教師: 中野 隆良(美 浦) 生産牧場: Masaichiro Abe: 産地: 米国産: 戦績: 国内:20戦10勝; 総賞金: 69894.8万円: 血統… 第18回(1993年) ホクトベガ 第37回(2012年) レインボーダリア 第36回(2011年) スノーフェアリー 第19回(1994年) ヒシアマゾン 第09回(1984年) キョウワサンダー 奇跡の血量(きせきのけつりょう)とは競走馬の交配を行う場合の血統理論のひとつである。 理論名としては発表者であるm・s・フィッツパトリックとl・a・ラックブーの名前からフィッツラック繁殖説またはフィッツラックの18.75%理論と呼ばれる。.

本田圭佑 資産運用, 三浦知良 なぜ, 二木康太 年俸, 自衛隊 イラク派遣 日報, 藤井聡太 杉本 師匠, 星野源 映画 2019, 共産主義 社会主義 資本主義 違い, ソフトバンク 白戸家終了,

カテゴリー:

2020年12月4日