スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

クリスタリア オラディン

「たとえ私一人になろうとも、この国は守る!  あらゆる世界の石を研究していたオラディン王は、強い力を放つ石たちの存在を突き止め、例のクリスタルに乗って地球を訪問(あ、この時に……)。  「魔進を越えるCARAT版スーパーメカだから」  宝路は冷たい表情で身を翻し……「だって、宝の地図だぞ? かーーーっと熱くならないか?」……げほごほっ、失礼しました。また強めのノイズが入りました。 速杉ホクト(新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION):中の人&父親キャラつながり  「今の俺がやるのは、お宝探しだけだ。じゃあな」  「ワンダーサンキュー無鈴! これで心置きなく、お宝探しに専念できるぜ!」 『エピソードZERO』ではヨドンヘイムの侵略時の詳細が描かれている。  「……いや」  「だからすぐ帰る」  オラディンは命の危機に陥った宝路をクリスタリアへ連れ帰ると、特殊なキラメイストーンを体内に埋め込む事でモンストーンの力を制御する事に成功し、つまりクリスタリア宝路は、クリスタリア製改造人間第1号なのだ。  「そのまま俺はクリスタリアに残り、王子として、また、戦士キラメイシルバーとして、ワンダーに活躍してきたってわけだ」  「おい、無鈴って……目上の博多南さんを呼び捨てはねぇだろ」  「……俺は……お宝探し命だ」 かつて調査の為に様々な世界に赴いており、地球に赴いた際に博多南家と縁が生まれ、宝路を養子とする事になった。 ボリュームのある敵を巨大戦にし、ボリュームのない敵を等身大にすることでメリハリを付け、共通の身体に作り変えた面にすることで予算の中でも怪人と怪獣の別々の2体を制作することを可能としている 。  即座にツッコむ為朝、君はホントに、真面目ないい奴すぎて目眩がしてくるな!  部屋に乗り込んできて姫様になじられた際も、露骨に目を逸らして芝居がかったポーズで誤魔化しましたし、共闘拒否を嫌な感じにしない為でしょうが、本心を覚られまいと逃げを打つ時の態度が、かなりわかりやすい人に。 !」 オラディンは命の危機に陥った宝路をクリスタリアへ連れ帰ると、特殊なキラメイストーンを体内に埋め込む事でモンストーンの力を制御する事に成功し、つまりクリスタリア宝路は、クリスタリア製改造人間第1号なのだ。  「俺は余計な事してる暇はないの。じゃあな」  ところが全く悪びれない宝路は高圧的な態度で博多南に連絡を取り、宝路の為に開発していた秘密メカの最終調整を突貫で行っていた博多南、前回の険しい表情の真相は、(あ……まだ……発注されたメカ……完成してない……)だったのか(笑)  旧知の仲が確認されて、前回の不穏な雰囲気の演出から一転、思わぬにこやかな再会となり、やはりあの表情は、(二徹……いや、三徹……俺も、オラディン王、見えちゃうかもしれないよ、充瑠くん……)だったのか。  再びヨドン反応にキラメイジャーは出撃し、大量の雑兵に阻まれて市民の救助に苦しむキラメイジャーだが、今回もすんでのところでワンダーレスキュー。 また、自身が討伐したヌマージョの呪いによって、最愛の妻のマバユイネを亡くしている。  「……かつては……わたくしの事を、物凄く可愛がってくれた、お兄様でした。……わたくしの笑顔は半分以上、お兄様がくれたものだったといっても過言ではありません」 オラディンが治める、美しい宝石の国。 鉱物生命体が築き上げた高度な文明世界であり、住人達は宝石像を思わせる頭部に睫毛や髭に相当する金属のパーツを配した顔を有している。 皮膚も宝石並みに硬く、笑うと鈴の様な独特の音がする(マブシーナによると、人間における副交感神経に当たるものらしい)。 その煌びやかな文明は優れた石の加工技術を駆使して作り出した代物で、意思を持つ不思議なパワーを秘めた宝石「キラメイストーン」もその歴史の過程で生まれた物とされる。 現在は、オラディンの …  「なにより、求めるもの……」  「お兄様は、みんなの笑顔があればなにもいらない。それが俺の求めるものだって、いつもおっしゃっていたのに」  「無鈴に頼んだ、お宝探しの秘密メカ、今日が納品日なんだ」  「いや、俺とあいつなら俺の方が上なんで」  「ねぇ、お兄さんが探しているお宝って、なんなの?」 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。.  「行かないって言ってて、二度も駆け付けてくれました。それに、助けてくれた人が喜んでくれた時、いっちばんキラキラしてました」  「……年取ったなおまえ」 ハイティーンになってから養子に迎えた宝路も、自然にオラディンやマブシーナを家族として接した事から、家族にも愛情深く良い家庭人であった事が伺える。  そして、ファザコンの気配が濃い姫様は、案の定、ブラコンもこじらせていた。  ワンダーレスキュー時のキラキラは、てっきり演出上の誇張表現(王子オーラ的なやつ)だとばかり思っていたら、実際にキラメンタルが外に溢れて視覚化されていたようで(少なくとも、充瑠には煌めきが見えた)、そういえば、そういう世界観でした!  「でも、やらなきゃいけないからやってるんですよね。で、人助けは好きでしょ?」  空飛ぶドリルで立ち去ろうとする銀だが、巨大ハエトリソウの茎が地下から伸びているのがわかったタイミングで博多南から地中を高速で突き進む事が可能な秘密メカ完成の連絡が入り、一同からキラキラした視線を向けられる事に。 同エピソードにて、充留達に魂を救出されミラクルストーンに転生。なんと『魔進オラディン』として復活した。  ……真面目な話としては、これまでマブシーナにとって理想郷のように語られてきたクリスタリアにおいて、「落ち込むマブシーナを元気づける宝路がパターン化しているような描写」「笑顔の半分以上はお兄様がくれたもの発言」は、マブシーナの抱える何かがあるのか、気になる点。  「……あの人、嘘つきだ」  「は?」  モンストーンが人体に入った実例・怪力の秘密・養子の事情がハイペースでまとめて明かされたのに加え、宝路父の作ったお宝サーチャーが、キラメイストーンの力を引き出すキラメイチャンジャーのプロトタイプに転用されたらしい事も判明。  「でも、なんだか……」  背中を向けた銀の態度に何やら思う事があるらしい赤が一時離脱する一方、宝路と博多南がいよいよご対面。  「けれど、ヨドン軍がクリスタリアに侵攻してくる、少し前――」  そんな姫様いわく「仲間になんかなりません! ……あの人は……宝探しにしか、興味ありませんから」と、大酷評を受けるクリスタリア宝路の正体は、オラディン王が養子に迎えた地球人、とあっさり判明。 エピソードZEROの戦闘シーンで使用した剣は、宇宙戦隊キュウレンジャーのドン・アスランの武器の流用。奇しくも、1人息子を持つとある星の王が全身を鎧で覆った怪人であり、オラディン・ガルザ兄弟に共通する要素を持っている。  そこで宝路の父と知り合うと、宝路父が開発した球形キラメイチェンジャーにより地球に点在するパワーストーンの在処をサーチしていき、その場所を手帳にメモ。いざ発掘の段階になって若き日の宝路が参加するが、掘り出したストーンの一つがたまたまモンストーンだった事から、宝路の体内へと入り込んでしまう!  「行きましょう! 戦ってくれるんですよね? 先輩!」 クリスタリア宝路:友人の息子にして、養子。  充瑠の真っ直ぐな問いかけに、一瞬口ごもり、またも目を逸らす宝路。  ささ姫様、もう2、3発、往復ビンタを叩き込んでも、民衆は姫様を支持なさいますぞ! 更にその一人息子は、いかなる困難にも挫けないポジティブシンカーであり、オラディンと同様の寛容さも持ち合わせる。, 魔進戦隊キラメイジャー  形勢不利と見るや宝路はそそくさと退場し、出撃したキラメイジャーは巨大ハエトリソウと戦闘員の組み合わせに苦戦するが、突然飛んできたシルバーが、ハエトリソウに囚われた市民をしゃいっと救出。  「良かった良かった。幸せにな!」 クリスタリアの王・オラディンの弟。オラディンの娘である王女マブシーナの叔父に当たる。 兄を裏切って闇の帝国ヨドンヘイムへと寝返り、ヨドンヘイムの軍事組織「ヨドン軍」を率いてクリスタリア侵攻を開始した。 自身の目的の為ならば、どんな手段を使う事も厭わず、下記の性格で敵はおろか、味方の邪面師や邪面獣に対しても容赦無く、『無能』と裁断を下した者は処刑したり、捨て駒として切り捨てる等冷酷で卑劣な性格。また弱者を嫌い、強者にしか興味を持たない生粋の戦闘狂でもある。 肩 …  宝路のお宝大好き発言に引っかかりを覚える充瑠はマブシーナに直接質問し、充瑠の真っ直ぐさ(と他者の在り方を大事にする視点)がもつれた状況を解きほぐして真実に近付いていく――という道筋はわかるのですが、ノリノリのイラストに始まって、今回の充瑠はどうも、姫様を蔑ろにしている感が強いのは、気になった点。……勿論、感情のもつれから必要以上に攻撃的になっている姫様が間違っているのなら、それをただすのも仲間の在り方とはいえますが、もう少し、姫様の悲しみに寄り添う形で見せられなかったかな、と。  はともかく、『ボウケンジャー』好きとしては、凄く攻撃力の高かった台詞(笑) 元々、オラディン王が地球に眠るパワーの籠った石を調査に訪れた際、オラディン王の知り合いとなった地球人の父親と共に、オラディン王の石の調査を手伝っていたが、調査中に発見したモンストーンに襲われてしまう。その治療の為にクリスタリアへと運ばれ、体内にキラメイストーンを埋め込まれる事になる。  「何故ここに来たのです!」  「……言ったでしょう。そういう人だと」  そもそもクリスタリア人なのか地球人なのか、オラディンやマブシーナとの詳しい関係は、といった謎が早々に解かれた一方で、オラディンはかつて地球に来ていた、宝路はモンストーン内蔵改造人間、何故か博多南を顎で使う、と情報量が多すぎて皆の疑問やツッコミが間に合わない中で(唯一ツッコんだのが人間関係へのマナーで、凄いよタメくん……)、響き渡るヨドン警報。  あ、目、逸らした。  完成した超重機ドリジャンを喜ぶ宝路だが、そこに駆け込んできたのは充瑠。  手帳の暗号を解くために小夜の頭脳が欲しい、と言い訳したシルバーはピンクを抱えて再びドリルで空を飛び、大変便利だ魔法のドリル。 後に国民を愛するあまり自分を省みず働き続けた結果、過労死寸前の状態に陥っており、ヨドン軍の侵攻によって僅かながら寿命が延びたと言う皮肉な事実が、魔進達の証言から明らかになっている。 オラディンがイラスト付きでわかる! 「魔進戦隊キラメイジャー」の登場人物。 「奴ら>ヨドンヘイムが次に狙うのは美しい星、地球だ…。 マブシーナ、お前は輝く戦士>キラメイジャーを見つけ、共に戦うのだ!」 「たとえ私一人になろうとも、この国>クリスタリア(キラメイジャー)は守る!  そして実際、さくっと謎を解く小夜ですが、いったいぜんたいオラディンは何故、そんなややこしい形でメモを残したのか。……悪用される可能性を危惧して、というのが一番ありそうですが、「その方が、面白いだろ?」ぐらいのノリだった気もして、後代の人間が迷惑しています。  「久しぶり」  「また~。お宝一筋じゃなかったの?」  「お宝探し、好きですか?」  「……えっ……でも……さっき、戦士キラメイシルバーって自分で……」 マブシーナ曰く、「クリスタリアでイメージ(想像)を形に出来た唯一の人物」との事。これをエピソード1で聞かされた熱田充瑠は、自分の想像力がキラメンタルである事に気付き、キラメイレッドへの変身を果たした。, 名前の由来は、北欧神話の最高神オーディンと思われる。  「お宝探しは? なんで来たの?」 ブログを報告する, 東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 『どんな苦難でも心の持ち方次第で良い結果につながる』と言う信条を持ち、「結果がオールライトッ!」が口癖。  絶対不可侵のヒエラルキー最上位に君臨してきた女帝を手玉に取るシルバーに対し、どう受け止めればいいのか困惑を隠せない男性陣、の背後でコイバナに悶える約一名(笑)  「それより大事な、あなたが何より求める物って、いったいなんなんですか?」  「嘘だ!」 「奴らが次に狙うのは美しい星、地球だ…。 マブシーナ、お前は輝く戦士を見つけ、共に戦うのだ!」  納期に追われる博多南の弁解に魔進たちがブーイングを浴びせ、実際、コンセプト的にそれはどうなのでしょうか(笑) SA:藤田洋平(キラメイジンのSAも兼任。), 異世界にある美しい宝石の国・クリスタリアの王。  そして、凄く真っ当に、ツッコまれた。 声を演じる杉田氏は、戦隊シリーズではキアイドーやドリルロイド2等、怪人ポジションでの出演が多く、今回初めて戦隊側の味方ポジションを演じる。尚、特撮関連の変身システムボイスに限定しては、キバットバット3世やギンガドライバーと、幾つか特撮関連で演じた経験があり、2019年7月に登場したミライドライバーセットの1つであるギンガドライバー、2020年に登場するキラメイジャーのアイテム全般、同じく2020年3月に登場するCSMキバットベルトと、いわゆる小物系でないメインの変身アイテムを、かなり短いスパンで担当している。  険しい表情で、オラディンの手帳を手にする宝路。  「……ちゃらいな」  今です姫様、出会い頭に助走からのヘッドバットを! 君になら、私の遺した夢を託せるかもしれないな」 マバユイネ:妻。 マブシーナ:娘。 ガルザ:弟だが裏切られた。  「聞き捨てならねぇな」 ◆エピソード13「地底大戦争」◆ (監督:加藤弘之 脚本:荒川稔久)  「おまえの知ったことじゃない」 苦しんでいる民には救いの手を差し伸べる慈愛に溢れた性格で、クリスタリアの民が幸せへなれる様に尽力してきた。一方で、マブシーナの幼い頃の回想や夢?の中での充瑠との対話した態度から、フランクな一面も持っている。  「そうだったか? 忘れたな。今はお宝、お宝命」  「そのお宝がなんなのか、わたくしにはわかりません。ですがお宝が、お兄様を駄目にしてしまったのです」 30数年前の地球で体内に怪物石モンストーンが入る事故に遭い、オラディン王によりクリスタリアに緊急搬送され、体内にキラメイストーンを宿すことで一命を取りとめた。 その後、オラディン王の養子となった。 出演; 庄司浩平 (しょうじ・こうへい) 「肉体が極限まで疲労した時、人の精神は研ぎ澄まされる。結果がオールライトッ! クリスタリアが闇の帝国ヨドンヘイムに侵略された際、娘である王女マブシーナに不思議なパワーを秘めた5つの宝石「キラメイストーン」を託し、友人である博多南無鈴の居る地球へと彼女を逃がした。 その際ヨドン皇帝に見抜かれて、魂が完全に分離する前に封印されており、それゆえ直接的には動けなかった為、充留の心に何度も接触してはアドバイスを送っていた。  「……小夜、君が欲しくて」  「これは、宝の地図だ。俺が何より求めるものの在処が記されている」  姫様の気持ちも慮ってか、宝路への態度を決めかねる様子のキラメイジャーだが、ずっとキラキラした眼差しを送る約1名。  机に拳を叩きつけて強い拒絶を示す宝路だが、睨み付けられても怯まない充瑠が、ここ一番の強さを発揮。 博多南無鈴:友人の息子にして、友人。  「おまえか。なんなんだよ嘘って」  「大丈夫か? ワンダーキュートお嬢ちゃん」  「は?」 杉田・中村氏が戦隊シリーズ内で戦い合ったのは前述のドリルロイド2VSビート・J・スタッグ/スタッグバスター(特命戦隊ゴーバスターズ)以来となり、その時とは善悪の立ち位置が入れ替わった構図となっている。 | その後の生死は不明だったが、エピソード4でガルザの口から「死んだ」と断言されていたが、エピソード29にてガルザにやられて肉体崩壊する前に、魂を分離させて転生しようとした事が判明。 玉座の間に攻め込んで来たクランチュラとベチャットに対し、自ら剣を手に応戦・善戦するも、ヨドン軍の内通者となっていた弟・ガルザの不意打ちを受けて倒れてしまう。更にベチャット達に集団で滅多打ちにされ、動かなくなった所を引きずられて行った。  「俺は! あなたがもっとキラキラしたとこがみたいんです!」, gmsさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog  「そりゃそうだよ。30年ぶりだもん」 また、ガルザを演じる中村悠一氏とは付き合いの長い親友同士であるのは有名で、キャストが発表されるや「磁石コンビが一年間通して戦い合うのか」と話題になった。 CV:杉田智和(ナレーション及び変身アイテムのボイスも兼任。) デェムシュ:中の人&ニチアサつながり。こちらも異世界の住人であるが、オラディンとは逆に(同胞を含めた)弱者を平気で排除する戦闘狂で、同志と共に己の故郷を壊滅へと追いやる等、人物像がどちらかと言えばガルザに近い。.  「なんなんだあいつ?」  「ワンダーーー抱っこ!」

いつ恋 再放送 2020, ムーンズウィスパー ウイニングポスト9, Zozoマリン おすすめ席, バンダイ ガチャ 検索, 佐藤康光 羽生善治, 佐藤健 人間ドック 指輪, レディースチャレンジカップ 賞金, アマンダセイフライド ゴラム,

カテゴリー:

2020年12月4日