スクラブ&スパ「アクア」

ブログ

アルゼンチン 国の 特徴

サッカーの強豪国であり、世界的プレーヤーであるリオネル・メッシの出身国としても知られている「アルゼンチン」ですが、実際のところどのような国なのか、あまり知られていないのではないでしょうか?, 実はアルゼンチンはサッカー以外にも、優雅なエンターテインメントから、大自然や世界遺産、至高のグルメまで、様々な有名スポットを持つ人気の観光国でもあるのです。, そこで今回は南米の国アルゼンチンの魅力について、基本情報から観光スポットまでわかりやすくご紹介します。, アルゼンチンは南アメリカ大陸の南側に位置する大きな国。南米の国々の中では国土も広く、世界地図上の位置も覚えやすい国の一つでしょう。, 国土は日本のおよそ「7.5倍」にもなる広大な面積を持っており、その広さは世界第8位。南北に長いところが特徴です。, 一方、人口は日本の4割程度。その分、古くからの大自然が多く残されており、美しい風景も数多く見つけることができます。, 首都ブエノスアイレスの気候は、夏は暑くて冬は寒いというもの。一見、過ごしにくそうな印象もありますが、四季折々の良さを味わうことができる気候でもあります。, 余談ですが、四季といえば、アルゼンチンの世界的な作曲家アストル・ピアソラの「ブエノスアイレスの四季」は有名ですね。アコーディオンの演奏が有名で、世界中で愛されている名曲です。, アルゼンチンは南半球に位置するため、オーストラリアなどと同じく、日本とは季節が逆であるというところもポイント。, 観光で行くなら、人気が高い季節は「春」と「秋」。この季節は過ごしやすく、街歩きなどには適しています。, 一方、ビーチやパタゴニアの氷河見物に行くなら夏がおすすめ。冬はサッカーが開幕するので、観戦目当ての方は冬が良いでしょう。, アルゼンチンは世界遺産や大都会、壮大な自然やグルメ、ワイン、スポーツなどが楽しめる、魅力的な南米の国。, 世界3大瀑布の一つである、「イグアスの滝」や幻想的な青い氷河が見られる「ロス・グラシアレス国立公園」、自然や生物の宝庫として知られているバルデス半島など、圧巻のスケールが体感できる自然遺産があります。, また、アルゼンチン第二の都市であるコルドバには、17世紀のスペイン植民地時代に作られた歴史的な建造群である「コルドバのイエズス会管区とエスタンシアス」もあり、こちらも必見。中世情緒漂う街並みを体感することができます。, アルゼンチン・タンゴ発祥の地と言われており、アルゼンチンの文化・経済の中心地。美しい建造物やおしゃれなカフェなどがたくさんあります。, 世界三大劇場の一つと言われる「コロン劇場」や、あのディエゴ・マラドーナも在籍したサッカーの名門チーム、ボカ・ジュニアーズの本拠地スタジアムなどが有名です。, 「パタゴニア(Patagonia)」と言うと、アウトドアウェアブランドを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?, このブランドの由来になっているのが、南米大陸の最南端に位置する大自然の宝庫、パタゴニア地方。, 南緯40°付近を流れるコロラド川より南の地域を差し、アルゼンチンとチリにまたがる広大な大地です。, 青く幻想的な氷河や美しく力強い山々、木々や野生生物など、桁違いの大自然を肌で体感できる観光でも人気のスポット。, ワインと言えばヨーロッパのイメージが強いかもしれませんが、実は南米のアルゼンチンやチリなども有名なワインの産地。, アルゼンチンにおけるワインの製造は、植民地時代にスペイン人により持ち込まれた文化だと言われており、産地としてはメンドーサ地方が有名。アルゼンチン全体の生産量の2/3以上を占めると言われています。, マテ茶はマテの葉っぱや枝を乾燥させ精製したお茶。マテ茶の木は南米のブラジル、アルゼンチン、パラグアイが原産。, 「飲むサラダ」と言われるように、ビタミン、ミネラルが豊富で、日本でも近年、人気が高まっています。, マテ茶は南米ではとてもポピュラーな飲み物。コーヒー、紅茶と合わせて、世界三大飲料と呼ばれるほどです。, アルゼンチンは実は世界一の牛肉大国。一人当たりの牛肉消費量は世界1、2位を争うほどで、日本のおよそ10倍とされています。, しばしば「牛肉はアルゼンチン人の主食」と言われるほど、牛肉に対する意識は高く、「アルゼンチンステーキ」はこの国に訪れたら必ず食べたいグルメになっています。, アルゼンチンは言わずと知れたサッカー大国であり、ディエゴ・マラドーナやリオネル・メッシなど、世界的名プレーヤーを数多く輩出している国。ワールドカップの常連国、優勝経験国でもあります。, ワールドカップの大会やサッカーのTVゲームなどを通じて、アルゼンチンを知ったという人も多いでしょう。, 国内のサッカー1部リーグは「プリメーラ・ディビシオン」という名称。ボカ・ジュニアーズ、CAリーベル・プレートなどのクラブが有名で、スター選手も多く在籍する、世界的にも強豪リーグの一つに数えられます。, これは「銀」を意味する言葉で、航海によってたどり着いたスペイン人が現地住民から銀を贈られたことが由来であると言われています。, そして、アルゼンチンにはその名に恥じない素晴らしい観光地スポットがたくさんあります。, イグアス国立公園は、アルゼンチンの世界遺産の一つ。また、アルゼンチンの隣国であるブラジル側にも広がっている自然公園でもあります。, 多くの観光客のお目当ては「イグアスの滝」。世界三大瀑布(ばくふ)の一つで、アフリカ大陸のヴィクトリアの滝、北アメリカ大陸のナイアガラの滝と並び称され、毎年多くの人が訪れています。, 水しぶきを浴びるようにして見ることができるイグアスの滝の中ですが、「悪魔の喉笛」は必ず見ておきましょう。まさに悪魔の声が響いているような轟音を耳にすることができます。, ブドウの豊かな風味を味わうことができ、比較的低価格でコストパフォーマンスに優れていることが人気の理由になっています。, そんなアルゼンチンワインの代表的なブドウの品種と言えばマルベックなどですが、その多くがメンドーサ地方に集積。, 外資系のワイナリーも登場するなど、高級志向の方でも十分に満足できるワインが生まれています。, アンデス山脈を眺めながら、美味しい料理とワインで優雅なひと時を過ごしたい方は、こちらのメンドーサ地方がおすすめです。, アザラシを始め、シャチやペンギンなど、動物園や水族館とは一味も二味も違う動物たちの生の姿を見ることができます。, また、世界遺産でありながら動物ウォッチングのツアーやダイビングも充実。タクシーで半島をぐるっと一周してみるという楽しみ方もあります。, 特に海岸付近のペンギンやオタリアのような可愛い動物たちは、子どもにも人気。家族でアルゼンチンへ旅行するなら、必ず押さえておきたい観光地です。, そして、巨体を揺らして海岸線へシャチが押し寄せる「オルカアタック」は、バルデス半島でしか見ることができない光景。, ブエノスアイレスの市内観光をするなら、「レコレータ墓地」に行ってみると良いでしょう。, 墓地と言えば、薄暗い不吉なイメージがありますが、レコレータ墓地は少し違う雰囲気。ブエノスアイレスの有名人などが眠る墓地として、観光スポットとしても人気があります。, そこに立ち並ぶ霊廟や墓石はまるで芸術作品のような様式。その数多くが国の文化財となっています。, アルゼンチン国内はもちろん、世界中で愛された「エバ・ペロン(最も有名で愛されたファーストレディ:エビータの愛称を持つ)」のお墓もあります。, 紀元前550〜180年頃に描かれたものと言われており、ユネスコの世界遺産にも指定されています。, 鮮やかな色彩の絶景を見たいのであれば、世界遺産の「ケブラーダ・デ・ウマウアカ」がおすすめ。, 歴史を感じる街道や集落、カラフルな地層「七色の丘」など、他では目にしたことのない光景を見ることができます。, まるで絵葉書のような風景を見ることができる、世界遺産の「イエズス会伝道所とエスタンシア群」。, アルゼンチン第二の都市、コルドバにある集落跡で、南米最古の大学と言われている「コルドバ大学」や「モンセラ中等学校」などがあります。, 中世の姿を今に残していているので、フォトスポットとしても魅力的。歴史が好きな人や街歩きが好きな人にはぴったりのエリアです。, 世界三大劇場の一つに数えられるテアトロ・コロンは、道幅の広さで有名な道路「7月9日通り」に面しています。, 16車線というびっくりするような広さの道路と豪華な劇場を同時に楽しめる、有名な観光名所。, なかなか馴染みがない南米の国、アルゼンチンについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?, これは、明治時代にアルゼンチンへ移民した日本人が、現地で勤勉で誠実な活動をしてきたからだと言われています。. が建っている。こちらは主にフエゴ諸島の先住民の文化と、フエゴ諸島の自然を展示しているが、建物自体はアルゼンチン大統領の邸宅や、アルゼンチン国立銀行のウシュアイア支店も兼ねていた。, バスを使ってここに来るという人もいれば、歩いてここを訪れるという人もいる。公園内はとても広くて、のんびりと過ごせる。そして中央には芸術的な噴水もあって、訪れた人たちを癒してくれる。, かわいい車は初心者マークの女子にもおすすめ!見てときめく・乗っておどろくステキな車. サッカー強豪国、アルゼンチンのサッカースタイルをまとめました。この記事を読むことで、アルゼンチンサッカーの特徴を詳しく知ることが可能です。 データ収集と分析を得意とする管理人が「世の中に欠けている情報」を提供しています。 真面目に遊んで生きてくレシピ. アルゼンチンの国旗画像やイラストを紹介!またアルゼンチン国旗の特徴、意味・由来、誕生年、アルゼンチンの国旗にまつわる面白エピソードや誕生した背景など様々な観点から国旗を面白く紹介してい … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 FOOLINE.All Rights Reserved. 南北に長く広い国土を持つアルゼンチン。サッカー、タンゴ、民族音楽、ワイン、イグアスの滝、パタゴニアの氷河、たくさんの世界遺産、etc…。見どころが満載の国。, アルゼンチンの見どころは豊富すぎるほど豊富。国土が広すぎるので一度の旅行で全ての見どころを訪れるのは難しい。5点。, 目玉となるのは1のイグアス国立公園(イグアスの滝)と4のロス・グラシアレス国立公園(ペリト・モレノ氷河)だろう。, 両方とも比較的訪れやすい。ただしイグアスはアルゼンチンの北にあり、ロス・グラシアレスは南と真逆。, 旅行期間を長くとって飛行機で移動しなければ一度の旅行で両方を楽しむのは難しいだろう。, イグアスの滝はアルゼンチン北東部の端の端、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイの国境地帯で3国に渡って流れている世界最大の滝だ。, パラグアイ側からは直接見に行くことはできず、アルゼンチン側かブラジル側から見に行くことになる。時間が許せば両側から見に行きたい。ただし、ブラジルに入国するにはビザが必要だ。, アルゼンチン側の拠点となる町はプエルト・イグアス。この町からバスやタクシーに乗って25分ほどでイグアス国立公園だ。, もしも迷ったら公園のスタッフに道を尋ねるのがいいだろう。観光客がたくさんいるので彼らについていってもいい。, 公園内には鉄道駅もあり、鉄道好きにはたまらないかも? この鉄道で公園内の各エリアに移動できる。, イグアスの滝で一番の見どころは、悪魔ののどぶえ(Garganta del Diablo)と呼ばれる最大の滝だ。, 落差82mにも及ぶイグアスでも最大の滝。毎秒7000トンもの水が轟音をあげて落下。悪魔がうなり声をあげるような音がするので悪魔ののどぶえと呼ばれている。, 滝のすぐ近くの展望台からこの大迫力の滝を眺めることができる。時には虹が見えることも。, 満月の前後5日のみ開催されるフルムーン・ウォークツアーや、イグアス川のクルーズツアー、ジャングルドライブツアーなど。私はスピードボートのツアーに参加した。, ライフジャケットを着用してスピードボートに乗り込み、イグアス川をボートで進む。滝のそばまで近づいてゆく。そして二つの滝に少し近づいてからすぐ戻っていく。, え、これでもう終わり?と思いきや、思いっきり滝に突っ込んでゆく。もうほとんど体当たりのような状態で激突ギリギリ。激しい水飛沫が降り注いてくる。, ボートに乗ってる乗客全員でキャーキャー騒ぐ。全身びしょ濡れ。でもこりゃ楽しい。子どものように騒げる。, そうして滝へのアタックを何度か繰り返した。「もう一回! もう一回!」のようなコールが挙がって乗客皆がノリノリに。いやホント楽しかった。, 終わった後に困ったのが服だ。全身びしょ濡れ。濡れるとは思っていたのだがここまでびしょ濡れになるとは……。上半身裸になって下半身はそのままで挑んでしまった。, 防水袋を借りることができたので上半身の服や持ち物はその袋に入れてボートに乗った。なので上半身は大丈夫。しかし下半身は脱がなかったので服ごとびしょ濡れ。そして替えの服が無い……。, 結局しぼれるだけしぼって濡れたままのジーンズで公園内を回るはめになった。風邪をひかなかったのが不幸中の幸い。私が馬鹿だっただけなんだけれど、スピードボートに乗る方は水着必須! 私のような失敗はしないでください。, 一番多く遭遇するのはハナグマ(アカハナグマ)だろう。アライグマ科の動物で大きなしっぽがチャームポイント。愛嬌があって可愛い。公園内のハナグマは人に馴れているので餌を求めて近づいてきたりもするが、餌を与えるのは禁止されている。, 生態系の保護のため。眺めるだけにしておこう。犬歯がするどく爪も長く鋭いので不用意に近づくと怪我をする可能性もある。危険。, 他の動物ではオオハシにもよく会える。これもまた愛嬌のある動物だ。黄色く大きいクチバシがかわいらしい。公園内にはジャガーなども生息しているが、観光客が立ち入れるエリアで遭遇することはまずないので安心。, 観光客向けに開放されているのは公園のごく一部だ。バク、アリクイ、オウム、サイチョウ、多岐にわたる蝶なども公園内には生息している。, ちなみに「イグアス」はグアラニー語で「大いなる水(Agua Grande)」という意味。, アルゼンチン最南端の州、サンタクルス州にある広大な国立公園。拠点となるエル・カラファテの町からは約80km。, ロス・グラシアレス国立公園(Parque Nacional Los Glaciares)のGlaciar(Glaciaresは複数形)はスペイン語で氷河を意味する。, この国立公園には南極大陸、グリーンランドに次ぐ面積の氷河があり、世界で三番目に大きい氷河地帯になっている。, 最も大きいウプサラ氷河をはじめとして、47の大型氷河が存在している。この氷河の特徴は活発に動いていることで「生きている氷河」と呼ばれている。, ここでは氷河を歩いて横断する氷河トレッキングを楽しむことができる。日本からパタゴニア地方へのツアーには大抵ここでのトレッキングが含まれている。, なお、ペリトモレノ氷河での氷河トレッキングは65歳以下の方に参加が限定されているので、66歳以上の方はトレッキングには参加できない。ボートツアーなら参加が可能だ。, イスチグアラスト/タランパヤ自然公園群はアルゼンチン北東部の国立公園。雑食恐竜の化石も見つかった場所で、2億年以上前の地層を見ることができる。, ウマウアカ渓谷(ウマワカ渓谷)はアルゼンチン最北の州、フフイ州にある渓谷だ。標高が高く(2000m以上)、さまざまな鉱物が見られる景観が南米のグランドキャニオンとも呼ばれている。, カパック・ニャン、アンデス道路網はアルゼンチンだけでなく、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチンの南米6ヶ国にまたがる世界遺産。, グアラニーのイエズス会伝道施設群はアルゼンチン北東部、パラグアイ、ブラジルとの国境近くの密林に残るイエズス会の伝道施設だ。当時の施設跡が残されている。, コルドバのイエズス会管区とエスタンシアは、アルゼンチン第2の都市コルドバのコンパーニャ教会やコルドバ大学などのイエズス会の建築物と、周辺の6つのエスタンシアだ。, エスタンシアとは大規模農園のことで、カロヤ農園 、ヘスス・マリーア農園、サンタ・カタリナ農園、アルタ・グラシア農園、カンデラリア農園、 サン・イグナシオ農園(現存せず)の6つ。, バルデス半島は、南大西洋に突き出たチュブト州の半島で、重要な海洋哺乳類の保護区になっている。, ゾウアザラシ、オタリア(パタゴニアアシカ)、ミナミセミクジラ、マゼランペンギン、シャチなどの動物に出会えるかも。他には180種の鳥類も生息している。, リオ・ピントゥーラスの手の洞窟(クエバ・デ・ラス・マノス)は、パタゴニア中部の町ペリト・モレノから約160kmの位置にある洞窟だ。1万年前からの壁画が存在し、800点を超える手形の跡があるのが特徴だ。手形は全て左手。, ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-は、史上初の大陸をまたいだ世界遺産(7か国17物件)。アルゼンチンのものは、ブエノスアイレス南東ラ・プラタの街にあるクルチェット邸。, ロス・アレルセス国立公園はパタゴニア北部のエスケルの街から40kmにある国立公園。アルゼンチンでも最大のパタゴニアヒバ原生林があり、中には樹齢2600年もの大木も。, チリやボリビア、パラグアイ国境に近い北の町サルタからは、富士山よりも高い場所を走る雲の列車(Tren a las Nubes)が出ている。, 最高地点は4220m。車窓からは壮大な景色が楽しめる。高山病防止のため、看護士や警備員、酸素ボンベも配置されている。, 北東部のコリエンテス州には、広大なイベラ湿地帯(イベラはグアラニー語で光る水)があり、ワニやカメ、サルやカピバラなどの野生動物や野鳥が生息している。, アコンカグアふもとの街メンドーサ。メンドーサ州は高品質なワインの生産地として名高い場所だ。メンドーサ周辺には3000ほどのワイナリー(ボデガ)がある。ワイナリーの見学ツアーに参加してワインを味わうのも楽しい。, ブエノスアイレスから3250km南下すると、世界最南端の町、ウシュアイアにたどり着く。南極圏まで1200km強。, ウシュアイアとその周辺には世界の果て博物館、世界の果て号、世界の果て巡り遊覧船、ビーグル水道、マルティアル氷河などの見どころがある。, ウシュアイア発のツアーでは周辺の島々や湖、湾などを周遊するツアーがあり、アザラシやペンギン、ウミウなどの動物達を観察できる。, ウシュアイアからは11月~3月にかけて、南極へのツアーが出ている。10泊以上のツアーで最安4000USドル~。時期やグレードにより大きく値段は異なる。, 無形文化遺産にも指定されているアルゼンチンタンゴ。国民的スポーツのサッカー。南米最高峰のアコンカグア登山に氷河トレッキング。よりどりみどりだ。5点。, アルゼンチンといえばタンゴ。情熱的な音楽・ダンスだ。鑑賞するだけでなくレッスンに参加したり踊ったりすることも可能。, タンゴショーを鑑賞するならブエノスアイレスのタンゲリアへ。食事を楽しみながらタンゴを鑑賞できる。自分でも踊ったりレッスンを受けてみたいのならミロンガ(ダンスサロン)へ。, サッカー好きならスタジアムでのサッカー観戦もアルゼンチンの醍醐味だろう。スタジアムの窓口で直接チケットを購入することもできるし、ホテルや旅行会社から観戦ツアーに申し込むこともできる。, マラドーナやメッシの出身国であるアルゼンチンでは、当然ながら熱狂的なサッカーファンが多い。その熱狂ぶりは時には死人が出るほど。, サッカー観戦の際には服装はチームカラーに関係のない色を選ぶ、走れる靴を履く、持ち物は少なめにする、揉め事がありそうだったら逃げる、ホームのチームを応援する、など気をつけよう。色々と物が飛んできたりもするので後方の席のほうが安心かもしれない。, パタゴニアのロス・グラシアレス国立公園ではペリト・モレノ氷河にて、氷河トレッキングを楽しむことができる。, 巨大な氷河をアイゼンを履いてザクザク歩いていく。絶景の氷河を眺めながら、氷河の氷で作ったオンザロック・ウィスキーを飲む。一生ものの体験だ。, パタゴニア地方では通常のトレッキングやハイキングもおおいに楽しむことができる。南部の町エル・チャルテンの周辺には魅力的なトレッキングルートが整備されている。, フィッツロイ山やセロ・トーレ山といった山々。デシエルト湖やビエドマ湖、ロス・トレス湖といった数々の湖。ビエドマ氷河やロス・トレス氷河。こういった大自然を眺めながら心地よいトレッキングを楽しめる。, イモトアヤコさんが挑戦したことで一躍有名になった南米最高峰の山アコンカグアもアルゼンチンにある。, アコンカグアは標高6960メートル。気軽に登ることはできないが、メンドーサ市内からアコンカグアを眺めるバスツアーが出ている。こちらなら気軽に参加できる。, 真剣に登頂を目指す場合にはしっかりとした装備と食料品に相応の時間とお金が必要だ。特に標高がほぼ7000mと非常に高い。高度順化に時間を掛けなければ頂上にたどり着くのは難しいだろう。, 肺水腫にかかって死にかけた日本人もいる。周辺の山々やボリビアの高地などで時間を掛けて身体を高度に馴らしておくのが懸命だ。, 山や川といった自然が豊富なので、スキー、スポーツグライダー、カヤック、ウィンドサーフィン、ラフティングなどが楽しめる。バルデス半島への観光拠点プエルト・マドリンではスキューバダイビングも行える。ただし、水温は低め。, ただ、ブエノスアイレスと周辺のみなら2点。どこの国でも大都市にはありがちなのだが、首都のブエノスアイレスとその周辺は特に治安がよくない。, 大きな街にはビジャと呼ばれるスラム街が存在する。ビジャは特に治安の悪い地域で、殺人・誘拐・強盗といった凶悪な犯罪が多発している。, ブエノスアイレスではレティーロ駅の裏にビジャ31と呼ばれる広大な貧民街が存在するので、迷い込まないように注意。, また、市内のアウトピスタ(高速道路)より南部の地域にもビジャがあるので間違って入ってしまわないよう注意しなければならない。, ビジャ以外の場所でも警戒は必要だ。スリや置き引き、バイクによるひったくりは警戒していれば予防できるだろう。道路側に荷物を持たない、持ち物は身体から離れて置かない、といった対策が有効だ。, ブエノスアイレスのサンマルティン広場、五月広場、フロリダ通り、オベリスコ、サンテルモ地区といった有名観光地では、観光客狙いのケチャップ強盗の被害も出ている。, ケチャップ強盗はまず背後からケチャップなどの臭い液体を掛けてくる。そこに親切を装った第3者が駆けつけ、汚れを拭き取ってくれるフリをしながらパスポートや金目のものを抜き取ってしまう。, 何か掛けられたと気付いたら、すぐにその場を離れて他人に荷物を触らせないようにしよう。, パタゴニア地方はブエノスアイレスといった都市に比べると治安はいい。のんびりとしたおおらかな雰囲気。もちろん注意は必要。, アンデス山脈などの高地ではソロチェ(高山病)に注意。標高が2000mを超えてくると症状が出てくる可能性がある。, 高山病に関しては個人差が大きいので、一人は全然平気なのにもう一人は頭がガンガンで死にそう、ということも十分有り得る。, 高山病の疑いがあるときは水分をたくさん取ること。高地では一日4L以上が目安だ。水分をたくさんとって安静にしていても症状が治まらない場合は低地へ降りるしかない。, アルゼンチンは肉の国。上質なステーキをお腹いっぱい食べることができる。3点。肉が大好きなら100点だろう。, 日本に比べると開くのが遅いので注意。もちろん昼からずっと開いているレストランもある。, アルゼンチン料理といえば、牛を丸焼きにしたバーベキュー料理のアサード、日本でもおなじみのチョリソ、肉と野菜のシチュー料理プッチェーロ、牛肉鶏肉内臓盛り合わせのパリジャーダなど。肉、肉、肉。肉好きには天国だろう。, アルゼンチン南部のパタゴニア地方では、パタゴニアンラム(子羊のバーベキュー)のほか、アルパカやリャマなども食せる。, また、お肉に合うワインもアルゼンチンの名物。最近では日本でもアルゼンチン産ワインをよく見る。安くておいしいという評判だ。レストランではハウスワインのVino de la Casaがお安く楽しめる。, 他には軽いスナックのエンパナーダ(ミートパイ)やマテ茶などがアルゼンチン全土で食べられる。, 水道水は飲める所が多いのだが、日本人のお腹には合わないことも多い。ペットボトルの水を飲もう。, ホテルやショッピングモールのトイレを使うなら問題ないだろう。ホテルのランクにもよるが十分清潔。, 紙が流せないトイレもある。ゴミ箱が備え付けられている場合は使用したペーパーはゴミ箱に捨てよう。水道管が細いので詰まってしまう。, アルゼンチン人に関しては印象が薄い。「こいつ性格悪いな!」という人にも、「この人天使?いい人過ぎる!」という人にも会わなかった。3点。, どちらかというと他の国で出会ったアルゼンチン人には良い印象の人が多い。ラテン系らしい気性で、ノリがいい人達でおおらかで、一緒にいると楽しかった。, チリのヴァルパライソからアルゼンチンのメンドーサへバスで移動したのだが、その時隣席に座っていたアルゼンチン人がミッショナリーだった。, ミッショナリーはキリスト教を広める伝道者。宣教師。メンドーサに着くまでの間、彼(ヘルメスさん)と色々な話をした。, ヘルメスさんはプロテスタントだったと思う。まだ26歳と若いのに西アフリカのギニアビサウにまで訪れたりと、世界中で布教活動を行っていたようだ。, 一体どういう経緯でミッショナリーになることを決めたのだろう。興味深い話だった。親御さんもミッショナリーと言っていたのでその影響だろうか。もっと色々な話がしたかったな。, 言語はスペイン語。一般のアルゼンチン人には英語はほぼ通じない。日本語はまず通じないだろう。, この3つぐらいは覚えておこう。いざとなったら大げさな身振り手振りで表現すれば案外通じる。, 両替はCasa de Cambioという両替所か銀行で行うのが一般的。日本円は扱っていない所も多いのでUSドルを持っていこう。, →2015年12月から公定レートが実勢レートとほぼ同じになった。この状態がずっと続くのかは分からない。注意は必要。, 両替後はしっかりとお金を数えよう。これは失礼なことではなく騙されないために必須。自己責任なので。, アルゼンチンの都市部ではクレジットカードが使えるお店は多い。ATMもあちこちに有り、クレジットカードのキャッシングや国際キャッシュカードで現地通貨を引き出すことができる。, ↓は公定レートと実勢レートに乖離があったころの話 アルゼンチンでもクレジットカードやATMは便利だが、両替レートは公定レートになる。大きいお金をおろすほど結構な額を損してしまう。, 私は2013年にアルゼンチンのATMで900アルゼンチンペソを引き出してしまった。手数料が20ペソだったので920ペソ。この時の公定レートが1ドル5ペソだったので、920ペソ÷5=184USドル。1ドル100円とすると、18400円だ。, 実勢レートでは1ドル7.4ペソだったので、本来ならば184ドル×7.4=1361.6ペソ手に入るはずだった。私がおろしたのは900ペソ。約460ペソ損している。460ペソは実勢レートで約62USドル。1ドル100円とすると、6200円。, 本来は24600円分の価値があるアルゼンチンペソを入手できたのに、18400円分しか入手できていない。6200円の損。2万円でこれだけの損。20万円だと6万2千円の損。ちょっとした手数料ならば納得できるのだが、さすがにこれは損する額が大きすぎる。, 現地に住んでいる人で公定レートで両替している人なんていなかっただろう。インフレが酷いのでアルゼンチンの人達は外貨を欲しがっている。アルゼンチンペソは不安定で、価値がどんどん下がっているからだ。, アルゼンチンペソから外貨への両替は禁じられているので公にはできず、こっそり外貨に両替する人が多い。生きていくための生活の知恵だ。警察も事情は分かっているのでほぼ黙認状態になっている……。 ↑公定レートと実勢レートに乖離があった頃の話ここまで。, ペソ安が凄まじい。日本円で考えると、1ドル=100円だったのが1ドル=350円になっているようなものだ。超円安。, アルゼンチンはとても広い国なので、場所によっても物価は大きく変わっていく。ブエノスアイレスは物価は高め。, 地方では少し安くなる。しかし、南部のパタゴニアでは物価(特に食品)が高くなる。空輸で食料品を運んでいるためだ。, 平均的な物の値段としては、ペットボトルの水1本なら100円強で購入できる。コーヒーを飲むなら250円~。, アルゼンチンでは牛肉やワインの生産量が多いので安く購入することができる。ボトルワインが400円強~。, 通常のホテルに宿泊するのなら50USドル(約5,500円)以上はみておいたほうが良いだろう。シェラトンやヒルトンなど名の通った高級ホテルなら200USドル(約22000円)~。, アルゼンチンでショッピングするならまずはレザー製品(革製品)だろう。牛革だけでなく、ワニ皮もある。, カピバラやダチョウ、カワウソ、ミンクの毛皮製品も安く買える。他には食器やアクセサリーなどの銀製品。ブランド、ノーブランドの衣類も人気がある。, ブエノスアイレスのパレルモ地区に位置する隠れ家的ブティックホテル。何よりも評判なのはそのサービス。, プロフェッショナルかつフレンドリーなスタッフがあなたの旅行を思い出深いものにしてくれるだろう。おすすめミロンガなども教えてくれる。, フリープランでアルゼンチンに旅行する場合などにペリト・モレノ氷河へのツアーが日本から予約できる。, 氷河トレッキングを行いオンザロック(氷河の氷で!)のウィスキーを飲む得がたい体験が待っている。エル・カラファテ市内のホテル発。, ●ツアーの平均旅行代金 時折20万円台前半の激安ツアーもあるが、大抵は9日間以上で40万円~。, 日本からアルゼンチンへの直行便のフライトはない。アメリカのダラスやヒューストン、ニューヨークやアトランタを経由していく。乗り継ぎの時間を含めると27時間以上は掛かるだろう。, 日本との時差はマイナス12時間。日本が夜7時(19:00)の時、アルゼンチンは朝の7時(7:00)。, アルゼンチンは南北で3800kmもの全長がある大きな国なので、北端と南端では気候も大きく異なる。, ブエノスアイレスやメンドーサがある地域では、旅行のベストシーズンは9月~10月の春か、3~4月の秋がいいだろう(日本とは四季が逆転している)。メンドーサでは秋はブドウの収穫期だ。, 南部のパタゴニア地方ではベストシーズンは11月~4月の春から夏。それ以外の時期は厳しい気候で旅行には向かない。, アルゼンチン旅行では基本的にはカジュアルな服装で問題ない。朝晩と日中の気温差が大きいので、脱ぎ着がしやすい重ね着をしていくのがいいだろう。, 長袖にフリース、ウィンドブレーカーやジャケットを合わせるのがいいだろう。アウトドア系のウェアがあれば便利。, アルゼンチンの電圧は220~240V、50Hz。電圧が日本とは異なるので海外対応の家電製品でなければ使用できない。, また、コンセントの形状はBF型、C型、O型、SE型。日本のコンセントと異なるのでマルチ電源プラグや変換プラグを持っていこう。, 最近のスマホやデジタルカメラは大抵は海外の電圧に対応している。コンセントとプラグの形さえ合えば充電可能だ(念の為マニュアルなど調べた方がいい)。, 都市部ならホテルやカフェ、レストランなどで無料のWi-Fiが普及してきている。ホテルでは有料の場合もある。, レストランでは料金にサービス料が含まれて居なければ、料金の10%程度がチップの目安。カフェなどでは特に必要はない。, ホテルではポーターに荷物を運んでもらった時に20ペソ、メイドさんには10ペソ程度のチップを。, アルゼンチンは日本からとても遠い国だ。地球の裏側に近い。どうしても日数が掛かってしまうので訪れるのが難しい国かもしれない。しかし、時間を作って訪れる価値が十分にある国だ。, 世界最大の瀑布であるイグアスの滝。ペリト・モレノの大氷河を自分の足で歩き、氷河の崩落を自分の眼で目の当たりにする。, 世界の果ての町ウシュアイアから南極を訪れる。サッカー観戦、ワイナリー巡り、体験できることは尽きない。, 私もまだまだ体験していないものが沢山あるのでもう1、2回はアルゼンチンに訪れたい。, 名前:nojimax 死ぬほど旅行が好き!現在69国。約20年間で訪れた国など自己紹介はこちら。 世界のビザやスタンプ写真はここ! 1番好きな国はここ! 山も好き!旅行中にキリマンジャロ登ったり 海も好き!ダイビングしたりもしています, Copyright © 2020 たびずき! all right reserved, アルゼンチンでもクレジットカードやATMは便利だが、両替レートは公定レートになる。大きいお金をおろすほど結構な額を損してしまう。, インフレが酷いのでアルゼンチンの人達は外貨を欲しがっている。アルゼンチンペソは不安定で、価値がどんどん下がっているからだ。, アルゼンチンペソから外貨への両替は禁じられているので公にはできず、こっそり外貨に両替する人が多い。, 生きていくための生活の知恵だ。警察も事情は分かっているのでほぼ黙認状態になっている……。, マレーシア旅行の基本情報!ビザやベストシーズンから服装・持ち物・旅行費用、人口面積祝日やガイドブックまで!, マレーシアの体験!お祭りやテーマパーク、国立公園やダイビング、英語留学などを写真付きで詳しく!. 私が行った国のみ紹介!アルゼンチンのイグアスの滝は大迫力!世界遺産も!見どころ5点、体験5点、治安3点、食べ物3点、衛生3点、人3点、物価2点(点数はデータ+実際の体験の相対評価。参考に)。各項目の詳細もアリ。実体験もまじえてアルゼンチンを徹底解説! 南米の国・アルゼンチンは自然と文化の宝庫!!! 日本の反対にある南米の国・アルゼンチンは、あまり聞き慣れないかもしれないが、実は雄大な自然が広がっていて、文化やイベントなども豊富にあって、観光にふさわしい見どころもいっぱいあるので、ぜひとも一度は訪れてみたい国である。 日本の反対にある南米の国・アルゼンチンは、あまり聞き慣れないかもしれないが、実は雄大な自然が広がっていて、文化やイベントなども豊富にあって、観光にふさわしい見どころもいっぱいあるので、ぜひとも一度は訪れてみたい国である。, 南アメリカの一番下側に位置する、連邦共和制国家。 面積は2,780,400㎢で、人口は40,760,000人、そして公用語はスペイン語が使われている。ちなみに首都はブエノスアイレスで、使われている通貨の単位は、アルゼンチン・ペソである。, アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、男と女が見せる芸術的舞踊・タンゴが誕生した場所として有名である。情熱的なその舞踊は、多くの人を惹きつけているので、世界中に伝わった。, アルゼンチンを代表する自然の名所と言えば、まずはこの「イグアスの滝」である。ブラジルとアルゼンチンにまたがっていて、水が怒涛の勢いで流されていくという特徴を持っていて、訪れた人を圧倒させている。ちなみにこの滝は、世界最大の滝としても知られている。, 青白い氷がこんなに大きくなって、ひとまとめになっているという特徴がある、いかにも寒そうな見どころ。名前はスペイン語で「氷河」という意味で、1981年に世界遺産として認められた。気温が上がってくると大きな音を上げて湖へと崩れ落ちる。, まるで南極にありそうな光景が広がっている。高くそびえる青い氷山は、まさに極寒という雰囲気を伝えている。ちなみに一番厚い氷は、700mにも達する。もちろん多くの探検家が、ここを訪れている。, 先ほど紹介したイグアスの滝には、麓部分に写真のような遊歩道が設けられている。怒涛の勢いで落ちる水飛沫を浴びると、大自然という感じを実感する。そして、滝は虹を作ることもある。, 怒涛の勢いで滴り落ちる「イグアスの滝」をより間近で見ることができるツアー。究明ジャケットを着て専用列車に乗って、迫力がある光景を楽しめるなんて、日常ではなかなか味わえないことである。これは忘れられない思い出になりそうだ。, イグアスの滝の麓には、うっそうと茂るジャングルを所有する国立公園がある。そしてそこにはきれいな羽を持つ、珍しい野鳥が生息している。より深くイグアスの滝を味わいたいなら、ぜひ立ち寄ってみるとよい。, 公園を訪れると、その中には肝心のイグアスの滝へたどり着くための列車がある。その車両は周りの素晴らしい景色が見られるような構造になっていて、到着するまでのんびりと楽しく進むことができる。, きれいな色の層を成している岩肌を持つ山は、素晴らしい風景を作り出している。これは日本では決して見られない、アルゼンチン自慢の山だということが伝わってくる。是非とも写真に収めておきたい。, アルゼンチンが所有している半島で、島自体が世界遺産になっている。海からの恩恵を受けていて、ペンギンやアザラシなどが生息しやすい環境になっているのが特徴である。そしてここでは、海に生息するクジラを見ることができる「ホエールウォッチング」も実施されている。, アルゼンチン・パタゴニア地域のリオネグロ州とネウケン州に跨っているナウエル・ウアピ湖は、氷河の作用によって誕生した湖で、最も古い国立公園も兼ねている。いくつもの湖と繋がっていて、水面はどこまでも広がり透き通っているのだ。, アルゼンチンとチリの境目にある、南米最高峰の山・アコンカグアは標高 6,960.8 mで、毎年3500人以上が登山に訪れている。しかし登るのは決して容易なものではなく、アンデス地方特有の悪天候に見舞われたり、高度順応が上手くいかなくなるという場合に合うこともある。, 高くそびえる崖が、見に来た人すべてを圧倒させている。物好きな人は、この岩の壁をよじ登ってみてはどうだろうか。これほどの圧巻は他の国ではなかなか味わえない。そしてここは世界遺産になっていて、たくさんの化石が見つかった。, 月の谷はボリビアにもあるが、アルゼンチンにもしっかりとあるのだ。風化によってできた奇妙な岩が、高く聳え立っている。ここは海外からの観光客にはあまり知られていない場所である。そしてここから恐竜の化石も発掘された。, アルゼンチンの首都である、ブエノスアイレスは、ビルが建ち並んでいる、この国の大都市でもあるのだ。どこも活気にあふれていて、タンゴの情熱があって、毎日大賑わいである。そして、夜になるとネオンが灯って、素晴らしい夜景を作り出す。, 世界遺産にもなっている、教会を中心とした集落。もちろん教会の他にも大学、中学校、高校、住居などがぎっしりと置かれている。ちなみにここはイエスズ会が立ち上げて、フランシスコ会によって運営されてきた。, カラフルに塗装された外観を持つ家が、ずらりと並んでいる地域。この通り道を歩いているだけで、いい気持ちになれそうである。そして何より、こんなにユニークな地域があるなんて非常に驚きである。, ラテンアメリカならではの芸術作品や民芸品などを集めて展示している、旅行にふさわしい博物館。ここでは南米の歴史についても深く学べることができるので、訪れたらぜひとも寄ってみるとよい。, ブエノスアイレスに位置する、オペラ劇場。たくさんの観客を収容できて、内部はとても芸術的というのが特徴である。そしてここは、フランス・パリのオペラ座、イタリア・ミラノのスカラ座と並ぶ、世界三大劇場の1つである。, 何本もの柱によって支えられている、荘厳な雰囲気の大聖堂。ここには敬虔なカトリック信者がたくさん訪れて、祈りを捧げている。中もすごく神聖な造りになっていて、いかにも神の加護を受けられそうである。, 毎日多くの人で賑わっている、アルゼンチン自慢の広場。ここにはカフェや市場などが揃っていて、のんびりと過ごせそうである。もちろんここで自分の好きなお土産を買ったり、思い出の写真を撮ったりしても構わない。, またの名を「乙女の橋」とも言うこのムヘール橋は、車が一切通れない歩道橋となっていて、全長170m、高さ34mを保ち、スペイン人建築家サンディエゴ・カラトラヴァが設計した。, ものすごく大きい、アルゼンチン自慢の花のオブジェ。夜はつぼみのように閉じていて、朝が来て明るくなると花開くのだ。ちなみに名前は「花のすべて」という意味である。こんな芸術作品は、他ではなかなか見かけない。, 非常に細長くて、芸術的なピラミッド。ちょっと形状を変えることで街の雰囲気に馴染むデザインになるということをじっくりと感じる。そして、地元の市民に親しみやすくなる。ここで記念写真を1枚撮っても構わない。, アメリカ合衆国にある「ホワイトハウス」と同じような役割をしていて、またの名を「ピンクハウス」と呼ばれている建物。もちろん改装工事も行われていて、より多くの人が訪れるようになっている。, 夜になると星のように明かりが灯る、この国自慢のプラネタリウム。チケット代もとても安くて、天体に関する映像をちゃんと見せてくれる。ここは子供から大人までしっかりと楽しめそうな穴場であると言える。, 恐竜、昆虫、哺乳類、爬虫類などの生き物の様子を展示している、生物好きにはたまらない博物館。もちろん恐竜の場所には、アルゼンチンの大地で発掘された化石がたくさん展示されている。, 1896年に開かれた、アルゼンチンに来たら絶対立ち寄りたい名所。エル・グレコ、レンブラント、ゴヤ、クールベ、ミレー、マネ、ゴッホ、ゴーギャン、ロートレック、ドガ、クレー、カンディンスキーなどの巨匠が描いた絵画がずらりと並んでいる。, 独立のきっかけとなった「五月革命」の場所だったが、今では毎日多くの人が集う広場となっている。中心には1811年に建てられた白い尖塔・オベリスクがそびえ立っていて、周囲は大統領邸や大聖堂が囲んでいる。, 首都・ブエノスアイレスで名を挙げた大富豪や著名人が眠っている墓地。多くの霊廟や墓石が整列されて並んでいて、1つの立派な街のように成り立っている。, ブエノスアイレスの港を再開発した、見どころ満載の観光スポット。どこまでも長い運河には、クルージング用の船が行き交っていて、夜になるとそばにずらりと建っているビルの光が水面に映される。, 正式名称はエスタディオ・アルベルト・J・アルマンドと言う、アルゼンチンで有名なサッカースタジアム。多くの観客を収容できて、芝生のコートでは多くの有名サッカーチームが熱い戦いを繰り広げている。, 最南に位置するフエゴ島・ウスアイアには、1979年にオープンした世界の果て博物館 アルゼンチン人の事をどれだけ知っているでしょうか。実は美人やイケメンが多いことでも知られる国であり、有名人・芸能人も数多く輩出しています。アルゼンチン人女性・男性の特徴や体型、恋愛事情、さらに性格や知られざる国民性等について解説していきます。 割引セールやクーポン、Expedia+会員ポイントや航空会社のマイルなど、「エクスペディア」で格安に旅行する賢い方法について。, 【解説】スプリングコートとトレンチコートの違いとは?それぞれの定義をわかりやすく。. アルゼンチンとはこんな国! アルゼンチンは世界遺産や大都会、壮大な自然やグルメ、ワイン、スポーツなどが楽しめる、魅力的な南米の国。 ここでは、その代表的な魅力や特徴をご紹介します。 有名な世界遺産が多数存在 アルゼンチン人(スペイン語: Argentinos )は、アルゼンチン共和国の国民もしくはその国民の海外にいる子孫を指す。 アルゼンチンは多民族国家で、多種多様な民族で構成されている。 したがって、アルゼンチン人は自分たちの国を単一民族国家とはとらえず、多民族国家ととらえている。 アルゼンチンのワインの特徴 . アルゼンチンはワイン生産国の中ではニューワールドに位置します。500年以上前のスペインの入植やイタリアからの移民などにより、ヨーロッパの文化を古くから吸収している土地柄です。

勇者たち 漫画, 坂口健太郎 白髪 ドラマ, 皐月賞2020 賞金, イヴァンカトランプ ブランド, プロ野球 寮 設備, ダーツ レーティング8, 函館高校サッカー 速報, 日本サッカー 強化, 日本サッカー協会 職員 年収, コウノドリ 梅毒 何巻, ブエナビスタ 現在, 時の駅 札幌ジュニア, レシステンシア 故障, 2017 天皇賞春, メーガン妃 ドレス ジバンシー,

カテゴリー:

2020年12月4日